マインドフルネスセラピストって?仕事内容や資格も徹底解説

Pocket

近年、注目されている「マインドフルネス」。マインドフルネスを実践することで集中力を高められるものであり、また精神的または身体的ケアの手段のひとつとも言われています。

誰にでもできるマインドフルネスは、職場や人間関係、恋愛・育児など生活していく上で心を穏やかにする重要な役割を果たします。

さまざまな局面でストレスに晒される人々の心のエクササイズがマインドフルネスと言えるでしょう。

目次

マインドフルネスセラピストとは

マインドフルネスは世界でも大手企業や医療現場・福祉事業などでも積極的に取り入れられています。

マインドフルネスセラピストは、どのような活躍ができるのでしょうか。

マインドフルネス意義とは

必要性が高まる!|医療以外の企業も実施!

マインドフルネスとは、体に意識を向け「今この瞬間を大切にする」と表現されることが多いです。

これは新しい考え方というわけではなく古くから東洋には”瞑想”という形で仏教に由来し、これは実に3000年もの歴史があります。

現在に言われるマインドフルネスは、心理的なストレスの軽減や集中力を高める効果が注目され、さらには医療的行為としてアメリカで採用されているなど、さまざまな分野でマインドフルネスは行われています。

マインドフルネスが世界で広く知れ渡るきっかけは、マインドフルネスを医療分野に取り入れたことからと言われています。

このことからマインドフルネスが身体的にも心理的にも効果のある行為であることが証明され、今では多くの企業研修などでも取り入れられています。

マインドフルネスのメリットや効果

マインドフルネスは基本的に、仏教における瞑想をベースとしています。

私たちは普段、自分の周りの出来事や過去・未来を無意識に意識しているものです。

マインドフルネスはこのような意識を取り払うことで、ストレス的要因などの不安や反応なくし、「この瞬間」だけに意識を向けていきます。

このことは、外部からの情報や出来事などにとらわれずにありのままを受け入れることで、ストレスマネジメントやセルフコントロールに役立つとされています。

同時にリラックス効果やストレス軽減などが期待できるとされ、マインドフルネスの効果や有効性は多くの研究により示されてきています。すでに欧米などでは医療分野や企業でも積極的に採用されています。

身体的症状そのものを改善するわけではありませんが、継続的にマインドフルネスを行うことは精神的な効果だけでなく、病気や痛みなどの恐怖や不安による身体的反応の痛みの低減や病気症状の改善の効果も期待されてます。

マインドフルネスの実践

それでは、マインドフルネスはどのように実践されるのでしょうか。

基本的に道具などの準備は必要なく「この瞬間」の意識をするだけでマインドフルネス成立します。

マインドフルネスの種類には呼吸法や瞑想法、歩行しながら行う方法などやり方もさまざまです。

実践は自分にとって落ち着いた環境などであれば、マインドフルネスを行うのに特別な環境を整える必要はありません。通勤電車の中、デスクワークの途中、休憩に寄ったカフェ、就寝する前など少しでも集中やリラックスできる場所や時間が確保するだけで出来るので、手軽にストレスフリーを手にいれられます。

このように手軽に実践できるマインドフルネス。そのため、自分の意思さえあればいつでもどこでもマインドフルネスの世界へ入っていけます。

マインドフルネスの方法

誰でも簡単にできる?|どのくらい種類がある?

マインドフルネス瞑想と言われるものは、種類にすると数百種類にも及ぶそうです。その中でもメジャーなマインドフルネス瞑想の種類は以下のようなものがあります。マインドフルネス瞑想の分野によって効果や知識も違います。

呼吸瞑想

頭と首・背中が一直線になるように椅子に座り(または横になり)ます。呼吸に意識を向けて、集中していくマインドフルネスです。

呼吸に集中して1日1回10分程度から簡単に始められます。座位で可能なのでどこでもできる、比較的ポピュラーなマインドフルネス方法です。

歩行瞑想

歩行瞑想はその名の通り歩行しながらマインドフルネスを取り入れます。ウォーキングや散歩の時間、通勤中などでも取り入れやすいマインドフルネスとしても注目されています。

体の感覚を意識しながら歩くことで、雑念を取り払っていきます。

ボディー・スキャン瞑想

睡眠前に行うことで効果を発揮するボディースキャンのマインドフルネスは、身体の緊張やコリなどにも効果的とされリラックスしていく方法です。

仰向け(または座位)の姿勢で脱力し、体の部位を頭からつま先までひとつづつ意識し呼吸していくことで深いリラックス効果が期待できます。そのまま眠りについてしまう人も多いリラックス系のマインドフルネスです。

