POP広告・デザイン資格ランキング

pop
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
さて今回は、スーパーや小売店でよく見かけるPOP!販売促進に大変役立つあのPOPにも、資格があるんですね。ショップ店員や販売員の方にとっては、スキルアップのために注目の資格です!

1位 POPデザイナー

POP広告・デザイン資格ランキング、注目の資格ランキング第1位は、“POPデザイナー”資格です!POPデザイナー資格は、JDP(日本デザインプランナー協会)が実施運営する、POPデザイナー認定試験に合格すると資格取得できます。このPOPデザイナー資格ですが、POPデザインに関する知識が一定水準を超えたと認められ、実際にデザインが出来ると証明された方に資格が授与されます。ショップなどの店頭では、多様なPOP広告があふれていますが、実際に商品やサービスの販売に直結するPOP広告を作成するには、専門的な知識や技術が必要になります。
特に業界を限定せず、小売販売の現場から様々な業界の広告宣伝など、多様な仕事に活かせるばかりでなく、講座を開き、人に知識や技術を教える講師活動も可能になるため、副業としても可能な便利な資格です!

資格はここ→POPデザイナー資格試験

2位 POPライターインストラクター

POPライターインストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する試験に合格すると取得できる資格で、広告におけるPOP広告制作についての知識や技術を持っていると認定された人に与えられる資格です。POPライターは、小売業やサービス業の現場で、色やデザイン、イラストや構成を工夫した、POP広告をつくる仕事です。どんなにいい商品やサービスでも、お客様に知ってもらえなければ販売することはできません。POPライターインストラクターになると、商品やサービスをアピールする、優れたPOP広告を作成することができるようになります。
資格を取得すると、講師として知識や技術を指導することが可能になります。幅広い活用の可能性がある資格ですね!

資格はここ→POPライターインストラクター資格試験

3位 POP広告クリエイター

公開経営指導協会が運営する、広告・デザイン資格が、POP広告クリエイターです。資格としては、小売業やサービス業の現場に従事する人が、店舗などで使用するPOP広告を作成する能力を審査する試験である、POP広告クリエイター技能審査試験に合格すると、資格が授与されます。
試験の受験資格として、目安として1年程度の実務経験があることが推奨されていますが、必ずしも必須ではなく、また、試験前には受験対策の講習会が開かれるなど、受験者にやさしい設計になっています!

4位 コトPOPマイスター検定

資格の紹介の前に、“コトPOP”ってご存知ですか?POP広告は、大きく“モノPOP”と“コトPOP”に分類されます。“モノPOP”は商品の情報を主に伝えるPOP広告で、“コトPOP”は顧客の買いたい気持ちを引き出すPOP広告と言われています。コトPOPマイスター検定は、この“コトPOP”に特化した、認定試験になります。
試験は初級・中級・上級を分かれているため、段階的に知識や技術を習得、資格取得が狙えるオススメの資格です!“コトPOP”に特化している点も、他との差別化が可能になるため、人気が出ている資格です。

POP広告・デザイン資格試験講座を習う!人気のPOP広告・デザイン資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のPOP広告・デザイン資格試験講座スクールはこちらです。

POP広告・デザイン資格試験講座
POP広告  POP広告


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る