色彩・カラー資格ランキング

カラーセラピー
色彩には様々な効果があり、赤色には目立ち・視覚誘導などの効果、青色には気持ちを静めたり心を落ち着かすなどの効果、黄色には喜びや希望などを与える効果などがあります。それらの知識を持って仕事に活かす事が出来る人を証明する資格があります。今回は色彩やカラーに関する資格を紹介します。色彩に関する業務をされている方は資格を取得してスキルアップをしてみてはいかがでしょうか。

1位 カラーセラピー検定試験

カラーセラピー検定は、日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定している検定であり、カラーセラピーとしては最も有名な資格と言えます。試験は、色のはたらき、眼のしくみ、色の心理的効果や視覚効果、配色の基本的な考え方、インテリアなどのカラーコーディネーターなどから出題されます。

資格はここ→カラーセラピー検定試験

2位 色彩インストラクター試験

色彩インストラクター試験は、日本インストラクター技術協会が認定しております。色を扱う人の能力を明らかにするための検定となっており、試験は、色彩の成り立ち、表示方法、色彩の知覚や心理効果、色の文化や歴史などから出題されます。

資格はここ→色彩インストラクター試験

3位 色彩検定試験

色彩検定は(公)色彩検定協会が認定している検定であります。試験は、色のはたらき、眼のしくみ、色の心理的効果や視覚効果、配色の基本的な考え方、インテリアなどのカラーコーディネーターなどから出題されます。検定は1級・2級・3級と3階級あり、試験は2級・3級は年2回(6月・11月)、1級は年1回(1次:11月、2次:12)開催されています。

4位 色彩士検定試験

色彩士検定試験は(非)全国美術デザイン教育振興会が認定しており、文部科学省が後援している資格でもあります。色を扱う人の能力を明らかにするための検定となっており、試験は、色彩の成り立ち、表示方法、色彩の知覚や心理効果、色の文化や歴史などから出題されます。資格は4級・3級・2級・1級と4階級があり、試験は4級は随時、3級・2級・1級は年2回(6月・10月)開催されています。

5位 カラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーター検定試験は東京商工会議所が認定している資格となっており、色彩検定と同様に知名度の高い資格となっています。試験は、色の性質や心理、配色と色彩調和などから出題され、1級はファッションに関する配色、商品に関する配色、環境に対する色彩など広い範囲から出題されます。資格は3級・2級・1級と3階級あり、試験は1級は年1回(12月)、2級・3級は年2回(4月・9月)開催されています。

色彩・カラー資格のおすすめ情報

商品開発において、色彩・配色は販売に影響を及ぼす大事な問題でもあります。その為、配色や色彩については専門のスタッフを雇用したり、外部の専門業者などに依頼する事が一般的です。今後も一定の需要があることから、知識を身に付ける為や更なるキャリアアップの為にも資格を取得されてみてはいかがでしょうか。

色彩検定を習う!人気の色彩検定試験講座スクール!

おすすめの今人気のカラーセラピー色彩検定試験スクールはこちらです。

カラーセラピー検定試験
カラーセラピー  カラーセラピー


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る