食べる瞑想

食べることを意識して行うマインドフルネスは、意識的な食事を行うため満腹感が得られやすく、ダイエットに効果的と言われています。

食事を食べる際に、観察し、食感や香り、のどごしなどの感覚や舌触りなど、食事における感覚をしっかり味わうことに集中しながら食事をしていくだけです。

食事中も私たちは意識せずとも雑念の中で食事と向き合っています。食べる瞑想は一切の考えを食べ物に集中することで行うマインドフルネスです。

慈悲の瞑想

慈悲のマインドフルネスは、人間関係などに疲れている方や 悩んでいる方におすすめのマインドフルネスです。座位でも仰向けに横になっても、好きな体制で構いません。

目を閉じ、ゆっくり自分の身近な人々の幸せを願うことを意識していきます。慈悲のマインドフルネスは疲れた心の修復に良いマインドフルネスと言えるでしょう。

マインドフルネスセラピストになるには

正しい知識が大切!|必要なスキルはある?

マインドフルネスは自分の意思さえあれば、いつでもどこでもマインドフルネスの世界へ行けるため、 マインドフルネスについて正しいやり方や知識を知っておくことがとても重要なポイントとなってきます。

マインドフルネス自体は、すぐに身体的・精神的な影響を及ぼすものではないとされています。

しかし、うつ状態の方やストレス症状の強い方などが自己流でマインドフルネスを行うことで、より症状を悪化してしまう可能性も否定できません。

マインドフルネスを行おうと強く意識し、集中し切れないためにそのことが逆にストレスを感じてしまう場合なども考えられます。

インドフルネスは手軽にできる分、それを自己流で行うには多少の危険を伴うため、正しい知識の元で行うことが実践の鍵です。

正しく行うことで効果を最大限に引き出してくれるのがマインドフルネスであるということをしっかり覚えておくとよいでしょう。

マインドフルネスセラピストの仕事内容と活躍分野

マインドフルネセラピストに資格は必要ありません。しかし、手軽にできるマインドフルネスだからこそ、セラピストとして正しい知識と正しい実践の方法が必要不可欠となってくるでしょう。

マインドフルネスは心のエクササイズ方法。人々の生活をより豊かにしてくれる仕事と言えます。

マインドフルネスセラピストとして活躍するには、さまざまなマインドフルネス実践方法を知っておくことも大切です。需要が高まるマインドフルネスの仕事にはどんなものが存在するのでしょうか。

心理療法分野での活躍

マインドフルネスは、各分野においてさまざまな心理療法に取り入れられるなどの実績もあります。うつ病・不安障害・精神疾患の治療にも使われ、効果を得ています。

心理的療法はアメリカで開発され、医療分野や福祉でも積極的に実践されるなどして多くの実績をあげています。

マインドフルネス資格は医療従事者や福祉従事者、カウンセラーなどの職種でも活躍できる資格です。

マインドフルネス導入企業での活躍

セルフコントロールやアンガーマネジメントなどの一環として、近年企業でも導入が進んでいるしているマインドフルネス。アメリカなどではグーグルやアップル、ゴールドマン・サックスなど世界的にも名高い企業が積極的に導入しています。

こうしたことからも、今後日本の企業などでは、マインドフルネスの導入が積極的に進んでいくことが期待できます。

企業がマインドフルネスを導入する理由はさまざまですが、マインドフルネスが企業の生産性や社員のメンタル向上などを目的にしていることが多いと言えるでしょう。

今後、マインドフルネスセラピストは講師として企業などに赴く仕事も十分に考えられるでしょう。

   

ヨガサロンなどでのスキルアップ

心と身体が癒される!|スキルアップ効果あり!

マインドフルネスはヨガサロンなどでも積極的に取り入れられています。通常のヨガでも、心や身体を開放する効果を感じられます。

マインドフルネスとヨガを通じ、動作と気持ちに意識を集中していきます。マインドフルネスをヨガと一緒に取り入れることで、心身ともに健康へと導けることでしょう。

ヨガをすでに取り入れている方やインストラクターの方などは、さらなるスキルアップとして、マインドフルネスは取り入れたい資格のひとつではないでしょうか。

日常生活をより豊かにするために

マインドフルネスは心身ともに健やかに過ごすための手段としても有効活用できます。

「仕事や家事・育児に追われてゆっくりする時間がない」「人間関係に悩みを抱えている」「気力が起きない」などは誰にでも経験のあることです。

マインドフルネスは継続的に実践することでストレスフリーの日常を実現します。自分のためだけではなく、友人・恋人・家族などの身近な人たちの心の休息にも役立つ資格と言えるでしょう。

マインドフルネスセラピストに向いている人

どんな人におすすめ?|向いている人の特徴は?

マインドフルネスは時間や場所を選ぶことがないので、活躍する場も多くあります。

「今この瞬間」「意識を集中させる」とシンプルに見えるマインドフルネスですが、心に意識を向けることが非常に重要な部分となってきます。

そのため、意思や忍耐力も必要だと言えるでしょう。

  • 集中力・記憶力などを高めたい方
  • 医療現場や福祉活動の一環としてマインドフルネスを取り入れたい方
  • 正しい知識えマインドフルネスを行いたい方
  • 日々の疲れを癒したい方
  • ストレスフリーやリラックス効果を感じたい方
  • 心を穏やかに過ごしたい方
  • 不安な気持ちや頭の中をスッキリさせたい方
                               など

マインドフルネスセラピストの代表的な資格

■の種類は?|資格のポイントはある?

マインドセラピストとして活躍するには、資格が必ずしも必要というわけではありません。

しかし、正しい知識の元で行うことがマインドフルネスの効果を最大限に引き出してくれるという点が非常に影響してきます。

マインドフルネスセラピスト資格を取得することは、マインドフルネスを実践する上でとても重要なポイントとなり、その分有利に働くことが多く、資格取得は仕事だけではなく日々の生活をより豊かにしてくれるものとなるでしょう。

マインドフルネス瞑想を取り入れた心理療法資格

心理的療法には「マインドフルネスストレス低減法(MBSR)」「マインドフルネス認知療法」などがアメリカで開発されています。

中でも「マインドフルネス認知療法」はうつ病の再発防止予防を目的としたプログラムで、不眠症や不安障害、思い病気を患う方などにも適用され、気分の落ち込みや否定的な思考を持たないよう対処していくことなどを学んでいきます。

マインドフルネスのプロ講師資格

企業研修などで通用するマインドフルネス資格を、講師として必要な理論・実践・研修方法などを学び、プロ講師として活躍していきます。   

マインドフルネストレーナー資格

マインドフルネストレーナーは、マインドフルネスを「トレーナー」という立場で学んでいきます。トレーナーとしての活動方法や、マインドフルネスを仕事として活躍をしていきたい方におすすめの資格でしょう。

美容マインドフルネス資格

美容・健康・心理系の仕事に携わっている人や興味のある方など、心と美容を中心に学びます。

マインドフルネスセラピスト資格

マインドフルネスセラピスト資格は、瞑想方法や実践方法などが幅広い分野に広がっています。マインドフルネスセラピストは初心者でも取得可能な資格です。まずマインドフルネスについて学びたい方や基礎からしっかり身につけたい方におすすめです。

おすすめの資格取得方法

資格を取る方法は?|おすすめの資格は2つ!

マインドフルネスセラピスト資格の取得を目指す上で大切なことは、どのようにマインドフルネスセラピストの資格を生かしていきたいのかということです。

資格取得に際して一定の知識がある場合に、試験だけを受けられるものと、資格取得に直結した講座の受講を必要とするものもあります。

マインドフルネスセラピストの資格は民間資格です。運営母体によって得られる知識や講師として活躍できるのかなど、条件もいろいろ。自分の学びたいものかどうか、取得したいものかを見極めましょう。

おすすめの資格

資格試験には一定の知識をすでにお持ちであればマインドフルネスセラピストして活躍できる資格もあります。

マインドフルネスや瞑想について一定の知識や基本的なことが身についている方が資格取得でき、講師やマインドフルネスセラピストとして証明できる資格はこちらです。

JAAMP日本メディカル心理セラピー協会認定 マインドフルネスセラピスト

マインドフルネス瞑想や知識・効果・注意すべき点などのマインドフルネス実施方法について十分に理解していることが証明される資格です。

日本インストラクター技術協会認定 瞑想インストラクター

マインドフルネス瞑想に関する基本知識を持ち、ストレス・記憶力・集中力・免疫力などの関係についてやマインドフルネス実施の呼吸法や感情コントロール、数種類のマインドフルネス実践法などのスキルが証明できる資格です。

おすすめの資格講座

初心者でも学べる環境!|通信講座でW資格を取得!

マインドフルネスについて知識がない初心者でも資格取得可能で、マインドフルネスセラピストとして活躍できる資格講座はこちらです。

マインドフルネスW資格取得講座 凉設計アーキテクトラーニング 

通信講座で「マインドフルネスセラピスト」「瞑想インストラクター」2つの資格取得が同時に可能。自宅から最短2ヶ月で取得できます。

マインドフルネス資格取得講座 | SARA スクールジャパン

プラチナコースなら短期間で確実に資格取得が可能。課題の提出で「マインドフルネスセラピスト」「瞑想インストラクター」試験免除で資格取得を実現できます。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる