紅茶を仕事に!憧れの紅茶マイスターになるために必要な資格や取得講座のおすすめはコレ!

Pocket

美味しい紅茶を味わうだけでなく、仕事に活かそうと思うのなら、「紅茶マイスター」へチャレンジしてみると良いでしょう。

紅茶マイスターは趣味で楽しむ以上に紅茶を深く学べます

趣味である紅茶を活かした仕事にも付ける、紅茶マイスターという資格や、紅茶マイスターの資格を取得するためのおすすめ講座をご紹介しましょう。

目次

紅茶マイスターってどんな資格?

紅茶のスペシャリスト、飲み方・歴史…紅茶を極めた人!

紅茶マイスターの資格は、紅茶に対する一定水準以上の知識を持っている人に与えられます。

紅茶マイスターや紅茶アドバイザー、紅茶検定など、紅茶に関する資格は多数ありますが、どれも趣味以上に紅茶を極めたい人向けの民間資格です。

紅茶マイスターの資格では、紅茶について学ぶことを通して、深い知識が身につけられるため、カルチャースクールでの講師活動講演会を開く、自宅で小さなティーサロンを開くなど、紅茶に関するスペシャリストとしての活動が可能となります。

趣味で紅茶を楽しんでいても、世界に200種類以上ある茶葉の僅かな香りの違いや、茶葉に合わせた紅茶の淹れ方を人前で話せるまでの熟知は、難しいでしょう。

茶葉や紅茶の淹れ方に熟知した紅茶マイスターになると、あらゆるケースに合わせて美味しい紅茶を淹れられるスキルも手に入ります。

日本では紅茶より珈琲愛飲家が多いといいます。その反面、紅茶専門店やアフターヌーンティーを楽しめるホテルのラウンジなども増えています。

人口比率で考えると珈琲愛飲家が多いのですが、紅茶は香りのリラックス効果やハーブティーなど、妊娠中の女性にも愛されている飲み物です。

 

紅茶人口は世界規模では大変多いため、紅茶マイスターは今後活躍が見込まれる資格といえるでしょう。

紅茶マイスターへの道

紅茶マイスターは受験資格は特に設けられておらず、誰でも受験できる民間資格です。日本安全食料料理協会が年6回主催する試験に在宅で受験し、70%の正答率で資格取得となります。

紅茶マイスターには受験資格がないとはいえ、趣味の延長線上として安易な気持ちで受験しても、70%もの正答率をクリアできるものではないでしょう。

紅茶の世界は非常に奥深く、茶葉の種類だけでも200種類以上あります。お茶の葉の種類を覚えるだけでも非常に幅広い学問です。茶葉とお湯の量を間違えると紅茶にムラができたり、濃すぎる味になってしまいます。

美味しくすっきりした紅茶を淹れられる、さらに紅茶の見識も深められる紅茶マイスターとなるために、独学で勉強して受験するか、通信講座を利用して資格取得を目指すのが一般的です。

時間に余裕のある人であれば、独学でもじっくり時間をかけて紅茶の資格を取得できる可能性はあります。

ただし社会人として働きながら資格取得するといった場合、時間を効率良く利用できる通信講座がおすすめです。

紅茶の通信講座は忙しい社会人でも課題を提出できる効率的なカリキュラムがプロの紅茶専門家監修で組まれています。

 

そのため通信講座であれば、時間を有効利用しながら紅茶マイスターの資格を取得するには最適と言えるでしょう。 

紅茶マイスターができる仕事とは?実践的な場所はどこ?

どんな仕事をするの?どんな場所で働くことができる?

紅茶マイスターとなって活躍できる場面や、実践できるのはどこなのか、見てきましょう。

紅茶専門店の茶葉販売員

店の規模にもよりますが、紅茶専門店では販売員も世界中の茶葉を扱います。

紅茶マイスターであれば、お客様の「甘い味だった」「スパイシーな香り」というオーダーに対して、店の中の茶葉からベストな商品を見つけられるでしょう。

また、お客様に対して良い茶葉の提案なども可能です。

ティーサロンを併設している紅茶専門店の場合、お客様は購入前にお茶の香りや味を試したいケースが多いです。

購入者の立場に立って、比較できる茶葉を用意できるのも紅茶マイスターであれば可能でしょう。

紅茶専門店で働くのは、サロンを含め、自分も大好きな紅茶と一緒にお客様をもてなしたいと思える人に向いています。

一般企業

飲食店に勤務しているなど、既に食品や飲料水に関わる仕事に就いている方がこの資格を得ることで、紅茶の知識を活かした新商品の開発や、フードの開発を行えるでしょう。

ミルクティーでも、紅茶やミルクの濃さによって味は大幅に変わります。紅茶のノウハウを知っている紅茶マイスターだからこそ、最も美味しいと感じる紅茶の商品化も可能でしょう。

また紅茶マイスターの資格を得てからは、紅茶に合った食品の開発を任される可能性もあります。

アフタヌーンティーでもお馴染みのサンドイッチやスコーンなど、紅茶と相性抜群のフード開発も、茶葉を良く知る紅茶マイスターが活躍する場でしょう。

一般企業で既に働いている人は、その他現地へ行って茶葉の買い付けを任される可能性も出てきます。

一社会人でも、より紅茶のスペシャリストとして前線に立ちたい人に紅茶マイスターの資格はおすすめです。

ティーサロンや喫茶店のオーナー

紅茶マイスター資格の取得によって、独立開業も夢ではないでしょう。

紅茶マイスターは紅茶に対して見識を深める以外に、経営やマーケティングサロンの内装やティーポット、カップなどインテリアまで幅広く学びます。

おすすめの茶葉を販売する、素敵なティーサロンを開くなど、自分のこだわりの空間とお茶で大勢をもてなす際にも大いに役立てられる知識が得られます。

カルチャースクールの講師

会社勤めや開業をしなくても、紅茶に特化した紅茶マイスターとして、カルチャースクールの講師としての活躍の道もあります。

カルチャースクールの講師には、厳しい規則がないため、参加者が自宅で美味しく紅茶を飲むための方法を、レクチャーすることを考えると、楽しいですよね。

カルチャースクールの講師として活動の場面が増えてくると、いずれ大きな講演会を開くのも夢ではありません。

誰かと会話を楽しみたい人や楽しみを共有したい人、自分の得た知識をわかりやすく広めたい人に講師の仕事はとてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。

こんな人は紅茶マイスターを目指してみては?

向いている人の特徴は?経営など知識以外も学べる資格!

紅茶が好きで、将来自分の店を開業したいと思っている人が、紅茶マイスターの資格を得ることによって、有資格者としての肩書によって様々な場面で説得力を与えてくれます。

趣味で紅茶を楽しんでいる人であっても、紅茶マイスターの資格取得のために学ぶことで、より茶葉の深い世界に誘(いざな)われます。

お気に入りの茶葉と茶葉、スパイスをブレンドして自分だけのオリジナルティーを作ることも、紅茶マイスター資格取得の学習を通して身につけられます。

 

また今後、紅茶店のオーナーとして世界的に活躍したい人にとっては、紅茶マイスターの資格はおすすめでしょう。

紅茶を専門に扱うティーサロンや茶葉専門店は、世界各国の美味しい茶葉を自ら買い付け、販売しています。

紅茶マイスターで得られる深い知識によって、現地に足を運び、美味しい茶葉を見分け、バイヤーと交渉して買い付ける際も、取引を成功に導いてくれます

紅茶専門店では茶葉をブレンドするブレンダーや、茶葉の良しあしを見極める紅茶鑑定士が在籍していることが多いです。

その中で、紅茶店のトップであるオーナーも紅茶マイスターの資格を持っていると、従業員から信頼を寄せられる存在になるでしょう。

開業しなくとも、自宅でティーサロンを開く、紅茶のカルチャースクールの講師として活躍したい人にも紅茶マイスターはおすすめです。

紅茶のカルチャースクールでは、講師が正しい紅茶の淹れ方ポットやカップの選び方を教え、アットホームな雰囲気の中でみんなでお茶を楽しみます。

 

紅茶のカルチャースクールの講師は、紅茶を美味しく飲むための温度や淹れ方だけでなく、マナーなどもレクチャーするため、茶葉に熟知しているだけでなく、作法も理解している必要があるでしょう。

また紅茶店の行うティールームでの講演会などに呼ばれる可能性もあります。ティールームでの講演会では、専門的な茶葉の知識はもちろん、自宅でお茶を淹れる時のちょっとした工夫、美味しいお茶に添えるフードなども発表できるようになるでしょう。

大きなビジョンになりますが、喫茶店やカフェ、フランチャイズのカフェなどのオーナーも、今後は紅茶マイスターの資格は、役立つ場面は非常に多いでしょう。

個人の喫茶店では、こだわりの内装や外装など、リラックスできる空間を作り出すことがリピーターの確保に繋がる重要な要素です。

居心地の良い空間とはどのような空間か、そこで出す珈琲や紅茶のバリエーションがどれほど豊かであれば良いのか、これらも紅茶マイスターの資格の学習範囲となっています。

居心地良くリラックスできる空間作りと美味しい紅茶、スタッフの対応など総合的な判断でリピーターは増えていきます。

 

その点、経営やマーケティングなども紅茶マイスターの資格を通じて身につけられるため、リピーターを獲得できる喫茶店やカフェ作りにも活かせる、非常に実践的な内容となっています。

紅茶マイスター以外にもたくさん!紅茶関連の資格!

紅茶の資格はたくさん!その他のおすすめ資格をご紹介!
  • 紅茶マイスター
  • 紅茶アドバイザー
  • 紅茶アナリスト
  • ティースペシャリスト
  • ティーインストラクター

紅茶マイスター以外に、紅茶に関する代表的な資格は4種類あります。

紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーは茶葉に対しての見識を広め、ティーポットやカップの選び方、美味しい紅茶の淹れ方など、紅茶の基本的な知識が問われる資格です。

世界に200種類以上ある茶葉でも、生産地や摘み取る季節が変わると美味しい紅茶の淹れ方も違ってきます。

紅茶アドバイザーの資格の学習において、それら茶葉に関するスペシャリストとしての知識も深められます。

紅茶の美味しい淹れ方と同時に適したティーポットやカップ、ソーサーの選び方なども紅茶アドバイザーの範囲に含まれるため、インテリアセンスや内装についても問われるでしょう。

紅茶アドバイザーの資格取得後は、インストラクターや紅茶専門の講師として講演会を開く道も開けます。

ティーサロンや紅茶専門店でのインストラクターの仕事では、茶葉の選び方や紅茶の美味しい淹れ方、自宅で淹れる時のコツなどをレクチャーする際は、わかりやすさが人気を得る秘訣です。

 

茶葉や紅茶について深い知識を持つ紅茶アドバイザーだからこそ、自宅で簡単に美味しく淹れられるポイントやコツなどを、楽しく伝える工夫をしていくことも、仕事の醍醐味と言えます。

紅茶アナリスト

紅茶のコンシェルジュとして活躍できるのが紅茶アナリストです。好きな紅茶を仕事に活かしたいと考えている人は、カフェ運営の知識も学べる紅茶アナリストが、入門編としておすすめでしょう。

紅茶アナリストは、紅茶とスイーツ、フードのペアリング、紅茶と一緒に午後のひと時を楽しむアフターヌーンティーに揃えるフードやお菓子も、理論的に分析していきます。

レストランやティーサロンでの活躍、自宅でのティーサロン開催、カフェ経営を目指している人に紅茶アナリストはおすすめの資格でしょう。

ティースペシャリスト

ストレートティーやミルクティー、レモンティーなど、基本的な紅茶の淹れ方を身についている人がティースペシャリストです。

アイスティーに合う茶葉や淹れ方など、紅茶の専門的な知識を身に付けられます。

ティースペシャリストは日本能力開発推進協会が主催している資格です

ティーインストラクター

日本紅茶協会が主催する資格がティーインストラクターです。

ジュニア・シニア・マスターの3段階のレベルがあり、マスターはシニア資格を取得後、10年間紅茶業界に身を置き、人格や実績、功績などが認められ、初めて与えられます。

紅茶の資格を取るのなら、どれがおすすめ?

おすすめの資格2選!基礎知識から運営まで!

紅茶の資格はたくさんありますが、実践的ながら取得のための環境が整っているのが「紅茶マイスター」「紅茶アドバイザー」の2つです。それぞれの資格について詳しく見ていきましょう。

紅茶マイスター

喫茶店や紅茶専門店のオーナーへの道に最も近いのが紅茶マイスターです。紅茶マイスターは茶葉や紅茶の淹れ方という基本的な紅茶の知識から、カフェ経営に関する経営学、マーケティングなどを同時に学べます。

茶葉だけの知識を深めるだけでなく、今後開業するにあたり必要なティーサロンの運営についても実践的な知識が磨けるため、多くの人が受けている資格です。

 

趣味で受験し取得しても、その後飲食店で働くようになり思いがけず紅茶マイスターの資格が活きたケースもあります。

紅茶アドバイザー

紅茶の幅広い知識をよりじっくり深めたい人には紅茶アドバイザーがおすすめです。茶葉の知識やティーカップ、ポットの選び方など、実践かつ基礎的な紅茶の知識と技能を身に付けられます。

紅茶アドバイザーは、紅茶の講師としてカルチャースクールでも活躍できるでしょう。難しい知識だけでなく、紅茶の楽しい豆知識などもカルチャースクールでは教えられ、アットホームな雰囲気で紅茶を周囲に広められます。

色むらのない美しい琥珀色の紅茶を淹れられる他にも、世界中にある場茶の造詣を深められ、茶葉のブレンドも楽しめます。

カルチャースクールの受講生にも茶葉のブレンドの配合で、世界に一つだけのオリジナルティーを作れたら楽しいですよね。

紅茶マイスターと紅茶アドバイザーはどちらも生活に近い場所や仕事で活かせる可能性の高い資格です。

 

趣味の紅茶を勉強して仕事へ活かせられる実践的な資格といえるでしょう。

おすすめの資格講座はこの2つ!

資格講座のおすすめは?資格講座で知識を深めよう!

「紅茶マイスター」「紅茶アドバイザー」という2つの資格を取得するために用意された2つの専用講座には、画期的な仕組みが採用されています。

紅茶W資格取得講座

紅茶の資格で実用的かつ最も人気の高い紅茶マイスターと紅茶アドバイザーを、自宅にいながら取得できる通信資格講座です。

諒設計アーキテクトラーニング最大の魅力は、最短2か月で資格取得可能なカリキュラムが組まれていることです。

基本的には1日30分、自宅で学習を行い、初心者でも6か月で2つの資格取得を叶えられるカリキュラムになっています。

ゆっくりでもじっくり学習して資格を取得したい場合は「基本コース」を、スピーディかつ試験免除で資格を得たいときは「スペシャル講座」がおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのテキストや課題、添削は全て紅茶のプロが関わっています。

そのため初心者でも少し紅茶を知っている人でも、適格かつ確実なアドバイスを受けられ、試験当日を迎えるまでのサポートがあります。

 

なおスペシャル講座は紅茶マイスターと紅茶アドバイザーの資格試験が免除となっているため、講座を無事に修了し、課題の提出によって2種類の資格を100%取得可能です。

基本コースは最長6か月、最短2か月(添削5回)で修了できます。受講料は53000円です。

スペシャル講座は最長6か月、最短2か月(添削5回)+卒業課題1回で修了し、修了と同時に紅茶マイスターと紅茶アドバイザーの資格試験を免除して資格を付与されます。受講料は73000円です。

紅茶資格取得講座

22000人が受講する人気の通信講座がSALA スクールジャパンです。

SALA スクールジャパンの紅茶に関する資格では、紅茶アドバイザーと紅茶マイスターを同時に資格取得できる講座が用意されています。

初期投資を抑えてじっくり取り組む場合は「基本コース」を、確実に資格取得を視野に入れるとしたら「プラチナコース」がおすすめです。

紅茶基本コースでは、1日30分のカリキュラムを進めていくと、最大6か月、短期集中で2か月で修了も可能でしょう。

紅茶マイスターや紅茶アドバイザーの試験対策もしっかり取られた講座で、安心して試験当日を迎えられます。

紅茶の基本コースは最長6か月、最短2か月で修了可能です。自宅でカリキュラムをクリアし、添削が5回行われます。試験対策として必要な費用は69800円です。

プラチナコースではカリキュラムを無事修了すると、紅茶マイスターと紅茶アドバイザー2種類の受験が免除されるため、100%資格取得が可能です。

試験に自信がなくてもプラチナコースでは毎回のカリキュラムをクリアしていけば、自動的に紅茶マイスターも紅茶アドバイザーの資格も取得できます。プラチナコースは最長6か月、最短2か月(添削5回)で修了可能です。

自宅でカリキュラムをクリアし(添削5回)+卒業課題、卒業後は自動的に紅茶マイスターと紅茶アドバイザーの2種類の資格が付与されます。資格補償として必要な費用は89800円です。

 

紅茶は茶葉の種類だけでも幅広く、産地や摘み取った季節によっても味が変わる奥深い世界です。それだけに紅茶は専門性の高い分野といえるでしょう。

趣味で紅茶を良く嗜んでいる人も、これから本業としてカフェをオープンしようと考えている人も、紅茶マイスターや紅茶アドバイザーは居心地良い空間づくりや美味しい紅茶を淹れるのに必要な資格です。

他の店との差別化を図れる2種類の紅茶の資格を、是非実際に活かしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる