食育健康アドバイザーになるためには?必要な資格や業務内容を解説

Pocket

食育という言葉が浸透し、健やかな生活をおくるためには食事が大きな役割を果たしていることが広く認識されている今、食育健康アドバイザーは注目を集めている職業です。

しかし、食育健康アドバイザーになるためにどうしたら良いのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

食育健康アドバイサーになるためになにをしたら良いのか、どんな資格が必要なのか、業務内容や代表的な資格の種類をご紹介します。

目次

食育健康アドバイザーというのは

食に関する提案や指導など!健康を保つためのアドバイザー!

食育健康アドバイザーとは、食事や食材の栄養や効能を理解し、体質やライフステージを考慮して、健康を保つための食事の提案、指導ができる力を持った食のプロフェッショナルのことを言います。

2005年に食育基本法が制定されて以来、食育への関心は高まり続け、教育の現場では切り離せないものになっています。

正しい食育を実践するためには、食に関する広範な知識が不可欠です。その知識を身に付け、実践し、指導できるだけの能力を持つのが食育健康アドバイザーです。

食育健康アドバイザーは飲食業界はもちろん、教育現場、スポーツの世界など様々な場所で活躍できるような知識体系です。

食育健康アドバイザーは資格がなくても名乗れるのですが、日々の食事を改善したり、体質に合わせた食事を摂るためには、専門知識が不可欠です。

食品や食事に関して正しい方向への改善をするためには、深い知識が必要とされます。

悩みの原因を探り、正しい対処方法、改善方法をアドバイスするため、また知識や技術を身に付けた証として資格は信頼を得られものであり、説得性を増すためにも有用なものです。

「食」は生きていくうえで、決して切り離せない大切なものです。

そのため、国民運動として食育を強力に推進するために制定されたのが「食育基本法」です。

 

食育に関心が集まり、実践するための知識と技術を求める人が増えている現在、身近に相談できる存在として、食育健康アドバイザーの役割はさらに大きくなっていくと考えられます。

食育健康アドバイザーになるためには

食育健康アドバイザーになるには、食育基本法を正しく理解し、食についての認識を高め、食が健康に及ぼす効果や悪影響についても把握し、それらの総合的な知識を用いて実践、他者への助言、指導を行えるスキルを必要とします。

正しい知識を身に付け、応用出来るだけのスキルを磨くのはもちろん、指導できるだけの力をもつ証明と説得力を増すためにも、資格を取得することは大きな意味があります。

資格取得のための学習方法として、主に自宅における学習や、通信講座で学習する方法があり、また資格によっては講座の受講が受験資格となっている場合もあります。

独学での学習には限度があり、またどのような知識が必要なのか、学習前の準備にさえ時間を要してしまうため、かなりの時間が掛かってしまいます。

 

独学の欠点としては、学習途中で壁にあたってしまった際、それを自身で乗り越える必要があり、相談できる相手もいないため、その時点で挫折となってしまうケースは珍しくありません。

その点通信講座では、食育健康アドバイザーとして活躍するために必要な知識の習得のみならず、無理のないペースで学習できるカリキュラムが組まれています。

その利点を利用して、隙間時間などでも効果的に利用可能なので、挫折する要素が少ないというメリットも見逃せません。

多くの通信教育講座では、メールによる質問、相談ができるサービスなどはコンテンツに含まれており、わからない箇所や疑問点を質問する事が出来るなど、学習サポートも充実しており、資格取得まで学習を続けられるような内容となっています。

 

初心者がスムーズに理解できるようなテキストが用意され、家事や育児、お仕事で忙しい人でも、細切れ時間などを利用しても無理なく資格取得を目指せる内容です。

食育健康アドバイザーの業務内容と活躍分野

どこで活躍できる仕事?場所によって仕事内容が違う?

