姿勢コーディネーターになるには?必要な資格や仕事内容を解説

Pocket

顔のゆがみや心のバランスを改善に導く効果があるとして注目されている「姿勢コーディネーター」

ボディケア系の資格の中でも資格取得を目指す女性が増えています。

この記事では、姿勢コーディネーターになるために必要な資格、仕事内容について解説していきます。

目次

姿勢コーディネーターとは

「姿勢コーディネーター」とは、その名の通り、姿勢をコーディネートする仕事を指します。

私達人間の体は、「足を組む」「片手でばかり荷物を持つ」「頬杖をつく」など、些細な日常生活の動作により歪みが生じます。

その結果、姿勢が悪くなり、「胃腸機能の低下」「頭痛・肩こりが悪化する」など体の不調を感じやすくなります。

また、「顔がゆがむ」「だらしなく見える」「覇気がないように見える」といった見た目の変化にも影響を及ぼすため、美容の観点からも悪い姿勢でいることは望ましくありません。

そのような状態から美しい姿勢へと改善するお手伝いをするのが姿勢コーディネーターです。

姿勢コーディネーターとして活躍するためには、美しい姿勢を保つために必要な技術や知識を学ぶことが必須になります。

姿勢コーディネーターになるには

整体師など整体・ボディケア系の職業を目指す場合、最低でも2年間は専門学校で学ぶ必要がありますが、姿勢コーディネーターなら、専門学校へ進学する必要はありません。

在宅での学習で資格取得が目指せるため、美容に関心が高い方だけではなく、「通学する時間が確保できない」「経済的に進学する余裕がない」という方にも目指しやすい職業と言えるでしょう。

姿勢コーディネーターになるためには、次のいずれかの方法で資格取得を目指します。

セミナーを受講する

「座学だけではなく、実践も行いたい!」という方には、セミナーを受講する方法がおすすめです。

セミナーは数回に分けて実施され、座学と実践でカリキュラムが編成されており、主に次の内容について学んでいきます。

  • 姿勢のメリット・デメリット
  • 姿勢が引き起こす症状
  • 専門的な姿勢のチェック方法
  • 姿勢とメンタルヘルスの関係性について
  • ストレッチ
  • エクササイズ

「直接指導を受けないと、独学ではやる気が起きない」という方にも、セミナー受講はおすすめです。

ただし、人気がある講座の場合、予約を取ることが難しく、数ヶ月待ちになるケースもあります。「今すぐにでも姿勢コーディネーターの資格取得を目指したい」という方には不向きでしょう。

通信講座を受講する

姿勢に関する資格は通信講座でも受講可能です。「マイペースに学習したい」「在宅で学べる講座を探している」という方には通信講座が適しているでしょう。

通信講座では座学がメインにはなりますが、次のような実践でも活用できる知識について習得可能な内容です。

  • 良い姿勢を保つためのストレッチ法
  • ヨガの知識
  • 良い立ち方
  • 良い座り方
  • 良い歩き方

姿勢コーディネーターとして活かせる知識だけではなく、自身の日常生活においても役立てられる知識を習得できるため、いつまでも若々しくいたい方にもおすすめです。

姿勢コーディネーターの仕事内容と活躍分野

では、姿勢に関する資格取得後は、どのような分野で活躍できるのでしょうか。姿勢コーディネーターの仕事内容と活躍分野について紹介していきます。

姿勢コーディネーターの仕事内容

正しい姿勢を保つためのサポートが、姿勢コーディネーターの主な仕事内容になります。

近年、姿勢について関心が高まっていることが影響してか、活躍の場は広がっており、姿勢が悪さに悩んでいる方だけではなく、モデルやCAなど美しい姿勢を保つことが求められる方への指導も行います。

また、姿勢は自律神経にも大きく影響していることから、メンタルヘルスの一環として姿勢に関するアドバイスを行うケースもあります。

様々な場面に適応できる姿勢コーディネーターとして活躍するためにも、ストレッチや効果があるヨガなど実践的なことだけではなく、姿勢がもたらす内面への影響など幅広い知識を有していることが望ましいでしょう。

姿勢コーディネーターの活躍分野

姿勢コーディネーターの資格取得後は、次のような働き方が可能です。

  • 講師として働く
  • 自宅で開業する
  • トレーナーとしてジムやフィットネスクラブで働く
  • カルチャースクールの講師として働く

それぞれの詳細について見ていきましょう。

講師として働く

主に美容に関する企業や接客業関連の企業で、姿勢にまつわる講座を実施している企業が増えています。

そのため、姿勢コーディネーターの資格取得後は、講師としての指導も可能です。

「人に何かを教えることが好き」「大勢の方をサポートしたい」という方は、講師が適しているでしょう。

また、近年、企業だけではなく学校現場でも講師として招かれるケースも増えています。自身が身につけた知識を活かし、老若男女関係なくサポートできるというのは、やりがいを感じられるでしょう。

ただし、講師として働く際には、ある程度の経歴と知名度が求められます。姿勢コーディネーター初心者の方は、まず経験を積むことからはじめる必要があります。

自宅で開業する

姿勢コーディネーターの資格取得後は、自宅でサロンを開業することも可能です。

「自分のペースで働きたい」という方には、自宅での開業がおすすめです。小スペースでできる上に、設備が不要のため、すぐにでも開業できます。

初期投資が少額で済むという点も、自宅で開業する上でのメリットと言えるでしょう。

また、良い姿勢を保つためのストレッチやヨガなど、実践的な動作を行うサロンをオンライン上で開講すると、さらに効率よく集客が望めます。

「自分が好きな方法で活動していきたい」という方にも、自宅での開業はおすすめです。

トレーナーとしてジムやフィットネスクラブで働く

健康と美容のため、ジムやフィットネスクラブを利用する人が増えた昨今、女性をターゲットにしたサービスを展開しているジムが増えています。

姿勢コーディネーターの資格取得後は、トレーナーとしてジムやフィットネスクラブで働くことも可能です。

「安定した収入がほしい」「体を動かすことが好き」という方には、トレーナーが向いてるでしょう。

ただし、ジムやフィットネスクラブの場合、姿勢コーディネーターとしての業務だけとは限りません。

ジムやフィットネスの清掃、お客様のカルテ作成、機器の整備など多岐に渡る業務を任せられる可能性があります。

また、シフト制を導入しているケースがほとんどのため、自分の好きなペースで働けないといったデメリットもあります。

カルチャースクールの講師として働く

姿勢コーディネーターの資格取得後は、地域の公民館などで実施されるカルチャースクールでの講師として働くことも可能です。

「スキマ時間で姿勢コーディネーターの資格を活かしたい」「地域の方とふれあいたい」という方には、カルチャースクールの講師として働く方法がおすすめです。

ただし、カルチャースクールの講師として活動する場合は不定期となるため、安定した収入は見込めません。

副業として姿勢コーディネーターの資格を活かしたい方に適した働き方と言えるでしょう。

姿勢コーディネーターに向いている人

「姿勢コーディネーターの資格を取得するのはいいけど、果たして自分に適しているのだろうか」と不安を抱えている方もいるでしょう。

姿勢コーディネーターに向いている人、向いていない人の特徴についてまとめました。

姿勢コーディネーターに向いている人

姿勢コーディネーターには次のような方が適しています。

  • 研究熱心な方
  • 男女関係なくフレンドリーに接することができる方
  • ボディケアに関心が高い方
  • 「お客様のニーズに応えたい」という意志が強い方

姿勢コーディネーターは、男女関係なく多くの方を指導する職業です。時には、お客様の体に触れ、姿勢が悪くなっている原因を探ることもあります。

異性と接することに抵抗がなく、フレンドリーに接する方は姿勢コーディネーターに向いているでしょう。

また、お客様の体の特徴を瞬時に掴み、姿勢が良くなるためにはどのような方法がベストなのか判断することが求められます。

そのためには、体のつくりについて熟知し、パターンを見極めることが大切です。研究熱心な方、ボディケアに関心が高い方も姿勢コーディネーターに向いているでしょう。

そして、何よりも「お客様のニーズに応えたい」という気持ちを持つことこそが、姿勢コーディネーターとして成功する秘訣です。

「姿勢を良くしたい」と思う動機は、見た目を良くするためだけではなく、内蔵機能の低下、メンタルヘルスの改善など様々なパターンが存在しています。

姿勢コーディネーターに向いていない人

姿勢コーディネーターに向いていない人の特徴は次のとおりです。

  • 向上心が欠ける方
  • 不特定多数とコミュニケーションを取ることが苦手な方

姿勢コーディネーターにとって、お客様とコミュニケーションを図ることは必須となります。

不特定多数とコミュニケーションを取ることが苦手な方は、姿勢コーディネーターとして活躍するのは難しいでしょう。

また、ボディケア系の資格は常に進化しているため、新しい情報を習得する必要があります。

努力を苦手とし、向上心が欠ける方には姿勢コーディネーターは向いていないでしょう。

姿勢コーディネーターの代表的な資格

姿勢コーディネーターとして活躍するためには、良い姿勢を保つ方法や体の各部位をもとの位置に戻す方法だけではなく、姿勢がもたらすメンタルへの影響など内面的なことも学ぶことも求められます。

姿勢コーディネーターとして活躍するために必要な知識を習得できる代表的な資格にはどのようなものがあるのか一部紹介していきます。

姿勢コーディネーター資格

日本生活環境支援協会が実施する資格「姿勢コーディネーター資格」では、姿勢コーディネーターとしての基礎的な知識を習得できます。

通信講座でも受講できるため、「スキマ時間で資格取得を目指したい」という方におすすめしたい資格の1つです。

姿勢コーディネーター資格では、次の内容について学習します。

  • 姿勢と心の関係
  • 美姿勢と顔のゆがみの関係
  • 美姿勢と良いスタイルの関係
  • 姿勢と女性ホルモンのバランス・月経・妊娠出産・更年期障害との関係

主に女性をターゲットにした内容となっているため、ジムやフィットネスクラブなど不特定多数の方を対象とする場所で活躍したいと考えている方は、姿勢に関する他の資格も取得しておいたほうが良さそうです。

体幹コーディネーター資格

日本インストラクター技術協会が実施する資格「体幹コーディネーター資格」では、正しい姿勢になるために必要な知識を習得できます。

この資格は、姿勢コーディネーターとして「ジムやフィットネスクラブなどで働きたい」と考えている方におすすめです。

体幹コーディネーター資格では、次の内容について学習します。

  • 猫背の悪影響や骨盤と姿勢の関係
  • ダイエットと姿勢の関係
  • 悪い姿勢を正すストレッチ
  • 良い姿勢を保つストレッチ
  • ヨガの知識
  • 良い立ち方・座り方・歩き方

主に、姿勢を正す方法について学び、姿勢が及ぼすメンタルへの影響といった心と姿勢にまつわる内容については学習しません。

姿勢コーディネーターとして様々なシーンで活躍したい方は、この資格にプラスαの知識として姿勢がもたらす内面への影響についても知識を深めることをおすすめします。

姿勢改善アドバイザー資格

日本能力開発推進協会(JADP)主催の民間資格「姿勢改善アドバイザー資格」は、正しい姿勢へ調整することだけではなく、美しい所作を指導することを目的としています。

そのため、講師を目指している方、自宅での開業を目指している方にこの資格はおすすめです。

姿勢改善アドバイザー資格では、以下の内容について学習します。

  • 骨格や筋肉の構造
  • 正しい姿勢と姿勢改善のためのチェック方法
  • 姿勢改善のための調整方法
  • 姿勢改善のためのトレーニング方法
  • トリートメントケア

この資格では、骨格や筋肉の構造について学ぶため、体のつくりについて知識を高められるだけではなく、効率よく姿勢が改善する方法を習得できます。

また、技能試験の審査対象となっているため、実践的な知識も習得できるといった特徴もあります。資格取得後には、姿勢コーディネーターとしての自信を手に入れられるでしょう。

姿勢矯正インストラクター資格

株式会社Body Tone New York日本会社が実施するセミナーを受講することで取得可能な資格「姿勢矯正インストラクター資格」も、姿勢コーディネーターとしての知識を取得できます。

この資格では、インストラクターとして活躍するためのノウハウについても学ぶため、自分でサロンを開業したい方におすすめです。

以下内容について学んでいきます。

  • 良い姿勢が与える影響
  • 良い姿勢になるための方法
  • 良い姿勢になるためのストレッチ法
  • インストラクターとして成功するとは?
  • インストラクターとしての心得

受講内容は大変魅力的ですが、セミナーを受けなくてはいけないというデメリットがあります。マイペースに学びたい方には、通信講座で学習可能な資格が適しているでしょう。

どの資格がおすすめか

姿勢に関する資格が多数あることが分かりましたが、「実際のところ、どの資格をお取得すれば姿勢コーディネーターとして基礎知識を習得できるの?」と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方には、通信講座でも学べる次の2つの資格取得がおすすめです。

姿勢コーディネーター資格

姿勢コーディネーターを目指すのであれば、姿勢に関する基礎知識を学べる「姿勢コーディネーター資格」がおすすめです。

この資格は、受験資格は特になく、学歴、経歴関係なくどなたでも受験可能です。

また、在宅受験となるため、「試験会場へ出向くのが億劫」と感じる方でも安心して受けられます。

2カ月に1回のペースで試験が実施されているため、好きなタイミングで試験に望めるという点も嬉しいですよね。

 体幹コーディネーター資格

筋肉や骨格について知ることは、姿勢を整える上で重要です

姿勢コーディネーターとしての活躍を目指している方は、体幹コーディネーター資格の取得も目指しましょう。

体幹コーディネーター資格では、ストレッチなど実践的なことも習得するため、得た知識は姿勢コーディネーターとして強みとして活かせます。

姿勢コーディネーター同様、在宅受験が可能。2カ月に1回のペースで試験を実施しているため、無理なく学習が進められるでしょう。

おすすめ資格講座

お仕事や育児で忙しい方、効率よく学習を進めたい方には、「諒設計アーキテクトラーニング」、「SARAスクールジャパン」どちらかの通信講座がおすすめです。

姿勢コーディネーターW資格取得講座

「諒設計アーキテクトラーニング」なら、1日30分程度の学習で体幹コーディネーター資格取得が目指せます。

プロの講師が監修した分かりやすいテキストでの学習となるため、楽しみながら学べるでしょう。

また、姿勢コーディネーター資格とW受講することにより、試験が免除となる上に、最短2ヶ月で2資格の取得が実現します。

姿勢資格取得講座

「SARAスクールジャパン」の「プラチナコース」も姿勢コーディネーター資格と同時進行で学習が進められるため、可能な限り早く姿勢コーディネーターに関する資格を取得したい方におすすめです。

努力次第では最短1カ月での資格取得も可能。検定試験が免除となるため、不合格を心配する必要はありません。確実に資格を取得したいにも「SARAスクールジャパン」の「プラチナコース」はおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる