タロットカード占い師に資格は必要?仕事内容と併せて解説

Pocket

タロットカードは書店でも取り扱いがあることから趣味として始める方が多く、仕事に活かしたいと考える方が増えています。

しかし、実際のタロットカード占い師はどのように活躍しているのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

当記事では、タロットカード占い師の仕事内容と、必要な資格についてまとめています。

目次

タロットカード占い師とは、人生の道しるべを伝える仕事

タロットカード占い師とは、人生の道しるべを伝える仕事

不思議と質問や悩みの答えを導いてくれるタロットカード占い。

その神秘なカードの雰囲気に魅了される方が多く、数ある占いの中でも人気があります。

場に展開されたタロットカードから意味を読み解き、どんなメッセージを伝えてくれるのかを解釈する人、または言葉で伝えられる人がタロットカード占い師です。

悩みがある時は、より良い答えを求めて時間ばかり過ぎてしまうことがありますが、そのようなときこそタロットカード占いで答えを求めてみましょう。

答えが導き出され思考もスッキリするため、無駄な時間をすごすこともありません。

一度身に着けると実生活のあらゆる面で利用できるほか、カードの理解が深くなることによって人の悩みも解決へ導けるようになり、職業としても活躍できます。

タロットカードとは?

タロットカードは、メッセージ性が強い「大アルカナ」22枚と、「小アルカナ」56枚の計78枚のカードで構成されています。

大アルカナ・「恋人」「太陽」「死神」など、重要なメッセージを持つ
・0~21の数字が割り当てられている
小アルカナ・「棒」「金貨」「剣」「聖杯」の4つのジャンルに分かれている
・1~10の数字が割り当てられている
・1~10の数字以外に、コートカードと呼ばれる「ペイジ」「ナイト」「クイーン」「キング」の4枚がある

1セットのことを、「デッキ」と呼び、近年では書店やオンラインショップで購入できることから、身近な占いとして楽しめるようになりました。

カードの絵柄は、大まかにポジティブなカードとネガティブなカードの2つに分かれおり、それぞれに意味やメッセージが込められています。

タロットカード占い師とは、カードからのメッセージを解釈するエキスパートです。そのためには1枚1枚のカードの意味を把握しておくことが、最低限のスキルなのです。

タロット占い師になると、こんなことができる

タロットカード占いでは、転職や結婚など人生に大きく影響することだけでなく、日常的なことも占えます。

たとえば、「AとB、どちらを購入しようか迷っている」などの場合にも、展開されたタロットカードをヒントに選択できるのです。

タロットカード占いで出来ること一例

  • 転職について知りたい
  • 考え方を整理したい
  • 自分の本当の気持ちを知りたい
  • 相手の気持ちを予想できる
  • 悩んでいる人にアドバイスできる
  • 迷っていることの道が明確になる

タロットカードは、他人のことだけでなく自分のことも占えるのも魅力です。

自分の行動に迷いがあるときは、カードからのメッセージをヒントにしてみると良いでしょう。

スプレッドで悩みにアプローチ

タロットカード占いは、「スプレッド」と呼ばれる型を基にカードを並べていきます。

スプレッドは一例として以下のものが挙げられます。

スプレッド一例

ワンオラクルカード1枚から占う方法。今日1日の運勢などサクッと占いたい時に便利なスプレッド
ヘキサグラム法過去・現在・未来の流れと対策を知るスプレッド。マルチな悩みに対応できるので、ヘキサグラム法を用いるタロットカード占い師は多い
ケルト十字過去・現在・未来に加えて、質問者の立場や潜在意識などまで占えるスプレッド。問題を深堀したいときに適している
二者択一2つの事柄のうちどちらか1つに絞りたい時に便利なスプレッド。AかBの選択に迷った時には、このスプレッドで占うことが多い

これらはほんの一例にすぎず、実際のタロット占い師はもっと多くのスプレッドを熟知しています。

相談者の質問や悩みに対して、適したスプレッド選びをすることは、より良い答えを導き出すには重要なポイントです。

カードの意味と併せて、多様なスプレッドを頭に入れておくことで、より的確な答えを得られるでしょう。

タロットカード占い師になるまで

タロットカード占い師になるまで

タロットカード占い師になるには、展開されたタロットカードからメッセージを解釈できるよう、カード1枚1枚の意味を理解しておくことが何よりも重要です。

近年ではタロットカード占いの様々な書籍が販売されているため、独学で始める方も多いでしょう。しかし、独学はこんなデメリットがあります。

  • 書籍によってカードの解釈が異なるため混乱する
  • 自分が正しい解釈できているのかわからない
  • 情報が多すぎてどれを選ぶと良いのかわからない
  • 占い内容とカードの答えが噛み合っていない

様々な視点の書籍が販売されており、著者によって解釈の違いも出てきます。

しかし、これからタロットカード占い師になるための勉強する方にとっては、多すぎる情報は混乱を生み、かえって邪魔になってしまいます。

まずは1つのやり方をじっくり研究し、自分の軸として確立させることが近道です。

そのためにタロットカード占い師の資格の取得は、有効な手段といえます。

資格取得というゴールが定められているので、あとはゴールに向かい勉強を進めていくだけです。

勉強している期間に深い知識が身につくので、自分の軸を確立出来るようになります。

また占ってもらう側としては、知識が浅い人よりも、理解が深い人や信頼できる人に占ってもらいたいと感じます。

人からの信頼を得やすいため、もしタロットカード占い師として収益を生みたいと考えているのなら、資格を取得しておいた方が後々のトラブルも防げるでしょう。

タロットカード占い師として働くには?

タロットカード占い師が活躍する場は、主に以下のものがあります。

  • 占いサロン
  • カルチャースクールの講師
  • 個人経営

タロットカード占い師と言っても、本格的なプロとして収入を得ていくのか、知り合いや身の回りの人に限定して、小じんまりとしたサロンで収入を得ていくのか、活躍の方法は様々です。

タロットカード占い師の中には、無資格で活動している方もいますが、お金を支払うお客様としては信頼できる占い師にお願いしたいと感じています。

万が一鑑定結果に納得いかない場合など、トラブルの元になりかねません。

タロットカード占い師の資格は、プロである証です。お客様からの信頼も獲得しやすく、後々のトラブルのリスクも減ります。

占いサロン

タロットカード占い師の働く場のひとつが、占いサロンです。

占いサロンは、不特定多数の人の目に止まるため、いつどのようなお客様が来るのかわかりません。

恋愛相談でちょっとしたアドバイスを求めてくる方や、経営不振で頭を抱えている大企業の社長など、相談される内容の幅はとても広いでしょう。

人生を左右するような悩みを持つ方に、浅い知識ではアドバイスは出来ません。納得できるような回答を得られないと、相談者は離れてしまうからです。

多くのお客様の目に止まりやすい占いサロンではありますが、その分知識やスキルは高いレベルが求められます。

カルチャースクールの講師

 タロットカード占いは、趣味として楽しんでいる方が増えています。

趣味で始めている方のほとんどが独学。自分の占いの方法や解釈に自信が持てず、つまずいてしまう方も多いのです。

そんな方のために、タロットカード占いを教える立場として活躍ができます。

資格はタロットカード占いを熟知している証です。資格が有る無しでは、生徒からの信頼も大きく変わるでしょう。

個人経営

タロット占い師の資格を持つと、個人経営の占い師として活躍できます。

自宅をサロンにしたり、出張占いをしたりなど、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができるのが魅力です。

近年ではブログや動画サイトを通じて、個人鑑定につなげる占い師が増えています。

タロットカード占い師は、どんな人が向いている?

タロットカード占い師は、どんな人が向いている?

