パワーストーン鑑定士になるために必要な資格は?活躍分野・仕事内容等を解説

Pocket

女性にも人気が高いパワーストーン。

パワーストーンブレスレットなども人気ですが、パワーストーンの魅力なのか天然石のままでも、癒しの効果があるように感じます。

ここではパワーストーンの魅力をより引き出していく「パワーストーン鑑定士」について必要な資格や活躍分野・仕事内容などをご紹介いたします。

目次

パワーストーン鑑定士とはどんな職業?

はじめに、ご存知の方も多いとは思いますが、パワーストーンとはあらゆる天然石・宝石の中でも、特別な力が宿っていると言われている石のことを言います。

雑貨屋やインターネットなどで、『パワーストーン』という単語を目・耳にしたことがある方、実際に持っていたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

パワーストーンとして最もよく知られているアクセサリーといえば、パワーストーンブレスレット

その種類は様々で、オニキスやローズクォーツ、タイガーアイといった天然石・パワーストーンの名前は多岐に渡ります。

パワーストーンの愛好家の中でも、特殊な力を持つと言われるパワーストーンを身につけることで運気があがったり、行動に良い結果をもたらされると信じられています。

パワーストーン鑑定士は、石の名前も含めて多くのパワーストーンの種類を熟知し、天然石・パワーストーンが持つ意味や特徴、パワーストーンの取り扱い方や歴史、ジュエリーとの関連性などパワーストーンに関する深い知識を習得し、それによって相談者に適切な石選びのアドバイスを行います。

パワーストーン鑑定士の主な仕事とは、パワーストーン愛好家やパワーストーンに興味がある方などに対して、パワーストーンのもつ力やその人の悩み(恋愛、仕事、健康、学業、思いや願いなど)に応じて、最適なパワーストーンを選んでアドバイスをし、パワーストーンを選ぶ手助けをするといった仕事が主なものです。

また、パワーストーンを人に紹介する仕事のみに限らず、人によってはパワーストーンを使ったハンドメイドアクセサリーを作るためにパワーストーン鑑定士の資格を取るといったケースもあります。

パワーストーンは女性への人気も高く、天然石やパワーストーンが好きな方にとってパワーストーン鑑定士は魅力的な職業であると言えるでしょう。 

パワーストーン鑑定士になるには?

 パワーストーン鑑定士をするにあたり、なにか特別な資格が必要なのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。

パワーストーン鑑定士はなろうと思った場合、パワーストーンについての知識を独学で身につけて、パワーストーンショップなどを開くことも可能です。

宝石という大きなジャンルの鑑定士(宝石の鑑別や格付けなど)に携わりたいということであれば、「宝石鑑定士」を取得した方がいいという場合もあるので、自分の取得したい資格に合わせて検討してみてください。

しかし、パワーストーン鑑定士の資格のみであっても、宝石店やパワーストーン専門ショップ、ハンドメイドアクセサリー作成といったことに活かせる内容です。

そして実際にパワーストーンを購入する方やパワーストーンの知識について学びたいという、お客様の立場でも「パワーストーン鑑定士」という資格によって、安心・信頼に繋がります。

「パワーストーン鑑定士」については通信講座やスクールがあり、わからない部分は質問によって解決できるため、もし自分が行き詰った時でも安心ですね!

スクールや通信講座などは試験も含めて自宅で受けることも可能なため、現在仕事をしている方や子育てをしている方であっても比較的取り組みやすい資格となっています。

パワーストーン鑑定士の仕事内容と活躍分野

パワーストーン鑑定士の資格を取得した後は、パワーストーンショップや雑貨屋などで有利になるのはもちろんですが、パワーストーンのスペシャリストして講師活動も可能になります。

こちらでは具体的に、パワーストーン鑑定士の仕事内容や活躍分野はどのようなものがあるのかということを、ご紹介していきます。

宝石店

パワーストーンや天然石、他鉱石を取り扱うお店でもパワーストーン鑑定士の資格は活かせます。

石を輸入し販売することはもちろん、店舗だけではなくSNS上などのインターネットで魅力を伝える際、パワーストーン鑑定士の資格で得た知識を活かした、説得力のある商品の紹介が可能です。

ご購入を迷っているお客さまに対してのアドバイザーとしても頼りになることでしょう。

パワーストーン専門店

パワーストーン鑑定士の資格は、もちろんパワーストーン専門店で自身の力を発揮できます。

もちろん、自分で開業してインターネット上や店舗にてパワーストーンを販売するということも可能です。

パワーストーン一本では販売していくことも厳しい場合もあるので、時代に合わせて顧客のニーズを掴みながら販売をしていくことがパワーストーン専門店を続けていく鍵となります。

たとえばパワーストーン以外の関連するアクセサリーも販売したり、パワーストーンアクセサリーの材料キットを販売したりと進化していくことで、より集客を狙えるでしょう。

雑貨屋

最近では、パワーストーンを雑貨で販売しているお店も多くあります。

「パワーストーンだけ販売するのはちょっとなあ…」と考えている方は、雑貨屋での仕事を考えてみてもいいでしょう。

雑貨となると商品も増えるため覚えることもありますが、やりがいも多く感じることでしょう。

パワーストーン以外にも色々な商品を販売したいと考えている方にもおすすめです。

パワーストーンを使用したハンドメイドアクセサリーの販売

最近では、インターネット上で自作のアクセサリーやDIY商品等を販売する方も多くなってきました。

ハンドメイドサイトなどのインターネット上であれば、店舗の費用も掛からず、材料費や手数料など商品にかかる費用のみであるということが多いため、副業として販売している方も多いです。

技術があれば、パワーストーンを使用したハンドメイドアクセサリーを作成したあとに商品の魅力を伝えつつ販売もできるため、取得したパワーストーン鑑定士の資格も大いに活かせるでしょう。

パワーストーン鑑定士に向いている人

どのような資格であっても向き不向きはあるかと思います。

パワーストーン鑑定士に向いている方としては、以下の方が挙げられます。

パワーストーン鑑定士に向いている方

  • パワーストーンや天然石の知識を深めたいと考えている方
  • 将来的にパワーストーン・天然石の販売を行いたいと考えている方、または販売店に従事したいと考えている方
  • 人を陰ながらサポートすることが好きな方
  • 占いや神秘的なことが好きな方
  • パワーストーンを用いたハンドメイド品を作りたいと考えている方

上記のようなことに興味がある、または考えているという方にパワーストーン鑑定士は向いていると言えます。

パワーストーン販売というお仕事は一見「ただの販売」と思われるかもしれませんが、パワーストーンの魅力を伝えつつ、パワーストーンが気になっているお客さまの悩みなどに合ったものはどれか、ということをサポートすることでもあります。

占いや神秘的・スピリチュアルなことが好きな方にはもちろんのこと、人を陰ながらサポートすることが好きだという方にもおすすめの仕事と言えるでしょう。 

パワーストーン鑑定士の代表的な資格

パワーストーン鑑定士の代表的な資格については、パワーストーン鑑定士と天然石鑑定士が挙げられます。 

その他、占いに興味がある方へ向けて数秘術鑑定士についても記載しているため、パワーストーンを占いやそのサポートに使いたいと考えている方は参考にしてみてください。

パワーストーン鑑定士資格

パワーストーンを販売するにあたっては、特別な資格というのは必要ありません。 

しかし、全く知識がないよりも購入者や利用者は資格を持っている方がより安心・信頼を得られ、購入に繋げられるといったメリットがあります。 

パワーストーン鑑定士はまさしくそういったパワーストーン関連のお店を開きたい、携わりたいといった方に推奨したい資格です。 

資格を取得するにあたって、以下のことを詳しく習得する必要があります。

  • パワーストーンの歴史、種類
  • パワーストーンの浄化法や風水との関連性
  • 誕生石や悩みに合わせたパワーストーンの選び方など

上記を知識として身につけていることで、パワーストーンを販売する際や紹介する際によりわかりやすい説明が可能となります。

パワーストーンについての知識をより深めたい方やパワーストーンについて学びたい方、どちらであっても役立つ資格です。 

また、パワーストーンを選ぶ際にも役立てられるため、パワーストーンを購入しようとしている方へ最適なパワーストーンを選ぶために必要な資格と言えるでしょう。 

さらにパワーストーン鑑定士の資格を学ぶことによって、組み合わせの相性の良いパワーストーンや相性の悪いパワーストーンなどについても理解を深められるため、ハンドメイドをする方にも向いている資格といえます。 

天然石鑑定士

パワーストーンを扱う方でも取得していることの多い資格といえば、天然石鑑定士があります。 

「パワーストーン鑑定士の資格とはどう違うのか?」と思う方もいるかもしれません。

基本的には似たようなものであり、主催がパワーストーン鑑定士は日本生活支援協会(JLESA)であるのに対して、天然石鑑定士は日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催である点が異なっています。

天然石鑑定士の資格を取得するにあたって得られる知識は、以下のとおりです。

  • 天然石の種類、色、産地や硬度について
  • 浄化法や取り扱い方法そして使用についての基礎知識
  • アイリス・クラスター、ライトニングなど水晶の種類
  • 天然石の意味や効果、パワー

 など、上記についての知識を深められます。

■数秘術鑑定士&パワーストーンセラピスト(資格のキャリカレ)

パワーストーンを占い目的で資格を取得したい方であれば数秘術鑑定士の資格も取得していると、占いを行う際に役立てられます。

資格のキャリカレでは、数秘術鑑定士とパワーストーンが一緒に組み合わせられている『数秘術鑑定士&パワーストーンセラピスト』の資格取得が可能です。

数秘術鑑定士の資格取得をする際に得られる知識は以下のとおりです。

  • 数秘術の歴史や占い方について
  • カバラ数秘術・ピタゴラス数秘術などの種類について
  • それぞれの数字の意味や数秘術による鑑定法
  • 運勢のバイオリズムについて 

これらについて知識を深められます。

占いが好きで勉強したいという方や、パワーストーンの取り扱いをするにあたり知識を蓄えておきたいといった方にも向いている資格といえます。 

資格のキャリカレで受講する際の費用は、以下の表を参考にしてください。

一括費用分割費用受講最短期間
51,700円(税込)2,500円×24回2ヵ月

■風水&パワーストーンコンサルタント資格講座(formie)

パワーストーン鑑定士の資格に直接関係はしませんが、占い面でパワーストーンと一緒に取得している方が多い資格として、タロットカード占いや風水などが挙げられます。 

formieには、風水・パワーストーンの基礎知識を学びたいという方へ『風水&パワーストーンコンサルタント資格講座』があります。

古代に機嫌を持つという風水についての知識を深め、初めて学ぶという方においてもわかりやすく学べる内容となっているのが嬉しいポイントです。 

formieで学ぶ風水の資格では、下記のようなことを学べます。

  • 風水・パワーストーンの起源や基本用語
  • パワーストーンの扱い方
  • 身近な掃除や整理整頓における風水の活用術

上記などについての知識を深められます。

風水とパワーストーンについて2つの知識を深め、資格として持っておきたいという方におすすめです。

費用などは以下の表を参考にしてください。

一括費用資格取り放題プラン標準学習期間
33,000円(税込)初回2週間980円(通常3,980円/月)約1ヵ月

どの資格がおすすめなのか?

 パワーストーン鑑定士の資格を取得したい!と思っても、実際に検索してみると数多くの種類があるため、迷ってしまう方も多いと思います。

そこで、こちらではパワーストーン鑑定士を取得するにあたっておすすめの講座・資格を下記にまとめてみました。

おすすめの資格として紹介するのは次の2つの講座です。

  • JFTA日本占い士協会の「パワーストーン鑑定士」
  • JAAMP日本メディカル心理セラピー協会の「天然石鑑定士」 

資格取得の際はぜひ参考にしてみてください。

1.『パワーストーン鑑定士』JFTA日本占い師協会

パワーストーンについての基礎知識(歴史や種類・プログラミング方法、ジュエリーとの関係性、ガーネットやアメシストなどの誕生石の種類、意味や効果など)の知識を有している方に認定される資格です。

パワーストーン鑑定士を取得した後に活かせる職業としては、パワーストーン販売店や宝石店、ハンドメイドアクセサリー販売などが挙げられます。 

講座の受講は自宅で学べるため、空いた時間を使っての受講が可能です。 

他の仕事をしている方はもちろん、自宅で子育てをしながら気軽に受講・試験を受けられるということも魅力の一つと言えるでしょう。

2. 『天然石鑑定士』:JAAMP日本メディカル心理セラピー協会

天然石の産地や種類、色、取り扱い方法や浄化法・使用法といった知識、さらにはアイリスやクラスター・ライトニングなどの水晶の種類、パワーストーンの選び方や形の意味といった様々な知識を習得している方に認定される資格です。 

天然石としての性質だけではなく、パワーストーンの持っている力を理解し恋愛や仕事・人間関係や金運などの想い・願い・悩み等に対して、パワーストーンを使用してサポートができる能力を持つ方に認定されます。 

資格の取得後は宝石店や天然石(パワーストーン)販売ショップ、宝石店などの他、パワーストーンを使った開運アイテムや効果的な使い方などをレクチャーするセラピストや講師としての活動も可能です。

おすすめの資格講座はどのようなものがある? 

「資格の講座を受けるといっても、講座が多くありどの講座を受ければいいのか迷う…」と悩んでいる方へ向けて、パワーストーン鑑定士を取得するにあたりおすすめの資格講座をまとめてみました。 

悩んだ際にはぜひ参考にしてみてください。 

パワーストーン鑑定士W資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

パワーストーン鑑定士と天然石鑑定士の同時取得を目指すのであれば、諒設計アーキテクトラーニングでのパワーストーン資格講座はおすすめです。 

諒設計アーキテクトラーニングスクールの通信講座のわかりやすさと品質評価、資格取得者が選ぶ通信講座1位を2年連続3冠達成しており、人気が高く支持されている資格とも言えます。 

パワーストーン鑑定士を取得したいと考えているのであれば、天然石鑑定士を一緒に取得するのがハンドメイドアクセサリーを作るにしてもパワーストーンショップを経営するにしても持っていた方がいい資格です。

短期集中で頑張れば最短2ヵ月、初心者では約6ヵ月無理なく学習できるのも諒設計アーキテクトラーニングの魅力の一つと言えるでしょう。

コース受講料添削
基本講座59,800円5回
スペシャル講座79,800円5回+卒業課題1回

 パワーストーン資格取得講座 通信講座SARAスクールジャパン

初心者の方でもわかりやすくパワーストーンについての知識を身につけたいのであれば、通信講座SARAスクールジャパンの パワーストーン資格取得講座 があります。 

日本占い師協会(JFTA)、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)からも認定を受けている講座でこれから学習をする方でも安心して講座を受講できそうです。 

また、こちらも学習期間については2資格(パワーストーン・天然石鑑定士)を最短2ヵ月で取得できます。

初心者の方は6ヶ月間くらいでの資格取得を目指しましょう。 

顧客満足度・対応満足度・女性が選ぶ通信講座で1位を取得したという実績もありますため、女性で資格取得を考えているという方は通信講座SARAを検討してみるのもいいかもしれません。

プラチナコースであれば卒業課題を1回行うことで卒業時に試験免除で資格の取得が可能です!

忙しく時間がない方や、すぐに資格を取得したいという方はプラチナコースでの資格取得がおすすめです。

コース受講料添削
基本コース59,800円5回
プラチナコース79,800円5回+卒業課題1回

他の資格取得サイトと異なる点はあるのか?

パワーストーン鑑定士は他のサイトでも取得可能です。

『諒設計アーキテクトラーニング』と『通信講座SARA』については、他資格取得サイトと比べてメリットがある点があります。

それは、卒業課題がある(講座を終えることで資格取得ができる)という点です。

通常であれば、基本講座+試験を受けることがパワーストーン鑑定士の資格取得の条件ですが、スペシャル講座にて受講すると、試験免除でパワーストーン鑑定士の資格を取得できます。

そのため、忙しい方にもおすすめの資格と言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる