介護食マイスターとは?仕事内容やおすすめの資格について解説

Pocket

高齢化が進む日本では、高齢者の食事をサポートする「介護食」の需要が年々伸びています。

介護食マイスターは、食事介助の手順やポイント、調理方法などの知識を活かして、咀嚼力や飲み込む機能が低下してしまった高齢者の食事を支える仕事です。

目次

介護食マイスターとは?

介護食マイスターとは、介護食に関する基本的な知識を有し、高齢者の食事をサポートする仕事です。

年齢を重ねたり病気にかかったりすると、食べ物を咀嚼する力や飲み込む機能が低下し、これまで通りの食事内容では上手く食べられなくなってしまいます

介護食とは、そのような状態であっても食べやすいように食材の柔らかさや形状、調理方法などを工夫した食事のことを指します。

また、高齢になると食欲も低下するため、栄養不足に陥ってしまうケースも多いです。

被介護者の食事状況を正確に把握して、栄養バランスと食べやすさを両立した食事の提供をすることも、介護食マイスターの役割の一つです。

介護食マイスターになる方法

介護食マイスターになる方法

介護食マイスターとして働くためには、介護食についての専門的な知識を身に付ける必要があります。

具体的には、以下のような内容です。

  • 咀嚼力や飲み込む力が低下している場合でも食べやすい食事作りの工夫
  • 被介護者一人ひとりに合わせた食事の提供
  • 栄養バランスと食べやすさを両立した献立組み
  • 認知症の人でも安全に食べられる食事作り
  • 食べさせる側の介護者が介助しやすい工夫
  • 食事を楽しむことで得られる精神的な満足感をサポート

これらの知識を身に付ける方法として、介護や栄養学についての知識を学べる大学や専門学校に通うことが挙げられます。

また、仕事や家事・育児と両立しながら介護食について学びたい!という人には、自分のペースで無理なく学習できる通信講座がおすすめです。

介護食マイスターの仕事内容・活躍分野

超高齢社会の日本にとって、介護業界の人手不足は深刻な問題です。

介護食についての専門知識を有する人材は、多くの施設で求められています。

高齢者向け介護施設

高齢者向け介護施設で介護士や調理師として働いている人は、介護食の専門知識を身に付けることで、日々の介護や調理のスキルアップを目指せます。

高齢者一人ひとりの状態に配慮した栄養満点の食事は、高齢者の健康だけでなく「食べる喜び」のサポートにも繋がります。

特別養護老人ホームなどでは、高齢者本人の食べやすさに加えて、食事の介助をする介護者のことを考えた工夫も必要になります。

介護食についての正しい知識を身に付けることで、高齢者の健康面・精神面を支え、また、施設で働く介護者の助けにもなるような食事の提供が可能になります。

グループホームの調理師

グループホームとは、認知症の高齢者が入所し、少人数での共同生活を送る施設を指します。

認知症の人に提供する食事でポイントとなるのは、安全に食べ進められるような工夫です。

食材を細かく刻むなどして、思わぬ誤嚥事故を防ぐことが大切です。

介護食についての知識を活かして食事作りをすることで、栄養バランスが取れていることはもちろん、安心・安全に食べられる食事の提供が可能です。

介護食の宅食サービス

介護食の宅食サービスが増加しています。

近年、高齢化や核家族化が進んでいる影響で、介護食の宅食サービスが増加しています。

一人暮らしや夫婦二人で暮らしている高齢者にとって、頻繁にスーパーへ出掛けたり、毎日三食自炊をすることは難しいです。

介護食の宅食サービスを利用することで、自宅にいながら栄養バランスの取れた美味しい料理を食べられるため、高齢者の強い味方として今後もその市場規模はますます拡大していくことが予想されます。

介護食についての知識を活かして商品開発に携わることで、限られた予算内で栄養・見た目・食べやすさなどに注意しながら、多くの人に宅食を楽しみにしてもらえるような充実した献立組みや調理ができます。

介護食作りでは食材の形状や柔らかさ、塩分量など、考慮すべき事項が多いのですが、宅食サービスとなると、食材が傷まないような工夫や持ち運びについても考える必要があります。

商品開発や調理方法に条件が多く、宅食ならではの苦労もありますが、多くの人にこだわりの介護食を届けられるやりがいのある仕事です。

介護ヘルパー

介護食に関する知識は、介護ヘルパーとして働く人のキャリアアップにも役立ちます。

介護ヘルパーの主な仕事は、高齢者の自宅を訪問して日常生活のサポートを行うことですが、訪問時に食生活に関する相談をされることも多いです。

介護食に関する正しい知識を身に付けて的確なアドバイスをすることにより、利用者との信頼関係も深まります。

また、高齢者の食事のサポートについても理解を深めておくことで、訪問時の食事介助にも役立てることができます。

介護食マイスターに向いているのはどんな人?

介護食マイスターに向いているのはどんな人?

現在介護施設のスタッフや調理師、介護ヘルパーとして働いている人は、介護食に関する理解を深めることで、自身のキャリアアップを目指せます。

これから介護業界で働きたい!と考えている人にとっても、介護食の専門知識は就職・転職の大きな武器となりますね。

施設での勤務はもちろんですが、高齢者と暮らす人向けの料理教室を開いたり、栄養の知識や食べさせ方の工夫を伝えるなど、独立して介護食のプロとして働くことで、多くの人の悩みに寄り添えます。

また、家族に高齢者がいる場合は、介護食の知識・スキルを毎日の食事作りに活かすことで、家族の健康を支え、食の喜びを通して生活を豊かにするサポートができます。

  • 介護業界で働いていて、スキルアップを目指したい人
  • これから介護業界で働きたい人
  • 高齢者と暮らしており、毎日の食事作りに悩んでいる人
  • 家族の未来のため、介護食について勉強したい人
  • 飲食業界で働いていて、幅広い知識を身に付けたい人

介護食マイスターは、このような人に向いていると言えます。

介護食マイスターの代表的な資格

介護食に関する代表的な資格には、次のようなものがあります。

  • 介護食マイスター
  • 介護食作りインストラクター
  • 介護食コンサルタント
  • 介護食士
  • 介護食アドバイザー
  • 介護食コーディネーター

介護食マイスターとして活動していくには、介護食に関する正しい知識が不可欠です。

また、その知識の証明として介護食に関する資格を取得することにより、活動の幅を更に広げられます。

ここでは、それぞれの資格についてその内容と取得方法をまとめます。

介護食マイスター

介護食マイスターとは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している民間資格です。

介護食についての基本的な知識に加え、介護食の種類やその作り方、高齢者の状態に応じた介護食の提供などの知識を有する人に与えられる資格です。

介護食マイスターの資格取得方法

介護食マイスターの資格を取得するには、在宅受験にて試験に合格する必要があります。

また、協会指定のスペシャル講座を受講した場合、課題の提出により試験免除で資格を取得できます

介護食作りインストラクター

介護食作りインストラクター

介護食作りインストラクターとは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定している民間資格です。

介護食についての基礎知識や栄養バランス、高齢者施設での食事についての知識のほか、高齢者の口腔ケアや水分補給についてなど、幅広い知識を有する人に与えられる資格です。

介護食作りインストラクターの資格取得方法

介護食作りインストラクターの資格を取得するには、在宅受験にて試験に合格する必要があります。

また、協会指定のスペシャル講座を受講した場合、課題の提出により試験免除で資格を取得できます

介護食コンサルタント

介護職コンサルタントとは、日本能力教育促進協会が認定している民間資格です。

介護食の基本的な知識と具体的な実践方法、介護における食の重要性についてなどの知識を有する人に与えられる資格です。

介護職コンサルタントの資格取得方法

指定講座を受講後、在宅受験にて試験に合格する必要があります。

介護食士

介護食士とは、全国調理職業訓練協会が認定している民間資格です。

要介護者向けの食事を提供できる知識・スキルを有する人に与えられる資格で、3級から1級まで3段階に分かれています。

介護食士の資格取得方法

介護食士3級

指定の講習を受講することで取得できます。

講習会は専門学校などで受講可能ですが、学生だけでなく、一般の人向けの講習会も開講されています。

介護食士2級

介護食士3級の取得者が講習を受講することで取得できます。

介護食士1級

介護食士2級の取得者で、その取得後に2年以上介護調理の実務に従事した25歳以上の人が講習を受講し、試験に合格することで取得できます。

介護食アドバイザー

介護食アドバイザー

介護食アドバイザーとは、日本能力開発推進協会が認定している民間資格です。

介護食に関する正しい知識と、高齢者一人ひとりの状態に合わせた調理方法、現場での実践スキルを有する人に与えられる資格です。

介護食アドバイザーの資格取得方法

指定カリキュラムを修了後、試験に合格する必要があります。

介護食コーディネーター

介護食コーディネーターとは

介護食コーディネーターとは、日本味育協会が認定している民間資格です。

介護食の作り方やレシピ、配膳方法、食事介助などの実践的な知識・スキルを有する人に与えられる資格です。

介護食コーディネーターの資格取得方法

指定講座を受講し、検定試験を含む全3回の添削課題の提出が必要です。

介護食マイスターにおすすめの資格は?

介護食マイスターにおすすめの資格は?

