色彩インストラクター認定試験口コミ評判

カラーセラピー
Pocket

私たちの身の回りのものは、家具や服、車など、すべてに色彩や配色が必ず施されていますよね。そして、赤色を見るとやる気が高まったり、青色を見ると冷静になったりと色彩によって様々な効果を感じることは少なくないと思います。そんな色彩に関するプロ資格があるというのをご存知ですか?
色彩関係の資格は、色彩検定やカラーコーディネーターなど多々ありますが、その中でも今回は「色彩インストラクター」についてご紹介していきたいと思います。

色彩インストラクターとは?

色は危険を知らせたりなどの何か目的を知らせるためであったり、安らぎや興奮などといった心理面に影響を与えるためのものとして利用されたりと、私たちの生活の中で多く関わっています。そのため、色を考えて利用するシーンは多様にあり、例えば建物や景観を作り出す建築業界や、食べ物やお皿の使い方や盛り付けかたなどを考える外食産業や食品業界、見る人の購買意欲を掻き立てる必要のある広告業界など、多くの分野で必要な知識となっております。
そういった理由から色彩感覚に関しては色々な職業の人が身に付けたいと考えるところではありますが、専門知識を必要とするため、プロの力を借りるのです。その色彩に関するプロが「色彩インストラクター」なのです。
色彩に関する資格として有名なのは色彩検定やカラーコーディネーターですが、色彩検定では、主にファッション系の仕事をされている方、カラーコーディネーターは工業系の仕事をされている方に人気があります。どちらの資格も色が持つ特性などを活かして配色を決めていくプロではありますが、、そういった資格取得者がさらに目指す資格として「色彩インストラクター」というイメージです。

色彩インストラクター認定試験とは?

色彩インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の主催する民間資格です。HSV色空間、HSVカラーモデル、HSBカラーモデル、色相、彩度、明度、色味、色のコントラスト、ハレーション、色覚異常の方に配慮した配色、袋文字、マンセル表色系、オストワルト表色系、日本色研配色体系などを理解した方に与えられます。
資格取得後はインストラクターとして、自宅やカルチャースクールで講師活動が行えるようになります。資格取得のための受講申請はインターネットから申し込むことができ、また受験自体も在宅で行えるため、気軽にチャレンジしやすい資格となります。

色彩インストラクター認定試験の口コミや評判

実際に色彩インストラクター認定試験を受講した方々からの口コミや評判は、様々な意見が寄せられています。
色彩資格の色彩インストラクターはこちら
・お客様に服などを勧める際、自信を持って接客ができるようになった
アパレルで働いていると、洋服にはもちろん色がありますし、その人に似合う色というのは人それぞれ違いますから、下手に勧められないですよね。この色彩インストラクターの資格を取ることで自分自身の色彩感覚に自信が持てて、接客にいかせられるようになったという意見が多く見られます。

・「教える側」という目線も一緒に勉強できて、講師活動に活かせられるのがいい
この色彩インストラクターは、インストラクター資格なので、色彩に関する知識だけでなく「教える側」という視点での勉強もできます。この「教える」という作業は案外難しくスキルが必要となります。なので、講師として教える立場にある方からすると、この資格の勉強はとても有意義なもののようです。

まとめ

色彩インストラクターの資格を持っていると、様々な業界で活躍ができるため、就職活動も有利になることがあるようです。色彩感覚に自信のある人、または知識を身につけたいと思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る