飲食業界

食育健康アドバイザーが活躍する主な現場のひとつが飲食業界です。

レストランなどの直接食事を提供する場に限らず、食品メーカーなどの食を扱う企業、スーパーなどの食料品店の総菜コーナーといった、あらゆるシーンでは、食育健康アドバイザーとして身についた知識が活躍する場面は多いでしょう。

食品関連の企業にとって、重要な役割を担う商品やメニューの開発に食育健康アドバイザーの知識は、活用場面はとても多いです。

販売の現場で役立つような専門知識を身に付けていることは、大きな力となります。

 

職場でのキャリアアップをしたい方や、知識を活かした提案、開発をしたい方におすすめです。

教育現場

教育現場でも食育の知識は重要です。

現在、教育の現場では食育は重要課題のひとつとして、真剣かつ慎重に取り組まれています。

子供と接する仕事に従事する人にとって、食育の知識を得る事は命題だと言えます。

また、食育に悩む保護者へのサポートにも、食育の知識は大きく役立ちます。

子供の健やかな生活を支えるお手伝いとして、食育健康アドバイザーの知識を活かせます。

 

子供とふれあい、子供や保護者の方の生活をサポートしたいと考えている方に向いています。

スポーツ関連施設

民間のフィットネスクラブやスポーツクラブでも、食に関する知識は活躍場面が多いです。

フィットネスやスポーツクラブに通う人にとって、体力強化やダイエットなどに大きくかかわってくる食事は重要なファクターです。

そのため、正しい知識をもって食生活を指導してくれる食育健康アドバイザーの存在は、大きな力となります。

また、プロのスポーツ選手の専属として活躍している方もいます。

 

スポーツが好きで、体力強化やダイエットのサポートに興味がある方に向いているといえます。

独立

専門知識と実践力、指導力が身についていると、独立してセミナーの開講、食や健康に関わるカルチャースクールなどでの講師活動、などでも強力なバックアップとなります。

知識を広め、地域社会に貢献したいと思っている方や、自分のペースで仕事をしたいと思っている方におすすめです。 

また、仕事の場だけではなく、家庭での日々の食事にも役立てられます。

 

食育の知識を活かして栄養バランスの良い食生活を実践する事で、自身と家族の健康を守ることに繋がります。

食育健康アドバイザーに適している人

アドバイザーに向いている人は?判断力・主体性・想像力が大切!

食育健康アドバイザーは、食に悩む人をサポートするため、身に付けた知識やスキルを活かして社会に貢献する仕事なので、知識が身についている事はもちろん、適性も重要です。

ただ知識を披露するだけではなく、個人の悩みをしっかりと把握し、寄り添い、相手の状況を正確に判断して食事のアドバイスや健康のための助言をする仕事なので、知識の押しつけではなく、相談者を思いやる気持ちがなくてはいけません。

そのため、相談者の話に耳を傾け、思いやりをもって接し、また正確な判断力を持つ人には向いている職業です。

飲食業などの企業では、周りに流されず、しっかりと自分の意見を述べられる主体性をもっていることが大切です。

健康的な食を提案するためには、栄養があるだけでは十分とは言えません。食べる楽しみを作る工夫が必要です。

したがって、見た目や味を楽しめる工夫ができる、発想力のある方に向いている仕事ともいえます。

食育健康アドバイザーの代表的な資格

食に関する資格は注目される分野だけに、国家資格と民間資格を合わせると数多くの種類があり、様々な運営母体が独自の資格の認定を行っています。

(1)管理栄養士

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。

管理栄養士とは

誰もが一度は耳にした事がある、食に関する資格では最も有名といっても過言ではない資格と言えます。

実力に裏打ちされた確かな知識で、健康状態や年齢など多岐にわたる個人の状態に合わせた最適な栄養指導や食事管理、給食の指導などの業務を行います。

管理栄養士の活躍の場は幅広く、医療施設をはじめ、食を扱うあらゆる施設、機関、研究施設にまで及びます。

信頼度が高い資格の証と言えるでしょう。

この資格は、国家資格に合格しなければ資格認定されません。したがってそれだけの知識や技能を備えた食事、栄養のプロであることの証明となります。

管理栄養士の資格取得方法

管理栄養士の資格を取得するには、管理栄養士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。

受験資格は、栄養士養成施設、管理栄養士養成施設で、所定の単位を取得して卒業し、栄養士の資格取得後、さらに定められた施設において栄養指導の実務をこなさなければなりません。

栄養士養成施設での学習機関により、必要な実務年数が変わります。管理栄養士養成施設を卒業した場合のみ実務経験は必要ありません。

管理栄養士施設は4年、栄養士養成施設は実務と合わせて5年を要します。

その後、管理栄養士国家試験の合格によって、資格の認定を受けることになります。

(2)食育健康アドバイザー

自分のペースで学習できる!受験資格の制限がないものも!

食育健康アドバイザーは日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定を行っている民間資格です。

食育健康アドバイザーとは

食育健康アドバイザーは、食の知識を求める人の指標となり、自身の知識とスキルを用いて悩みを解決するためのサポートを行い、またより良い食を作りだすための提案や開発を行ないます。

世代ごとの最適な栄養バランスや摂取基準の適切な理解によって、ライフステージに合わせた食事作りができるようになります。

この資格では、食育基本法を理解し、諸外国の食育にも精通し、食と生活習慣病の関連性に至るまでの深い知識を持ち合わせていることが証明されます。

食育健康アドバイザーの資格取得方法

食育健康アドバイザーの資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が年に6回行っている資格試験での合格によって、取得となります。

受験資格は設定されておらず、意欲のある方はどなたでも受けられます。在宅受験方式を採用されており、自宅での試験となります。

この試験には期間があるので、期間中以外は試験を受けられません。

試験スケジュールはJSFCAのサイトで確認できます。

受付期間中にインターネットからの申し込みで、試験問題が自宅に送られてくるので、記入済み解凍用紙を送り返す形で試験が実施されます。

合格基準は70点以上の評価となります。

また、特定の通信講座を受講し、卒業課題のクリアによって試験免除となり、資格の認定が受けられます。

(3)管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定を行っている民間資格です。

管理健康栄養インストラクターとは

管理健康栄養インストラクターは、食事や食材に含まれる栄養素への深い理解をもち、個々の年齢や嗜好などにも気を配り、より効果的に栄養を取り込める組み合わせや、調理法などのアドバイスを行ないます。

この資格では、栄養素に関しても幅広い知識をもち、多種多様な腸内細菌についても身体への作用に関しても深く理解しているもの、と証明されることにります。

各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を証明する資格です。

管理健康栄養インストラクターの資格取得方法

管理健康栄養インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)の行う資格試験の合格によって認定を受けられます。

食育健康アドバイザーと同様に、受験資格の制限が無く、どなたでも受けられる開かれた資格です。

在宅受験方式で、自宅で受験に臨める点に魅力を感じる方も多いでしょう。

2ヵ月ごと年6回の試験期間があり、期間以外は受験は受けられないため、資格に興味がある方は、JIAサイトで試験スケジュールを確認する必要があります。

運営母体は違いますが、管理健康栄養インストラクターと、食育健康アドバイザーの試験形態はほぼ同様です。

通信講座でも同様に、認定通信講座の受講によって、卒業時に試験免除で資格を取得できる点も大きな特徴と言えます。

(4)食育アドバイザー

教育訓練でより深く学ぶ!特定の講座を受講必須なものも!

食育アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)が認定を行っている民間資格です。

食育アドバイザーとは

食育アドバイザーは、食育への造詣を深め、食によってもたらされる健全な生活を維持するための知識を持ち、それらを活用して食生活を正しく導く食育の専門家です。

この資格では、食育に関する基礎知識を備え、食育活動が行えることが証明できます。

食育アドバイザーの資格取得方法

食育アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)から認可を受けた教育機関などで行われる教育訓練で、教育課程の全てを修めることで受験資格を得られます。

認定教育機関での履修後、在宅受験方式で試験を受け、得点率70%以上で合格します。

(5)食育インストラクター

食育インストラクターは、NPO日本食育インストラクター協会が認定を行っている民間資格です。

食育インストラクターとは

食育インストラクターは、階級制となっていて、階級は1級から4級、入門編としてのプライマリー階級があります。

まずは食育を基礎から学び、日々の生活に活かせるようになることからはじまり、階級が上がるごとに求められるスキルレベルが上がっていきます。

自分が実践できることから、他者への指導を行えるようになるまで段階ごとに知識を深めていきます。

食を作る側だけでなく、食事のマナーなど、食事を摂る側としての知識もしっかりと得られます。

この資格は、食育の知識を活かして、調理をする場面でのリーダーを育成する資格で、「食育」を基礎から体系的に身に着け、日々の生活に活かし、広く推進・社会で活躍できる「食育」の指導者の証となります。

食育インストラクターの資格取得方法

日本食育インストラクター協会が主催する「服部幸應の食育インストラクター養成講座」の受講が必須となり、受講後の最終課題のクリアによって取得となる資格です。

また、NPO日本食育インストラクター協会の認定講座で、講座を修了することでも取得が可能です。

(6)食育栄養コンサルタント

食育栄養コンサルタントは、日本能力教育促進協会(JAFA)が認定を行っている民間資格です。

食育栄養コンサルタントとは

食育栄養コンサルタントは、食育と栄養学についての指導を行う業務です。

個人はもちろん、飲食店などに対しても、メニューの開発などに役立つ知識を備え、それを用いて開発、提案などをできるだけの力をもっていることを意味します。

この資格では、栄養学の基礎知識をはじめ、食の安全を見抜く力、個々の状況、状態まで視野に入れた最良の食を選び、指導に活かせることが証明されます。

食育栄養コンサルタントの資格取得方法

この資格の受験資格は、日本能力教育促進協会(JAFA)が認可した機関の講座から、決められた方法で受験を申し込む必要があるため、機関を通さず個人での受験は認められていません

受験方法は、在宅でのWeb試験になります。Web試験のため、結果がすぐにわかります。

どの資格がおすすめなのか

おすすめの2資格をご紹介!取得のためのおすすめ通信講座は?

 上記以外にも、食に関する資格は多くの種類があり、中でも管理栄養士は国家資格のため信頼度が高く、活躍できるフィールドも多岐にわたるので、食に関わる仕事をしたい方にはとても強力な資格です。

そうはいっても、栄養管理士資格は、栄養士養成施設に通い、さらに所定の施設においての実務経験が必要であり、受験資格を得るまでに4~5年もの年月が必要になります。

資格の取得はかなりハードルが高く、大きな努力を要する資格です。

忙しい中でに取得に適した、応用性のある資格としておすすめなのが、次の2つです。

  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定する食育健康アドバイザー
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する管理健康栄養インストラクター

この2つの資格を取得するには、受験資格による制限がなく、在宅受験方式でインターネットからの申請で、在宅で試験を受けられます。

 

食育の知識の習得はもちろん、食と健康の関係を知り、生活に活かすスキルを学び、栄養素の効能、特性から含まれる食材まで食育健康アドバイザーとして活動するために必要な知識とスキルを負担のないカリキュラムで身につけられます。

そのため、幅広く活躍できる知識・スキルが得られる資格なのです。

この2つの資格取得に対応した通信講座が、資格の諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座」と、SARAスクールの「食育資格取得講座」です。

資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールは、食育健康アドバイザー資格の日本安全食料料理協会(JSFCA)と、管理健康栄養インストラクター資格の日本インストラクター技術協会(JIA)の両方からの認定を受けているため、専門的な知識の習得はもちろん、短期間の学習で、2つの資格を同時に取得できるといった画期的なシステムが採用されています。

さらに、認定通信講座のため、受講するコースによっては、資格試験を免除され、卒業と同時に資格を取得できるので、短期間でより確実な資格取得を目指せる仕組みがかなり特徴的です。

 

初心者でも、1日30分、約半年間で終了できるカリキュラムが組まれているので、家事や育児、お仕事などで忙しい方でも無理なく学習を進められるため、多くの方に注目されています。

最短2か月で資格取得可能なので、食に関する仕事に関わる全ての人におすすめしたい資格です。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる