調剤事務資格ランキング

資格ランキング
病院や診療所に併設されている調剤薬局は、病院や診療所の増加に伴って年々増加している状況です。増加に伴い人員不足も課題となっていることから、調剤事務や調剤業務に携わる資格を取得して就職に繋げよう。

1位 調剤事務実務士(調剤情報実務能力)認定試験

調剤情報実務能力(調剤事務実務能力)認定試験は、(非)医療福祉情報実務能力協会が認定している資格です。病院に併設された調剤薬局は独立して運営していることから、調剤薬局の運営に関する試験内容となっており、調剤報酬請求事務・薬局の運営・経営などに関する実務に応じた対応や正確な診療報酬計算など一定の実務能力が試される検定となっています。試験は年2回(7月・12月)に開催され、在宅で試験を受ける事ができます。

資格はここ→調剤情報実務能力(調剤事務実務能力)認定試験

2位 調剤事務管理士技能認定試験

調剤事務管理士検定試験は、JSMA技能認定振興協会が認定している資格です。調剤事務全般に関する試験内容となっており、処方箋の受付、会計業務、調剤報酬請求事務、レセプト作成、調剤録管理、薬剤師へのサポートなど、事務実務が一定基準を満たしているかどうかを認定する試験です。試験は年6回(1月・3月・5月・7月・9月・11月)に開催されています。

資格はここ→調剤事務管理士技能認定試験

3位 調剤報酬請求専門士認定試験

調剤報酬請求専門士認定試験は、(般)専門士検定協会が認定している資格です。年々厳しく複雑になっている調剤報酬に対応し、的確に算定出来る能力を持っているのが調剤報酬請求専門士。薬剤の基礎知識、医薬品関連法規について、調剤報酬の算定、医療保険制度についてなど、調剤事務に関する知識や実務に基づいた試験内容となっており、調剤報酬のエキスパートとして、調剤薬局の円滑な運営が出来るかどうかを証明する資格といえます。資格取得後は2年毎の更新をする必要があります。資格は3級・2級・1級と3階級あり、試験は年2回(3月・8月)に開催されています。

資格はここ→調剤報酬請求専門士認定試験

調剤事務資格のおすすめ情報

調剤事務資格は、調剤薬局をはじめ、ドラッグストアなどでも活躍の場が広がっており、今後も需要が高まってくる資格と言えます。上位資格を習得することで就職にも有利に働くでしょう。

人気の調剤事務資格講座スクール!

おすすめの今人気の調剤事務資格講座スクールはこちらです。

調剤事務資格講座


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る