介護食に関する資格にはさまざまなものがあります。

これから資格を取得して介護食マイスターとして活動していこうと考えている人には、「介護食マイスター」「介護食作りインストラクター」の2つの資格が特におすすめです。

介護食マイスターの資格を取得するには、介護食についての総合的な知識が必要となります。

介護食を食べ始めるタイミングや作り方、高齢者の状態に応じたレシピ、食事介助の方法などの基本的な知識に加えて、経管栄養の種類や手順、流動食、レトルト介護食についてなど、その内容は幅広いです。

介護食マイスターとして活動したり、高齢者向けの施設で働く場合には、このような豊富な知識が大きな武器となります。

実際に介護食マイスターの資格を取得した人の口コミでは、

  • 「介護食現場で勤務しているため、毎日の業務にとても役立っている。自宅介護をしている祖父母の食事作りでもレパートリーが増えた」
  • 「介護の仕事をしていく中で、厨房から出される食事をそのまま利用者に提供することに抵抗があった。資格取得後は、安全な食事を提供している!と胸を張れるようになった」

このように、仕事や自宅での介護に資格の知識を活かせている!という声が多く見られました。

また、介護食作りインストラクターの資格取得には、介護食の知識だけでなく実践的なスキルも必要になります。

きざみ食・ゼリー食・ミキサー食のように、高齢者の嚥下能力に合わせたさまざまな調理方法はもちろん、介護食のデザートレシピや美しい盛り付けなどもこの資格の学習範囲です。

若者に比べて行動が制限されてしまいがちな毎日の中で、食事の楽しみは精神的な満足感を得られる大切な要素の一つとなります。

介護食作りインストラクターの知識を活かした介護食の提供ができれば、高齢者の健康維持だけでなく、食の喜びを通した精神面のサポートにも繋がります。

高齢者の口腔ケア水分補給など、日常生活に役立つ知識が身に付くのも魅力です。

実際に介護食作りインストラクターの資格を取得した人の口コミでは、

  • 「自宅で介護をしてると、食事は特に難しい分野で悩むことも多かった。体に合ったものを食べてほしい気持ちと、いつまでも食事を楽しんでほしい気持ちがあり、介護食作りインストラクターの資格を取得したことでどちらも叶える食事作りができるようになった」
  • 「介護職に就いており、スキルアップのために受講を決めた。資格取得後は献立を考える会議に参加することも増え、毎日の業務に知識を活かせている」

このように、栄養バランスと食の喜びを両立した献立・食事作りのスキルが身に付いた!という内容が多く見られました。

これらの資格を取得したい!という人には、こちらの通信講座がおすすめです!

介護食マイスターW資格取得講座

介護食マイスターW資格取得講座は、「介護食マイスター」「介護食作りインストラクター」の2資格の取得を目指す、諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座です。

通信講座は自宅にいながら資格の勉強を進められるため、仕事や家事・育児と両立して学習したい!という人には嬉しいですね。

諒設計アーキテクトラーニングの講座では、1日30分、約6ヶ月間の学習で資格取得が可能です。

また、介護食マイスターW資格取得講座は、通常講座とスペシャル講座の2種類に分かれています。

通常講座を選択した場合は、全5回の添削課題を提出したのち、「介護食マイスター」「介護食作りインストラクター」のそれぞれ試験に合格することで資格を取得できます。

スペシャル講座は各協会に認定されたカリキュラムとなっており、添削課題・卒業課題の提出のみで2資格同時に取得可能です。

確実に2つの資格を取得したい!という人には、スペシャル講座の受講をおすすめします!

介護食マイスターW資格取得講座

通常講座添削課題+それぞれの試験に合格することで資格取得受講料:59,800円(税込)
スペシャル講座添削課題+卒業課題の提出のみで、試験免除で2資格取得受講料:79,800円(税込)

介護食資格取得講座

介護食資格取得講座 は、「介護食マイスター」「介護食作りインストラクター」の2資格の取得を目指す、SARAの通信講座です。

SARAは女性のための資格スクールです。

仕事をしながら、子育てをしながら、自分のペースで無理なく進められるカリキュラムが魅力です。

隙間時間を使って毎日コツコツ頑張りたい!という場合には、1日30分、約6ヶ月間の学習で資格取得が目指せます。

まとまった時間で集中して勉強し、少しでも早く資格を取得したい!という人は、最短2ヶ月で資格の取得が可能です。

介護食資格講座は、基本コースとプラチナコースの2つのコースに分かれています。

基本コースは講座を受講後に自分で「介護食マイスター」「介護食作りインストラクター」の各協会に受験の申し込みをして、それぞれの試験に合格することで資格取得となります。

プラチナコースは各協会認定のカリキュラムとなっており、添削課題・卒業課題の提出のみで2資格同時に取得可能です。

受講料は基本コースのほうが安く設定されていますが、基本コースを選択した場合、各資格ごとにそれぞれ10,000円(税込)の受験料が必要です。

最終的に必要な金額が変わらないのであれば、受験の手間がなく確実に2資格を取得できるプラチナコースが断然おすすめです!

介護食資格講座

基本コース添削課題+それぞれの試験に合格することで資格取得受講料:59,800円(税込)
プラチナコース添削課題+卒業課題の提出のみで、試験免除で2資格取得受講料:79,800円(税込)
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる