電卓検定資格ランキング

資格ランキング
計算を簡単に出来る方法として珠算・暗算・電卓など幾つもの方法がありますが、みなさんが一番よく利用するのは手軽に計算が行える電卓ですよね。パソコンの普及とともにオフィスソフトが身近な存在となってきていますが、手放す事の出来ない事務機として電卓はこれからも活躍する機器であることは間違いありません。電卓の検定には代表的な検定が二つあり、いずれの資格も電卓に関する技術を要しており、また実用的な資格となっておりますので、是非、資格取得を目指して下さい。

1位 電卓技能検定試験

電卓技能検定試験は(般)日本電卓技能検定協会が主催しており、電卓に関する検定としては最も有名な検定と言えます。検定科目は、乗算・除算・見取算・伝票算の4科目となっており、電卓の操作(計算)の正確性はもとより、計算スピードも必要とされている事や電卓に備わっている様々な計算方法や機能の活用なども求められ、より実務的な要素が高い検定であることから、人気の検定でもあります。検定には大きく分けて段位、1・2級、3・4級、5・6・7級とあり、段位にはさらに名人・範士・教士・正速士・速士・正士と分かれていることから、上位レベルを目指して検定を受けられる方も多く存在します。試験は年に6回開催されています。

資格はここ→電卓技能検定試験

2位 電卓計算能力検定試験

電卓計算能力検定試験は(公)全国経理教育協会が主催しております。電卓計算能力検定試験の検定科目は、電卓技能検定と同様の乗算・除算・見取算・伝票算の4科目に加えて複合算も検定科目となっていることが特徴として挙げられます。その為、主催している協会名からも、経理を職務とされている方が多く受験している検定となっています。また、合格率は50%前後で推移しており、決して容易な検定ではなく、しっかりとした準備が必要と言えます。試験は毎年5回行われており、2月・5月・7月・10月・12月に開催されています。

資格はここ→電卓計算能力検定試験

電卓検定資格おすすめ情報

電卓検定は知名度・実用度ともに実績のある検定であることから、経理を目指す方には必須資格とも言える検定であります。正確な計算は信頼を得ること間違い無し!また、電卓は経理のみに関わらず、様々なシーンで活躍する事務機ですので、検定に向けた勉強をするだけであっても価値のある検定と言えるでしょう。

電卓技能検定講座を習う!人気の電卓技能検定講座スクール!

おすすめの今人気の電卓技能検定講座スクールはこちらです。

電卓技能検定講座


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る