カフェオーナー経営士になりたい!必要なコーヒー資格や仕事内容を解説!

Pocket

東京を中心に、おしゃれなカフェが続々と進出しています。コーヒーや紅茶などをゆったり味わいながら過ごす時間は格別です。

そういったカフェを経営する為の知識を学び、活用できるのが、カフェオーナー経営士です。

カフェオーナー経営士について、仕事内容や資格についてまとめました!

目次

カフェオーナー経営士とはどの様な仕事でしょうか?

カフェオーナーとは、カフェの経営者として働く人の事を指し、男女問わず人気の仕事です。

お店を軌道に乗せ、収入を得られるかどうかはカフェオーナーの手腕にかかってきます。

カフェオーナー経営士の仕事

  • 店のコンセプトを考える
  • 出店場所や物件を決める
  • 外装やインテリアを検討する
  • メニューや価格を計算する
  • 店の特徴となるメニューや、サービスを考える
  • 食品衛生法を理解し、喫茶店営業許可や飲食店営業許可などの手続きをする

たくさんのお客さんに来店してもらう為に様々な工夫を考え、必要な手続きをするのがカフェオーナー経営士の仕事です。 

カフェオーナー経営士になる為には?

カフェオーナー経営士になる為に、特別な資格は必要ありません。

しかし、カフェは飲食店の中でも単価が低く、回転率が悪い業態です。経営や開業について無知な状態では、数あるカフェの中から生き残る事が難しくなります。

カフェオーナー経営士を目指す時、以下の内容を勉強すると良いでしょう。

  • 開業の基礎知識
  • マーケティングの基礎知識
  • 商品とサービス内容
  • カフェの企画と計画
  • カフェの内装、設備

カフェオーナー経営は、コーヒーの知識がある事も大切ですが、経営の知識も必要です。

勉強内容は多岐に渡る為、通信講座等で、効率良く学ぶ事をおすすめします。

カフェオーナー経営士の活躍できる場所や仕事内容とは?

カフェの中で行う仕事内容は、大きく分けると、「接客」「調理」「管理」「経営」等があり、店の規模によっては複数の仕事を掛け持ちする場合もあります。

カフェオーナー経営士として、活躍できる場所や、仕事内容をまとめました!

  • カフェの独立開業
  • コーヒーショップのチェーン店(フランチャイズ契約)
  • 取締役(出資者)

従業員として働いている場合も、オーナーとしての視点で物事を見られたり、キャリアアップに繋がります。

カフェオーナーが行う仕事

カフェオーナーのすべき仕事は、表面的に見えている業務に留まりません。

やること内容
接客魅力的なオーナーがいると、来客アップに繋がります。
調理調理だけではなく、仕込み作業等も含まれます。
掃除厨房や調理器具はその日のうちに綺麗にし、店内も掃除します。
食材の発注特に売り上げが見込めるメニューを見極め、食材を切らさない様に、ストックを管理します。
雑貨、食器の買い出し料理を活かす食器や、店の雰囲気にあった雑貨を選ぶ事も大切です。
スタッフの教育スタッフのマナー、接客態度は店のイメージに関わります。
店内の装飾どの様なコンセプトの店なのか伝える為にも、調度品や装飾選びも重要です。
広告(SNSの発信)ホームページやSNSの更新は、毎日の日課とも言えます。
レジ金銭の管理、釣銭ミスを予防する事も大切です。
メニュー考案店の看板メニューなどで集客アップを狙います。
経理、事務店の売り上げ管理や、取引先とのやり取りなど、事務作業もこなします。

この様に仕事内容は多岐に渡ります。

カフェオーナー経営士に向いている人とは?

コーヒーが大好きで、自分のお店を持ちたいと思う人は多いかもしれません。

ここでは、カフェオーナー経営士に向いている人についてまとめました!

