食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育
Pocket

食育健康アドバイザーとはJSFCA日本安全食料料理協会が認定を行っている資格で、食育に関する知識があると認められる資格です。具体的には食育の基本や海外の食育に難する取り組み、食と生活習慣病との関連などを学び、自宅やカルチャースクールで食育健康アドバイザーとして講習会を開く事ができます。

食育健康アドバイザーの取得方法

受験資格は特に無く、在宅受験方式を採用しているため、申し込みから資格授与まで全てが自宅で行う事ができます。受験料は10,000円。資格試験実施日は2か月に1度の割合で行われているため、比較的取得しやすい環境にあります。試験はJSFCAより自宅に送られてくる解答用紙へ試験期間中内に記入済み答案用紙を返信。70点以上の評価を得る事で合格する事ができます。

JSFCA日本安全食料料理協会とは

港区に協会を構えているJSFCA日本安全食料料理協会は食品や料理のスキルアップを図るとともに、スキルが協会の定めた一定基準以上有していると認定・資格授与している団体です。現在JSFCAが認定を行っている資格は約20種。食育健康アドバイザーのほかに、コーヒーソムリエ認定試験、カフェオーナースペシャリスト認定試験、ベジスイーツマイスター認定試験、ドライフルーツセレクター認定試験、ドライフルーツセレクター認定試験、幼児食マイスター認定試験などがあります。JSFCAの行っている認定試験は食を通して各分野でのスキルアップや知識向上のために貢献しているもので、これらを取得する事で、さらに活躍の場を広げる事を目的としています。

類似資格が多数あります

食育健康アドバイザーの認定試験の受験を検討されている方の中にはインターネトで実際にどのような資格試験が実施されているのか調べた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。検索結果は類似の資格案内などのサイトが多数ヒットします。例えば食育アドバイザーや食育インストラクター、健康食育アドバイザー、食育栄養コンサルタント、子供食育健康管理コーディネーター、食生活アドバイザーなど、認定を行っている団体も様々なあり、それぞれに食と健康を守り、充実した生活を送るために行われています。
食育資格の食育健康アドバイザーはこちら
また、各類似名称の認定資格は食育健康アドバイザー同様に在宅で申し込みから認定付与までを一貫して自宅で出来る受験しやすいものから、各団体により開かれている講習などを受け、実技や筆記などの試験を受ける事で受験資格を得る事ができるものまであります。

食育健康アドバイザーの資格取得難感度は?

JSFCA日本安全食料料理協会の食育健康アドバイザーの公式サイトも見てみましたが、合格率などは公表されていませんでした。ですので、詳細は不明ですが、在宅で試験期間中に返信を行う受験スタイル、合格基準70点以上ですので、超難関というわけではなさそうです。

資格取得後の進路は?

食育健康アドバイザーの資格は民間資格ですのでこの資格取得だけで出来る仕事というと、少し職種が限られてしまうようです。実例としては管理栄養士の資格を有している方が食育健康アドバイザーの資格を取得し、企業で働く、企業にてメニューを考案するなどのほか、自宅やカルチャーセンターで講師として活躍が出来ます。

認定試験口コミ評判は?

JSFCA日本安全食料料理協会の口コミでは将来の夢の為にどのような資格を取得するのが良いか分からなかったが、一歩踏み出せたという評価や自信が持てた、おもてなしに資格が活かせたという声がありました。JSFCAは最近注目されてきている団体で、今回ご紹介した食育健康アドバイザーは新しく設けた認定資格であり、現時点で資格を有している方がまだまだ少なく、未知数の部分もありますが、食を通して趣や喜び、楽しみなどを見つける事ができる資格です。食育を通してこれからの食に対する視点や考え方を変える大きなヒントに繋がると思いますので、資格取得に向けてチャレンジしてみては如何でしょうか。
食育  食育

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る