ハワイアンの気分に 始めやすいウクレレ

資格ランキング

どんな人にオススメ?

ハワイの伝統楽器であるウクレレはギターと似ていますが、弦が4つの小さなボディを持つ楽器だ。他の弦楽器に比べて音が軽快な方なので、最近女性に人気がある。その他、胴のサイズに応じてソプラノ、コンサート、テナーとバリトンに分けられる。最も小さなウクレレはバッグにも入る程度と持ち運びも簡単である。弦が4つなので誰でも早く弾けるようになるというのが長所である。

導入や基本的な伴奏形態が比較的簡単に覚えられるため、フラダンスをやっている人が自分たちで伴奏をできるようにとレッスンを受けることも多い。

ウクレレ5

レッスンの内容

ウクレレはハワイの伝統芸能フラダンスの伴奏楽器として広まった楽器で、習い始めからハイレベルになるまで、ほとんど伴奏をレッスンすることになるだろう。伴奏楽器なので時に弾き語りをしながら歌も見てもらうということもレッスン内容に含まれる。もちろん歌に自信がなければウクレレのレッスンだけでも可能である。基本的にはマンツーマンレッスンのところが多いが、公民館などでやっているようなウクレレ講座の場合、複数で一緒に演奏しながら曲を覚えていくというようなパターンもある。

ウクレレ4

費用

レッスンの回数は少なめで月に1回程度のところが多い。それだけゆったりとしたペースで進められる楽器でもある。費用は1回2,000円から5,000円程度であるが、公民館などで開催されているものだともっと安かったりするのでかなり月謝の額は幅広い。ウクレレだけでなく、他の楽器のサブとしてウクレレを習うことも十分にできる時間と予算である。ウクレレは一度購入してしまえばしばらく使え、弦は練習量によるがそれほど交換する必要はなく(半年~数年)レッスンを続けていく上での費用も少ない。本格的にやるようであれば、ウクレレを何台か所有することも可能だろう。

 ウクレレ3

レッスンの進め方

特に決まったテキストは無く、先生が手でやって見せ、あるいは楽譜のようなもの(コード譜や指板表)を見ながら演奏をし、だんだんと体にコードをなじませてゆく。弦が4本なのでギターより導入部分はずいぶんと簡単で、最初のレッスンで1曲弾けるようになったということもよくある。また、それだけレベルの幅が広く、曲の数もたくさん用意されている。フレット(指板)の間の距離も狭いため、指で押さえるのもそう負担にはならないだろう。

商品

ソプラノ、アルト、コンサート、バリトンと4つのウクレレの中で、よく見かける楽器はソプラノで、入門者はソプラノを購入することをオススメする。値段は1万円台前半で購入することができる。レッスンを受けてから楽器を購入してもよいが、専門店でもなければあまり数は揃えていないため、およそ1万円程出せばそれなりの楽器を買えると思ってしまってよいだろう。レッスンの先生によってはもちろんレッスンの時の貸出用のウクレレを用意してある。

ウクレレ3

集中力のアップにウクレレ

家事はもちろん、会社に出ても仕事が手につかない場合弦楽器をオススメする。弦楽器の柔らかい音は集中力を高めるのに役立ちます。それだけではなく、打楽器や管楽器とは異なり、ウクレレは弦の正確な位置を見つける必要があり音が鋭い楽器であるため、集中力の向上に効果的である。他の楽器よりも学ぶのには少し時間がかかるかもしれないが、学べば学ぶほど、指の感覚がさらに繊細になって、集中力がつくであろう。

また、管楽器と同様に、心身の安定にも効果がある。ウクレレの穏やかなメロディーが心を安定させる効果がある。

この習い事で活かせる資格は?

音楽療法士
http://www.brush-up.jp/guide/674.html
音楽療法とは、認知症や自閉症、精神障害などでお悩みの方に、音楽を通じて、回復の手助けや、心身のケアを行うリハビリを行える資格です。


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る