POPデザイナー認定試験口コミ評判

pop

色々な店ごとにポップというものが貼られていて、その商品の魅力が一目で伝わるようになっています。大型電化製品店はもちろん、百貨店、スーパー、家具店などでは、これらのポップがとても重要となります。それらの仕事を請け負っているのがPOPデザイナーです。実はポップ一つで消費者が購入するかどうか決まるとも言われていて、とても重要な仕事となっています。

POPデザイナーとは?

POPデザイナーは、その商品の魅力をポップで届ける仕事であり、近年は多くの方が仕事としています。例えば、海外観光客などからも人気のある大型の複合店舗などは、ポップ作りに非常に力を入れています。商品の魅力を一気に惹き出すだけではなく、その商品の魅力を簡潔に伝えることもできて、消費者としてはつい購入したくなる訳です。

見た目を派手に装飾したり、棚を工夫したり、段ボールで広告を作ったり、目を引くようなキャッチフレーズを付けたりすることで、より商品の魅力を引き出す仕事、それがPOPデザイナーです。
仕事自体は簡単とは言いませんが、遣り甲斐も大きいですし、何より商品の売り上げにも直接貢献できるので、実績にも繋がります。

ポップは一見すると誰でも作れそうなものですが、実は売るために必要な知識やスキルなどもあるのです。

POPデザイナー認定試験とは?

ポップは単なる広告としてだけではなく、すでに店の大きな戦略にも繋がっています。それらのPOPデザイナーを育てるために、専門の知識があるかどうか判断するのが認定試験です。POPデザイナー認定試験は近年重要性を増していて、デザインやキャッチコピーなどのセンスを磨く方が多くなっています。

実際に知識を付けるのはもちろん、自分のセンスを磨くことができるということで、すでに店で働いている方が試験を受けたりすることも多いです。また、これからPOPデザイナーという仕事に就こうと思っていて、勉強をしている方も多くなっています。
POP資格のPOPデザイナーはこちら
POPデザイナーの認定試験では、店頭広告やイラスト、飾り、文字、キャッチコピーなどを総合的に評価し、レイアウトや配色などもしっかり行えているのかどうか認定します。これによって、多くの方が専門のPOPデザイナーとして活躍しているのです。

POPデザイナー認定試験の口コミや評判

POPデザイナー認定試験を受けた方は、実際に充実感を感じていることも多いです。仕事にも活かすことができるということで、多くの方が試験を受けています。

・店で働いていたけれど、あまり店頭のポップ作りが上手くなかったので、思い切って本格的なPOPデザイナー認定試験を受けてみました。勉強してから売り上げも伸びるようになって、本当に試験を受けて良かったと思っています。

・単なるポップを思っていましたが、勉強してみると奥が深くて、認定試験の内容も専門的な知識が必要となるものもありました。しかし、その分自分の知識が身に付いたし、何よりこれからも成長していけるような気がしています。

おわりに

店の売り上げに直接かかわるPOPデザイナーの仕事は、認定試験もしっかり受けてやるべき仕事です。専門的な知識が必要となるし、営業力や演出力なども必要となるからこそ、的確な知識を身に着けておきたいものです。
POP広告・デザイン資格試験講座
POP広告  POP広告


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る