自分がタロットカード占い師に向いているのか気になる方も多いかと思います。

いくら好きな仕事といえど、性格と合わない仕事では思うような成果を得られません。続けることも辛くなるでしょう。

タロットカード占い師に向いている人には、このような特徴があります。

  • 想像力が豊かな人
  • 相手の話をしっかりと聞ける人
  • 常識や社会のことがわかる人

当てはまるのなら、タロットカード占い師として活躍できるかもしれません。

想像力が豊かな人

タロットカード占いでは「正位置(せいいち)」と「逆位置(ぎゃくいち)」という概念があります。

カードの絵柄には上下があり、正位置は上下が正しい状態、逆位置は上下が逆さまの状態です。

スプレッドでカードを展開したときに正位置が出た場合は、カードの意味をそのまま受け取ります。

しかしこれが逆位置で出た場合、カードの意味が変わってきます。

【例:運命の輪(大アルカナ)】

正位置チャンスが来る・状況が大きく好転する
逆位置チャンスを逃す・状況が大きく悪化する

※書籍により解釈が異なる場合があります

こちらはわかりやすい例でしたが、すべてのカードがここまでわかりやすい解釈ができるわけではありません。

中には逆位置になっても意味が変わらないものや、若干ニュアンスが変わる程度のものがあり、初心者の多くがこの正位置・逆位置が絡んだリーディングでつまづきます。

タロットカードは1枚ごとに正位置・逆位置の意味が込められていますが、質問内容とカードの意味が合わないこともあるのです。

そんなときこそ、質問内容に対してどのようなメッセージが込められているのか、想像力を膨らませる必要があるでしょう。

またタロットカード占い師を職業として活動する場合には、お客様の状況や心境を想像できる人の方が、的確な表現やメッセージを伝えられます。

スプレッドで展開したカードの場所によって意味合いが変わることもあるため、リーディングではあらゆる角度での想像力が必要といえます。

相手の話をしっかりと聞ける人

タロットカード占い師は、まずお客様がどのようなことで悩んでいるのか、またどんな回答を求めているのかを把握する必要があります。

そのためには、相手の話をしっかりと聞くことが重要です。

質問者の話を最後まで聞かず、憶測で回答してしまっては、お客様にとって満足できる占いとはいえません

お客様により良い行動をしてほしいと願うからこそ、占い師側はたくさん伝えたくなるものです。

しかしそれでは押しつけのように感じてしまい、お客様が離れてしまうこともあります。

相手が何を思って相談に来たのか、寄り添って話を聞くことがお客様の満足に繋がります。

常識や社会のことがわかる人

タロット占い師のもとには、様々な質問が押し寄せられます。

転職や経営など、人生に大きく影響するような重い内容の質問が来ることもあります。

そのような質問者に対して的確な回答をするためには、ある程度の常識力と社会の流れを知っておく必要があります。

タロット占いは、自分よがりなアドバイスをするものではなく、カードからのメッセージを解釈して相手に伝えるものです。

主観的な意見よりも客観的な視点が必要であり、質問者にとってより良い回答を与えられるのは、常識や社会のことをわかっている人でしょう。

タロットカード占い師の代表的な資格は何がある?

タロットカード占い師の代表的な資格は何がある?

タロットカード占い師の資格は多くの種類があり、資格によって活躍できる場が異なります

代表的な資格には、次のものがあります。

  • タロットカード士
  • スピリチュアルタロット士
  • タロットリーディングマスター
  • タロットリーダー・インストラクター

これらの資格は、お客様から信頼を得やすく、職業として活躍の場が広がります。

①タロットカード士

タロットカード占い師になるための資格で代表的なものは、「タロットカード士」です。

タロットカード士は、基本的な占い方とカードの意味を深く理解した方に与えられる資格のため、人を占い収益を得るために役立ちます。

タロットカード士の資格を取得することにより、占いサロンやカルチャースクールの講師として活躍でるほか、自宅でサロンをひらいたり、インターネットを通じて鑑定したりと、個人の活躍もできます。

また、資格取得で身に着けた知識は、自分自身の占いにも活用できるため、迷いのある人生をクリアにしてくれるでしょう。

②スピリチュアルタロット士

スピリチュアルタロット士は、基本的なタロット占いはもちろんのこと、スピリチュアルの視点で感覚的にリーディングするタロット占い師です。

霊的な感覚で占うため、表面的な言葉だけではなく深層心理に近づき、質問者の悩みを解決に導きます。

スピリチュアルタロット士の資格を取得することによって、占いサロンやカルチャースクールの講師として活躍できます。

③タロットリーディングマスター

タロットリーディングマスターは、タロットカードから読み取る能力を身に着けた人に与えられる資格です。

質問者の身の回りで起こる出来事をタロットカードから読み取れるため、未来の予測にも応用可能です。

未来をあらかじめ知ることによって、対策を練ったり、行動を変えたりなどが可能です。

行動を変えることで未来が変わるため、タロットリーディングの能力は生活のあらゆる面で活用できるでしょう。

タロットリーディングマスターの資格取得により、知り合いの状況も占えるようになるため、タロットリーディングを活用した仕事を作り出せる可能性も十分にあり得ます。

④タロットリーダー・インストラクター

タロットリーダー・インストラクターとは、タロットカード占いを知りたい人へ教える立場として活躍できる資格です。

指導者側の資格のため、タロットカード占いを深く理解していることはもちろんのこと、相手が理解できるような言葉選びや、コミュニケーション能力が求められます。

初心者からプロ志向の方まで、タロットカード占いに自信がない人たちにアドバイスができるため、カルチャースクールなどの指導者として活躍できるでしょう。

どの資格がおすすめ?

どの資格がおすすめ?

タロットカード占い師の代表的な資格として、4つ紹介致しました。

中でもおすすめする資格は、以下の2つです。

どちらも職業へ繋げやすく、活動の幅が広いという共通点があります。

これらの資格を別々に取得するためには、時間と労力が必要ですが、2つの資格を効率よく取得できる講座もあるのです。

仕事や家事で忙しく過ごす方は、時間を作り出すのが困難です。

これから始めるのなら、少しでも時間を短縮して資格を取得する方が、後々自由時間が増えるため、好きなタロットカード占いを存分に楽しめるでしょう。

①タロットカード士W資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングタロットカード士W資格取得講座では、以下の2つの資格が取得できます。

  • 日本占い士協会(JFTA)主催「タロットカード士」
  • 日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催「スピリチュアルタロット士」

どちらも、履歴書や名刺に記載することによって、依頼者からより信頼を得られる資格といえます。

基本のタロット占いとスピリチュアルな視点の占いの両方の資格を取得できるため、深い理解のもとお客様や自分のために役立てられるでしょう。

「通常講座」と「スペシャル講座」の2つがありますが、スペシャル講座では条件を満たすことで試験免除となり、上記2つの資格が同時に取得できます。

通信講座のため自宅にいながら空いた時間に学習できるのが魅力です。

②タロットカード占い資格取得講座

SARAの通信講座タロットカード占い資格取得講座」では、以下の2つの資格が取得できます。

  • 日本インストラクター技術協会「タロットカード士資格」
  • 日本メディカル心理セラピー協会「スピリチュアルタロット士資格」

こちらの講座も、タロットカードの基本的な占いとスピリチュアルの観点での占いの両方の資格が取得できます。

「基本コース」と「プラチナコース」の2種類があり、プラチナコースでは資格試験免除のため占いの資格が確実に取得できます

課題を提出するだけで資格が取得できるため、忙しい方や短期間で確実に資格を取得したい方にぴったりな講座です。

奥が深いタロットカード。資格取得は自分の軸を確立させるために有効な手段

資格取得は自分の軸を確立させるために有効な手段です!

タロットカード占い師として活躍したいと考えるのなら、自分の理解を深めたりお客様からの信頼を獲得したりするためにも「タロットカード士」と「スピリチュアルタロット士」の資格は取得しておきたいところです。

しかし、忙しい生活の中ではなかなか資格取得のための勉強の時間を確保できません。

当記事で紹介した「タロットカード士W資格講座」と「タロットカード占い講座」では、「タロットカード士」と「スピリチュアルタロット士」の2つの資格を取得できるほか、プランによっては試験免除で資格を取得できるのが魅力です。

忙しくても諦める必要はありません。

タロットカード占い師として活躍し、人生を豊かにしてみませんか。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる