スポーツフードマイスターはアスリートにとって重要!おすすめの資格や仕事内容を解説

Pocket

スポーツフードマイスターの知識は、アスリートに必要な栄養素に深くかかわるため、スポーツに携わる方は知っておきたい内容が非常に多いです。

スポーツフードマイスターの知識を活かせる仕事やおすすめの資格を紹介します。

目次

スポーツフードマイスターとはどんなことをする?

子育てにも役立つスキル?食事で選手を支える人たち!

アスリートがスポーツの第一線で活躍するためには、資本となる身体を高いレベルで維持しないといけません。

そのためには、日々のトレーニングや練習はもちろん必要ですが、食事も非常に重要な要素であることは間違いありません。

スポーツフードマイスターとは、食からアスリートを支えることを目的とした立場の人を指します。

スポーツの種類によって、筋肉の使い方や適切な体重には違いがあります。スポーツフードマイスターは、そのようなスポーツの種類ごとに適した食事を選択する能力を持っています。

スポーツフードマイスターを専業の仕事としている人はあまり多くありません。トレーナーなど他のメインの仕事の補助的な知識として活用するケースが多い能力とされています。

スポーツフードマイスターの知識を利用するのは、それを仕事して活用する方だけではありません。

アスリートの方を支える家族の方が料理をする際に参考にすることも非常に多く、あるいはアスリート本人が自身のパフォーマンスを高めるために活用するケースも非常に多いです。

 

実際に、スポーツフードマイスターの知識を取り入れてアスリートの家族を支えている家族の方が大勢います。

例えば、メジャーリーグベースボール選手の前田健太選手の妻の早穂さんもスポーツフードマイスターの知識を取り入れて夫の支援を食の面から行っています。

他にも、サッカー選手の長谷部誠選手など、事例はいくつもあります。プロのアスリートを食生活から支える家族がスポーツフードマイスターの知識を活用するケースが非常に多いです。

第一線で活躍する選手にとって、食生活は資本である身体に直接的に影響を与える非常に重要な要素です。

また、最近ではアスリートだけでなく、一般家庭においてもスポーツフードマイスターの知識を取り入れているケースも増えてきています。

例えば、自分の子供を健康で強く育てたいと願う両親が、スポーツフードマイスターの知識を導入して日々の食生活を改善していく事例も多く見られます。

 

スポーツフードマイスターの知識は、第一線のアスリートの方々はもちろんのこと、一般家庭にも価値のある内容として認知されるようになってきました。

スポーツフードマイスターの知識を役立てるには

どんな時に役に立つ?正しい知識で食事のサポート!

前述のように、スポーツフードマイスターを専門として仕事に従事する方はあまり多くありません。

アスリートを補佐する立場の人がスポーツフードマイスターの知識を活かして、本来の役割に加えて食事の面からもアスリートを補佐するという形が多いです。

スポーツフードマイスターとして活躍するために必要となる資格も、必須のものはありません。スポーツフードマイスターに関連する国家資格もありません

しかし、プロスポーツプレイヤーや現役の最前線で活躍するトップアスリートの方の場合は、独学よりもスポーツフードマイスターの資格を学ぶ中で得られる知識を活かすことをおすすめします。

独学で食について学んだ結果、誤った栄養価の食事を用意した結果、アスリートの体に逆に悪い作用を及ぼしてしまう可能性もあります。

また、トップアスリートに関わる人でなくても、例えば養う子供を支える両親の場合でも、スポーツフードマイスターの資格を得て、発達に高い効果をもたらす食事を提供しようとする方も多いです。

スポーツフードマイスターの仕事内容と活躍分野

栄養のプロにもおすすめの資格!アスリート専属の栄養士もあり!

スポーツフードマイスターの能力を活かせる立場の方とは、どんな方でしょうか。

スポーツフードマイスターの資格を取得して、その知識を活かせる立場として、代表的な事例を以下に6つ紹介します。

  • アスリート本人とその家族
  • 栄養士
  • トレーナー
  • マネージャー
  • 子供を育てる両親
  • 執筆活動・アドバイザー

アスリート本人とその家族

スポーツフードマイスターの知識は、アスリートの方に最適です。

パフォーマンスを最大に高めるために、食生活から改善することは必要不可欠です。

また、アスリートの方の家族がスポーツフードマイスターの資格を得てサポートする形も非常に多いです。

男性アスリートの妻が資格の勉強をして夫を支えるという形が典型例でしょう。

 

スポーツフードマイスターとして表立って活躍するというものではありませんが、まさに内助の功と言える、最大のサポーターとなれる能力を身に着けられます。

栄養士

栄養士とは、食事の栄養にかかわるプロで、病院や診療所に勤務して入院患者の食事構成を決定し調理に携わるケースが多い職業です。

栄養士の資格を得る中で獲得する知識は、食生活の栄養に関して広範囲で総合的な内容です。

これに加え、スポーツフードマイスターについての知識を獲得することで、アスリートの栄養摂取におけるサポートは万全になります。

プロスポーツチームに栄養士として所属し、選手の食生活を支える方もいます。

 

また、個人的にあるいはチームからの要請を受けて、アスリートに対する栄養指導をスポットで実施するケースもあり、活躍の幅は大いに広がるでしょう。

トレーナー

トレーナーとは、特定のアスリートと専属契約を交わし、あるいはプロスポーツチームと契約をして、選手の健康面の全面的なサポートをする立場の仕事です。

トレーナーのメインの仕事は、アスリートのトレーニングのメニューを構成したり、運動後のストレッチなどメンテナンスをすることなどです。

これに、スポーツフードマイスターの知識を活かし、食生活の面でもサポートする形をとるトレーナーが増えてきています。

トレーニングのメニューと食生活のバランスは、非常に密接な関係にあります。

 

トレーニングの成果を最大限に高める食事を摂取することで、アスリートの身体に最もよい成果をもたらします。

マネージャー

スポーツチームにおけるマネージャーとは、所属するチームの総合的なサポートをする立場の仕事です。

チームの経理面の仕事をしたり、遠征時のホテルの手配や移動手段の確保をするのも業務の範囲です。

本番での競技状況の撮影及び分析、反省の材料をわかりやすく提供することも重要な仕事ですし、本番以外にも普段の練習メニューを考え、練習成果の記録をするのも大切な仕事です。

練習メニューを考えるとともに、その練習内容と相性の良い食事を提供することで、競技に適した身体作りを効果的に進められるでしょう。

チームを支えるマネージャーの方がスポーツフードマイスターの資格を活かして食事のメニューを考えるケースも増えてきています。

 

マネージャーと大変相性の良い能力といえるでしょう。

子供を育てる両親

スポーツフードマイスターの知識は、トップアスリートだけに有効であることはありません。

通常に生活を送っている家庭でも十分に効果を発揮します。

スポーツフードマイスターの知識を得る中では、年齢別・職業別・タイミング別に適した食事がどんなものかを基礎から学ぶことが可能です。

そのため、一般家庭で子供の身体を効果的に育てるために、両親がスポーツフードマイスターの知識を導入するケースも多いです。

特に子供が学校の部活動やスポーツチームに所属している場合、食生活を改善することでパフォーマンスを最大限に高めるためのサポートとなります。

 

家族を食の面から支えたいと希望する両親にとって、スポーツフードマイスターの知識は非常に効果があります。

執筆活動・アドバイザー

直接的にアスリートやスポーツに携わる人のサポートとして関わらなくても、スポーツフードマイスターの知識を活用できる場面はあります。

例えば、スポーツ向けの食生活についてまとめた書籍を出版するなど、執筆活動に知識を活かすケースが考えられます。

有名なアスリートのサポートを経験した方の場合は、その経験を踏まえながらスポーツに適した食生活について執筆することは、読み手にとって大いに参考になるでしょう。

また、スポーツチームの要請により、講演会を開催するなどアドバイザーとして活躍するケースも考えられます。

スポーツフードマイスターの知識を活かして、競技ごとに適した献立の事例を紹介するような講演を行うケースがあります。

 

フリーランスとしてスポーツフードマイスターの知識を活用する事例は多く見られます。活用の範囲が広い知識といえるでしょう。

スポーツフードマイスターに向いている性格とは?

どんな人におすすめ?人を支えることが人向き!

スポーツフードマイスターとして活躍するのに向いている性格とはどんなものでしょうか。

スポーツフードマイスターが担当するのは、人間の基礎となる食べ物であり、責任のある仕事です。

アスリートのパフォーマンスに深くかかわる部分となるため、スポーツフードマイスターとして適性のある人のほうが信頼され、成果を上げられます

スポーツフードマイスターに向いている、適性のある性格といえば、以下の4項目があげられます。

  • サポートするのが好き
  • 何事も理解したい性格
  • 年齢を重ねても運動をしていきたい人
  • 家族の健康を願う人

サポートするのが好き

スポーツフードマイスターは、アスリートや家族などを食の面からサポートする仕事をこなします。

もともと他人をサポートするのが好きな方のほうが、やりがいを持って臨める立場であるといえます。

自分が第一線で活躍するのではなく、自分の支える人が活躍するのを心底応援できる方のほうが、スポーツフードマイスターとして適性があります。

そのため、スポーツフードマイスターの知識は、もともとサポートを生業とするトレーナーと合わせて取り入れて、すべての面からアスリートをサポートしたいと考えるのがぴったりです。

何事も理解したい性格

スポーツフードマイスターとして活躍するためには、どんな細部のことにもこだわって、適切に理解をしたうえで食材選びや献立選びをする必要があります。

そのため、妥協することなくこだわりを持って取り組める根気のある人のほうがスポーツフードマイスターに適しています。

特にトップアスリートの場合は、ドーピングの問題もあり、食材を一つ間違えることで取り返しのつかないトラブルに見舞われる危険もあります。

アスリートのパフォーマンスを高めるのはもちろんですが、食材の特徴や欠点もすべて詳細まで理解したいと思える性格が必要です。

年齢を重ねても運動をしていきたい人

どんな方でも年齢を重ねると身体能力は落ちてきます。それでもスポーツを楽しみたいと考えるのなら、身体の衰えを抑えつつ、運動するに足る身体を維持することが重要です。

高齢でもスポーツを楽しめるようにするためには、食生活に気を付けるべきです。

栄養バランスを考え、運動できる筋力を維持するために、摂取する栄養素にはこだわりをもたないといけません。

スポーツフードマイスターの知識を活かすことで、高齢になってもしっかりと運動を楽しめるような、健康な身体を維持するための献立作りや食材選びが可能です。

家族の健康を願う人

自分の家族には健康でいてもらいたいと願う人には、スポーツフードマイスターの知識は非常におすすめです。

特に専業主婦として毎日家族に料理を用意している人が、スポーツフードマイスターの知識を取り入れて献立作りに打ち込むことで、その家族は健康でいられることはもちろん、運動能力を最大限に発揮できる基礎的な身体が出来上がることになります。

最近では、アスリートの家族に限らず、俳優の妻がスポーツフードマイスターの資格を取得して夫の芸能活動を支えている事例もあります。

スポーツフードマイスターの知識は、アスリートに限ったものではなくあらゆる生活層の方に利用されるべき、また実際に利用されているものです。

スポーツフードマイスターの代表的な資格

どんな資格があるの?代表的な資格を3つご紹介!

スポーツフードマイスターに関する国家資格はありませんが、民間の資格は数種類あります。

食事のことを知るうえで、資格を取得する必要は必ずしもありませんが、資格取得における学習により、まんべんなくかつ効率よく知識を習得できるのでおすすめです。

スポーツフードマイスターとして活躍するうえで取得をおすすめする資格といえば、以下の3種類が代表例として挙げられます。

  • スポーツフードマイスター資格
  • アスリート栄養食インストラクター
  • スポーツフードアドバイザー

スポーツフードマイスター資格

スポーツフードマイスター資格は、日本安全食料料理協会(略称JSFCA)が提供する民間資格です。

各栄養素の働きや効能、筋肉や脳を動かすエネルギー源の仕組み、バランスのとれた献立の構成方法などを学びます。

運動量別・競技別・年齢別・性別ごとに適切な栄養素及び献立の作り方を学習できるので、すぐに実践で利用できる知識が得られます。

 

スポーツフードマイスター資格は、日本安全食料料理協会が定期的に実施する試験に合格することで得られます。

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは、日本インストラクター技術協会が提供する民間資格です。定期的に開催される資格試験に合格することで認定されます。

持久力アップを主眼に置いた食事、筋力の向上を目的にした食事など、目的別の栄養素の摂り方と献立作りを学べます。

 

また、通常の食事だけでなく、近年注目されているサプリメントの活用方法も同時に学べる資格になっています。

スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは、日本能力開発推進協会という団体が主催する民間資格です。

競技ごとに鍛えるべき筋肉の箇所及びそれを伸ばすために、おすすめの献立とはどんなものか学べます。

また、プロなどトップアスリートに関する食事だけでなく、子供の年代の食生活に関する知識も得られる点は大きな魅力です。

 

子育て世代に属する社会人の多くが取得を目指す、人気の資格になっています。

どの資格がおすすめか

短期間で効率よく資格取得しよう!オススメの通信講座をご紹介!

スポーツフードマイスターとして活躍するためにおすすめの資格といえば、以下の2つがあげられます。

  • スポーツフードマイスター資格
  • アスリート栄養食インストラクター

これら2つの資格は、各団体が実施する筆記試験に合格することで獲得できます。

効率よくかつ効果的に資格取得を目指せる講座があるので、紹介します。

  • 諒設計アーキテクトラーニング
  • SARAスクール

諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングが提供する講座は、スポーツフードマイスターW資格取得講座といいます。スポーツフードマイスター資格アスリート栄養食インストラクターの2つの資格を同時に目指せる講座です。

通信講座の形式であり、自宅に届く教材をこなすだけで資格取得を達成できます。通常は6ヶ月で、最短2ヶ月で完了する日程でカリキュラムが組まれています。

講座には2種類あり、通常講座とスペシャル講座が用意されていますが、断然スペシャル講座がおすすめです。

<講座の種類>

講座種類受講料特徴
通常講座59,800円(税込)
スペシャル講座79,800円(税込)卒業と同時に無試験で資格取得となる

費用は2万円プラスとなりますが、課題をこなして卒業する際に、無試験で2つの資格を獲得できます。

受験料はそれぞれ1万円であり、実質の負担は同じなので、スムーズな資格取得を目指すならスペシャル講座を選択しましょう。

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンはたくさんの資格用講座を提供している専門学校です。

SARAスクールジャパンの講座でも、スポーツフードマイスター資格とアスリート栄養食インストラクターの2つの資格を同時に目指せます。

完全通信講座の形式で学習が進められるので、自宅にいながら資格取得を目指せます。

SARAスクールでは2種類の講座が用意されています。基本コースとプラチナコースですが、プラチナコースのほうがおすすめです。

<講座の種類>

講座種類受講料特徴
基本コース59,800円(税込)
プラチナコース79,800円(税込)卒業と同時に無試験で資格取得となる

受講料は2万円高くなりますが、卒業と同時に試験を受けることなく2つの資格を取得できます。

試験の受験料を考えると、費用負担は全く同じなので、スムーズに資格取得が達成できるプラチナコースをおすすめします。

アスリートのサポートにもってこいの能力

スポーツフードマイスターの知識は、トップアスリートの方々が最大限のパフォーマンスを競技で発揮するための基礎となる大事な内容です。

  • アスリートの家族
  • トレーナー
  • マネージャー

以上の方などが活用すると、非常に大きな効果を発揮します。

スポーツフードマイスターとして活躍するために推奨される資格は以下の2つです。

  • スポーツフードマイスター資格
  • アスリート栄養食インストラクター
 

効率よく取得できる講座も用意されているので、資格取得を達成してスポーツフードマイスターの役割をしっかりとこなしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる