貸金・融資資格ランキング

資格ランキング
金融機関で業務を行う場合、融資を行うなどの貸金業務は必須業務であります。貸金・融資に関する業務は責務の高い業務であることから、国家資格を始め、様々な資格があります。今回は、その中でも実務的な資格を紹介します。スキルアップや金融業界への就職を希望されている方は資格を取得されてみてはいかかでしょうか。

1位 貸金業務取扱主任者国家資格試験

貸金業取扱主任者資格は内閣総理大臣が認定している国家資格となります。試験は貸金業に関する実用的な知識、貸金に関する法令、貸付取引、資金需要者の保護などから出題され、貸金業の業務を適正に実施できる知識を有しているかどうかを検証する試験となっています。試験に合格し、主任者登録することで実務を行う事ができます。試験は日本貸金業協会が指定試験機関として実施しており、年1回(11月)に開催されています。

資格はここ→貸金業務取扱主任者国家資格試験

2位 融資能力検定試験

融資能力検定試験は(般)金融財政事情研究会が認定している資格となります。試験は金融機関にて業務を行うにあたり基本的な業務に関する知識、預金、融資、法務、財務のほか、法令、個人情報保護、リスク管理などから出題され、融資に於ける適正な判断や実務ができるかを検証する試験となっています。資格は融資上級・融資中級と1階級あり、試験は毎年1回(10月)に開催されています。

資格はここ→融資能力検定試験

3位 与信管理士資格試験

与信管理資格試験は(般)与信管理協会が認定している資格となります。金融機関などで融資を実行する前に、審査部によって行われる与信業務に関する資格となっており、試験は、融資に関する知識、与信に関する知識、信用情報の収集、リスク管理、リスクマネジメントの方策などから出題され、与信業務が適正に行える知識を有しているかどうかを認定する検定試験となっています。試験は年1回(4月)開催されています。

資格はここ→与信管理士資格試験

貸金・融資資格のおすすめ情報

貸金・融資業務には様々な法令が関係してくる業務となっており、適正に行う事が重要であり責務の重い仕事であることから、知識を身に付けて資格を取得することで就職に有利に働くことでしょう。また金融関係に勤務されている方はスキルアップに一環として資格を取得されてみてはどうでしょうか。

貸金業務取扱主任者国家資格試験を習う!人気の貸金業務取扱主任者国家資格試験講座スクール!

おすすめの今人気の貸金業務取扱主任者国家資格試験講座スクールはこちらです。

貸金業務取扱主任者国家資格試験講座


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る