1.コーヒーが好き、食への興味がある人

カフェは食を扱うので、メニューを考えたりする上で、コーヒーや紅茶などの飲料についてはもちろん、食への興味はとても大切です。

旬の食材や様々な食品に興味があったり、味にこだわりがあったり等、食にまつわる様々な事に対する興味は、人気メニューを生み出す原動力ともなるでしょう。

2.しっかりとしたビジョン、目標がある人

開業する上で、どの様なコンセプトの店を作りたいのか、何を特徴にしたいのかという明確なビジョンが必要です。

漠然とした内容では、良い店づくりもできず、たくさんあるカフェの中で生き残る事も難しくなります。

また、1日の売り上げや資金繰りについて、目標を立てる事も大切です。

3.根気よく、前向きな人

いざカフェを開業し、オープン直後は来客を見込めたとしても、安定して軌道に乗せるまでは時間がかかるかもしれません。

例え、経営がうまくいっていない時も前向きに捉えて、諦めずに根気よく戦略を考えたり、努力できる人はカフェーオーナーとして向いています。

4.流行に敏感

カフェの繁盛の為には、看板メニューの他に、流行をいち早くキャッチしたメニューを取り入れる等の工夫が必要です。

その為には、常に情報を仕入れ、新しい物を取り入れる柔軟な姿勢も大切です。

時には流行っているカフェを見に行ったり、ニュースのチェックは欠かさない等、カフェの仕事以外の事にも目を向けると良いでしょう。

5.人を喜ばせる事が好き

どの様なサービスがお客さんを喜ばせるのか、どうしたらスタッフが気持ち良く働けるのか、人を楽しませたり、おもてなししたり、人に喜ばれる事に幸せを感じる人はカフェオーナーに向いています。

6.人とのコミュニケーションが好き

現在たくさんのカフェ、チェーン店などがあるので、その中でカフェを開業し、経営を安定させる為には努力が必要です。

飲食の美味しさなども大切ですが、良いカフェの雰囲気を作りだす為には、オーナーと従業員の良い雰囲気も欠かせません。

食事をとる為に、買物の後の一休みに、家族や友人とのおしゃべりの場に、仕事の打ち合わせに、作業に集中する場所として、などカフェには様々なお客さんが来ます。

中には、話しやすい魅力的なオーナーと会話する事を目的で来るお客さんもいるでしょう。

再び来店してもらう為にも、適度なコミュニケーションは必要不可欠となります。

7.体力がある人

のんびりとしたイメージのカフェオーナーの仕事ですが、意外にも体力勝負です。

1日中立ち仕事なのはもちろん、コーヒー豆や食材を運んだりと力仕事も多い仕事です。

急に休んだ従業員の代わりに働く必要があったり、翌日の仕込みの為に夜遅くまで働く日もあります。

体力は努力で補える部分はありますが、元々身体が弱い人にとっては、厳しい仕事かもしれません。

カフェオーナー経営士になる為の資格を紹介

カフェオーナー経営士になる為に必要な資格はありませんが、カフェを開業する為には、「食品衛生責任者」の免許が必要です。

また資格が必要ないと言っても、カフェを開業、経営していく為にはある程度の勉強が必要であり、資格を取得することによって、後々様々なシチュエーションで必ず役に立ちます。

ここでは、まず「食品衛生責任者」についてと、カフェオーナー経営士に関する資格やコーヒーに関するおすすめの資格についてまとめました!

食品衛生責任者

飲食店、喫茶店等、食品の衛生管理が必要な事業を行う場合は、食品衛生責任者の免許が必要です。

食品衛生責任者の特徴

  • 17歳以上であれば、誰でも取得可能(自治体によっては、高校生不可の場合があるので、注意が必要です。)
  • 食品衛生責任者養成講習会を受講する事で取得できます。試験はありません。
  • 講習会を受講すると、「受講終了証」がもらえるので、保健所に「飲食店営業許可申請」をする際に一緒に提出します。
  • 有効期限はないので、カフェの開業前での取得も可能です。
  • 講習会は月に数回、定期的に開催されますが、自治体によって回数等が違う為、必ず確認し、開業に間に合う様にしましょう。
  • 医師や獣医師、調理師等の免許を持った人は講習が免除となります。該当する免許を既に持っているかどうか確認しましょう。

カーサバリスタⓇ(日本能力開発推進協会JADP)

コーヒーの専門的な知識と、ペーパードリップ、サイフォン、デザインカプチーノ、ネルドリップの技術を学びます。

受験する為には、キャリアカレッジジャパンの「コーヒー&紅茶カフェマスターW資格取得講座」の受講が必要です。

在宅で試験が受けられます。

コーヒースペシャリスト資格取得講座(オンライン資格、通信講座formieフォーミー)

コーヒーを淹れる技術以外に、豆や焙煎による香味の違い、ラテアートやデザインカプチーノ、スイーツ、フードレシピや、ブレンディングなど、コーヒーに関するあらゆる知識を習得できます。

また、気軽にスマホで受講できたり、試験もスマホで受けられます。

教材費が抑えられる為、受講費用も格安です。

コーヒーコーディネーター(日本創芸学院の通信講座)

コーヒーの基礎知識、エスプレッソやラテアート等の技術も磨きます。

また、カフェ開業に関する知識として、立地、資金、法的な許可やレイアウト、メニュー、宣伝方法や価格設定のポイントを学べるのも特徴です。

カフェ経営を目指す人も、しっかりとした知識を身に付けられます。

修了時に、コーヒーコーディネーター資格の認定を受けられ、コーヒーのスペシャリストとして、本格的な知識と技能を身に付けた事の証明となります。

コーヒーマイスター(日本スペシャルティーコーヒー協会SCAJ)

コーヒーに対する深い知識と基本技術の習得を基本に、消費者の豊かなコーヒー生活を提案できるプロを認定する資格です。

コーヒーマイスターについて、コーヒーとカフェの歴史、コーヒーの産地、焙煎方法等の技術を学べます。

コーヒーマイスター養成講座をテキストで自宅学習し、実技講習会を受けた後に、認定試験を受験します。

試験に合格するとコーヒーマイスターとして認定され、更に上級のアドバンスド・コーヒーマイスター資格を受講できます。

アドバンスド・コーヒーマイスター資格では、スペシャルティーコーヒーの定義や、海外のコーヒー協会、団体等の知識、抽出方法やカッピングの技術が学べます。

この資格も、講座や実習の受講が必要です。

Qグレーダー(米国スペシャルコーヒー協会SCAA)

この資格を取得すると、SCAAに定められている基準、手法に則って、コーヒーの評価ができる技能者になれますが、3年ごとに更新試験が必要です。

コーヒーに関する一般教養、味覚嗅覚などの識別、生豆、焙煎豆についてなど、コーヒー豆の種類によって、味や香りの異なりを見極められる様になります。

Qグレーダーがコーヒーを評価して、スペシャルティと認められたコーヒー豆は「Qグレード」として販売できます。

コーヒーインストラクター検定(全日本コーヒー商工組合連合会JCQA)

コーヒーの正しい知識の普及と向上や、消費者が評価するコーヒーの生産と消費の促進・振興を目指す為の検定です。

2級の講習会と検定試験を合格すると、1級に挑戦可能となり、鑑定士検定の3教科を全てマスターすると、国内のコーヒー資格では最難関のコーヒー鑑定士に認定されます。

JBAバリスタライセンス(日本バリスタ協会JBA)

受講する時点で、バリスタ(アルバイト可)として従事しているか、コーヒー関連企業に就業していて、エスプレッソ抽出経験がある人や、JBA認定校が別途開講するJBA認定のカリキュラムの必要過程修了後1年未満の人という受講資格が定められています。

イタリアで主流のエスプレッソ技術に重きをおいていて、プロフェッショナルの為のバリスタライセンスです。

コーヒーソムリエ認定試験(日本安全食料料理協会JSFCA)

通信講座などで、以下の事を学びます。

  • コーヒー豆、コーヒーの産地や種類
  • 美味しい生豆の選び方、豆の違いによる焙煎について
  • 豆同士の相性
  • コーヒーの淹れ方、淹れ方と味の関係
  • ラテアート
  • コーヒーカップの種類

受験資格は設けられておらず、在宅で受験できます。

カフェオーナー経営士資格認定試験(日本安全食料料理協会JSFCA)

カフェオーナーの知識と、その知識を実務で活用できる技能を有している事を認定する試験です。

資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

カフェオーナーとして働きたい人や現在飲食店などで働いている人も対象としていて、受験資格はなく、在宅で受験できます。

特におすすめはこの資格!

カフェオーナー経営士になる為の資格や、コーヒーに関連する資格は様々ですが、専門学校やスクールで学ぶ事は金銭的な面と、時間が必要です。

カフェでアルバイトしながら資格取得を目指したり、カフェの中には、コーヒー関連の資格取得を推奨しているお店もあります。

資格取得をしたいと思っても学校に通えない人にとって気軽に通信講座で学べたり、在宅受験できる事はとても魅力的です。

そこでおすすめなのが、この2資格です。

コーヒーソムリエ

コーヒー豆、コーヒーの産地、その種類、美味しい生豆の見分け方のみならず焙煎についてなど、コーヒーに関するあらゆる知識がその出題範囲となっています。

コーヒーに関する総合的な知識の習得に向いています。

カフェオーナー経営士資格

カフェオーナーとしての知識と、それを実務に応用できるような技能を習得した人に認められる資格です。

カフェ経営に関する総合的な知識が身につくため、カフェオーナーを目指しているけど、様々な不安がある人に非常におすすめの資格と言えます。

こちらの2資格は受験資格は特になく、専用の通信講座が用意されていて、受験日も隔月で設けているので、好きなタイミングで受験ができます。

おすすめ資格講座

いずれの資格も、資格取得後は様々な活躍場面があり、自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行ったり、カフェオーナーとして開業したい方にもおすすめです。

「コーヒーソムリエ認定試験」「カフェオーナー経営士資格認定試験」の2つの資格取得には、こちらの通信講座がおすすめ!

「カフェw資格取得講座」

諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座は、自宅で課題を提出するだけで、最短2ヵ月で、次の二つの資格を取得できます。

  • 「コーヒーソムリエ資格」
  • 「カフェオーナー経営士資格」

諒設計アーキテクトラーニング通信講座カリキュラムは、

  • 1日30分程度の学習でOK!
  • 初心者でも、約6ヶ月で資格講座を学べます。
  • 最短2ヵ月でカフェ資格を取得可能です。

更に、諒設計アーキテクトラーニング通信講座限定で、各協会が指定するスペシャル講座を受講可能です!

スペシャル講座とは?

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「コーヒーソムリエ資格」「カフェオーナー経営士資格」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

すぐにでも資格を取得したい方や、確実に資格取得をしたい方におすすめの講座です。

「カフェオーナー資格取得講座」

SARAのカフェオーナー資格取得講座は、日本安全食料料理協会(JSFCA)に認定された講座です。

「コーヒーソムリエ資格」と「カフェオーナー経営士資格」の2つの資格を取得できます。

また、選べる2つのコースがあります。

基本コース

  • 基本コースで学習して、各種資格協会へ試験申し込みをし、受験します。
  • 資格試験料金は別途必要ですが、初期投資は安価に抑えられます。

プラチナコース

  • プラチナコースを受講し、課題を提出するだけで在宅で卒業時に「コーヒーソムリエ資格」「カフェオーナー経営士資格」の2資格が認定授与されます。
  • 資格試験料金、資格試験対策の学習は一切必要ありません。

短期間で確実にカフェオーナー資格を取得できます。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる