需要のある資格ランキング

資格ランキング
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
 需要のある資格ランキング5つのご紹介です!需要があるから、資格の価値も高まりますし、仕事や副業で使える可能性も高まります。今回は、“資格の需要“にこだわったランキングの発表です!

1位 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)

需要のある資格ランキング、第1位のご紹介は、コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格です。コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)は、豆の種類や産地、焙煎・抽出・淹れ方などの技術、購入や保管方法など、コーヒーに関する知識全般を有している人が取得できる資格です。資格認定は、JSFCA(日本安全食料料理協会)が実施する、認定試験において所定の成績を修めることが必要になります。
 スターバックスやブルーボトルなど、スペシャリティコーヒーのお店が話題になり、コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)に代表される、コーヒーに関する知識を持つ人の需要が高まっています!

資格はここ→コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)

2位 ワインコンシェルジュ

需要のある資格第2位は、ワインコンシェルジュです。ワインコンシェルジュ認定試験に合格すると取得できる資格ですが、認定試験では、ブドウの産地や品種、ワインの製造方法、ワインの歴史、味の特徴など、ワインについての全般的な知識を持っていることが求められます。
 バブル期におこった、ボジョレーヌーボーなどのワインブームは一段落しましたが、大人の趣味としてのワインや、食事や飲み会などでワインを嗜む人は、年々増え続けています。そのため、仕事にプライベートに、需要の高い資格と言えるでしょう。

資格はここ→ワインコンシェルジュ

3位 フラワーアレンジメントデザイナー

第3位の需要のある資格は、フラワーアレンジメントデザイナーです。フラワーアレンジメントデザイナー資格を取得すると、様々なイベントや式典で、お花を使ったインテリアや飾り付けの設計デザイン、施行ができるようになります。JDP(日本デザインプランナー協会)が主催している認定試験です。
 古くからお祝いごとの席やイベントなどで、フラワーアレンジメントの需要がありますが、様々な業界・会社でフラワーアレンジメントデザインができる人材が求められています。合わせて、フラワーアレンジメントデザイナー人材の需要も高まっています。

資格はここ→フラワーアレンジメントデザイナー

4位 安眠インストラクター

次に紹介するのが、安眠インストラクターです。ランキングは4位になります。安眠インストラクターは、日本インストラクター協会が運営する資格制度です。資格保有者は、安眠できず悩んでいる人を、快適な睡眠が取れるように変えていく仕事をすることができます。
 現代社会では、理由のない不安感やストレスにさらされる人が多いと言われています。そうした不安感やストレスを原因として、睡眠の質の低下に悩み苦しんでいる人もまた、大変多いのが現状です。そうした障害を解消する助けとなる、安眠を促進する安眠インストラクターの需要は大変高い状況です!

資格はここ→安眠インストラクター

5位 カラーアドバイザー

最後に紹介する資格が、カラーアドバイザーです。色の持つチカラ、人の心理に作用するメカニズムや知識を持ち、そうした知識を活用して、色の使い方をコンサルティングするのが、カラーアドバイザーの仕事です。
ファッションやインテリアの世界では、色の持つ効果はよく知られていますが、それ以外の業界や分野でも、色を有効に活用する方法が模索されています。そのため、色のチカラを科学的に活用する、カラーアドバイザーへの需要が増加しています。

資格はここ→カラーアドバイザー


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る