資格取得には通信講座がおすすめ | 需要がある資格ランキングも紹介

Pocket

開業やスキルアップを目指して資格取得を目指す際、重要になってくるのは資格試験に向けた学習方法です。

時間と場所の確保や教材の質など様々な条件が良いものである方が勉強もしやすくなってきます。

そんな中で学習方法としては通信講座が最もおすすめであると言えるのですが、この記事はその理由やおすすめの通信講座と資格について紹介していきます。

目次

資格取得に通信講座がおすすめな理由とは

近年では様々な方法で資格取得に向けた勉強ができるようになっていますが、その中で通信講座を選ぶ方が良いのは、どのようなメリットがあるからなのでしょうか?

その他の学習方法と比較しながら見ていきましょう。

資格取得のための学習方法

試験に向けて資格取得の勉強していく場合は以下の3つの方法が考えられるもので、それぞれメリット・デメリットが存在します。

学習方法メリットデメリット
独学(書籍・インターネットからの情報収集)・基本的に時間や場所に縛られない・ネット上のまとめや動画サイト、図書館で借りるなどの手段であれば学習にかかる費用を抑えられる・講師やテキストの良し悪しに振り回されず学習できる・情報収集するまでに時間がかかる・正確な情報を集めようとすると、有料サイトや販売される書籍を購入する必要が出てくることもあるため、結局は費用がかかる場合がある
教室・スクール・講師に直接指導されるためわかりやすく、疑問点があってもすぐに質問・解決できる・周りで同じように学習している人がいると、モチベーションに繋がる・開講される場所によっては自宅からの距離がかかり、交通費がかかる・仕事や家事で忙しいと開講時間と開講場所的に通い続けることが厳しくなる場合がある
通信講座・基本的に時間や場所に縛られない・一度教材を購入すれば自分のペースで勉強できる・質問や提出を含めて自宅で完結できる(試験は各資格で開催環境が異なる)・完全に自分で学習していくのでモチベーションの維持が重要になる

独学の場合は全てが自分次第になので自由度は高いのですが、情報の正確性などのデメリット面を考えると、よほどの理由がない限りは他の二つの方が確実に学習できると考えて良いでしょう。

そのため、資格取得する場合は教室・スクール通信講座のいずれかを選ぶことになってきます。

教室・スクールと通信講座の違いは大きく分けて、学習する環境と時間・場所の二つがあります。

学習する環境については教室・スクールは講師や他の生徒がいることで勉強に対するモチベーションは高くなり、通信講座では勉強を自宅で完結できる反面、モチベーション維持は自分自身にかかってくるものです。

一方、時間・場所については教室・スクールでは開催場所が限られてしまい、開講時間もある程度指定されるものですが、通信講座はそれらの縛りがありません。

このことからどちらかというと、通信講座の方が自分の普段の生活に合わせやすいところが多く、資格取得の場としておすすめできます。

近年の通信講座では動画学習やメール・チャットでの迅速な質問対応など、自宅にいながら学習しやすいサポート体制も整っているため、モチベーションの維持さえしっかりしていればデメリットを感じることは少ないものです。

試験免除で資格取得できる通信講座

通信講座はあくまで資格試験に向けて勉強するための教材であり、資格そのものを取得するためには本番の試験で合格する必要があります。

しかし、もしも試験に落ちてしまうと、翌年度の試験内容が変わってくることから、再度通信講座で勉強することで推奨され、受講料がかなりの負担になってしまうものです。

それなら一発合格を目指せばいいと思うかもしれませんが、初めて触れる分野であったり、思ったよりも勉強時間が確保できなかったりすると、なかなか一発合格は難しいものがあります。

そこでおすすめなのは受講するだけで試験が免除され、資格が取得できる通信講座です。

取得できる資格の種類は限られており、資格を発行するには課題提出が必要になりますが、試験よりは簡単に資格取得を目指せることから忙しい人にも嬉しいものになっています。

そんな試験免除で資格取得できる通信講座は「SARAスクールジャパン」「諒設計アーキテクトラーニング」です。

この二つの通信講座は以下の項目が共通しています。

特徴・一つの講座で二つの資格の勉強ができる・プラチナコース(スペシャル講座)では卒業課題を提出することで、試験免除で二つの資格が同時取得できる
受講料基本59,800円~95,000円プラチナコース(スペシャル講座)79,800円~115,000円
受講期間1日30分の勉強想定で6ヶ月(最短2ヶ月)

特徴として関連する二つの資格の勉強を同時に行えて、特定のコースを選ぶと、その二つの資格を同時できます。

全体の受講期間は半年間を想定していますが、勉強時間を確保できる場合は最短2ヶ月での取得もできることから、早めにスキルを身に付けたい人にもおすすめの講座です。

学習の流れ

半年間という比較的短い期間で学習できると言われても、イメージしづらい人がいるかもしれません。

そこでSARAスクールジャパンの「ハンドメイド手芸資格取得講座」を例にして学習の流れ見ていきます。

ハンドメイド手芸資格講座で取得できるのは以下の二つの資格です(諒設計アーキテクトラーニングの「ハンドメイドマイスターW資格取得講座」でも同様の資格が取得できますが、教材のテキストや学習カリキュラムは異なる場合があります)。

資格概要協会
ハンドメイドマイスター資格装飾用糸の扱い方、布の染め方などといった、クラフトに関する様々な知識や、一定レベルの創作スキルを習得している人に与えられる資格です。日本デザインプランナー協会
手芸アドバイザー資格手芸に利用する糸の種類や取扱方法、素材による使い分けの方法、レザーの特徴や処理方法などの知識を有していると認定される資格。日本生活環境支援協会

そして、この講座におけるカリキュラムは以下のように進んでいきます。

学習期間難易度概要
1~2ヶ月目初級編 1「縫う」技術の基礎知識「編む」技術の基礎知識「染める」技術の基礎知識初心者でもわかりやすいハンドメイドに欠かせない基礎テクニックと材料や販売などの知識を学習していく
初級編2よく使用する素材革に関する基礎知識ハンドメイド作品の販売について
3~4ヶ月目中級編1コースター、ランチョンマット、 鍋敷きの作り方箸ケース、お弁当バッグ、 ペットボトルケースの作り方ミトン、エプロンの作り方初級編で学んだ技法や、素材の知識を活かしつつ、比較的難度の低いデスク周りの雑貨やキッチン雑貨の作り方を実践的に学習していく
中級編2小物トレイ、ペンケースの作り方ノートパソコンケースの作り方ブックカバー、ポケットティッシュカバー の作り方
5~6ヶ月目上級編1クッションカバーの作り方ピローケースの作り方ドアストッパーの作り方加湿オブジェの作り方中級編より難度の高いインテリア雑貨づくりを中心に実践的に学習していく
上級編2フォトフレームの作り方両開きプリーツカーテンの作り方

上記の流れのようにいずれも講座でも、最初は初心者からでも入れるように基礎知識や技術を学んでいきます。

ハンドメイドのように実践を伴う資格の場合は3ヶ月目以降から段階的に難易度を上げていきながら実際に作ったり、書いたりしていきます。

そのため、ある程度製作するタイプの講座では、全ての項目が終わるまでの時間がかかりやすいものです。

一方、テキスト学習が中心になるタイプの講座ではまとまった時間を取れたり、効率よく勉強していけたりすると、全ての項目が終わるまでの時間を短縮できます。

二つの通信講座における需要のある資格ランキング

二つの通信講座が資格取得しやすいことがわかったところで、今度は講座で取得できる資格のうち、需要のある資格について各サイトのランキングを参考に見ていきます。

試験免除での資格取得に興味があるけど、どの資格が良いかわからない人はぜひ参考にしてみてください。

SARAスクールジャパンの需要のある資格ランキング

SARAスクールジャパンでは需要のある資格として心身に関わるものが上位にランクインしています。

メンタル心理ヘルスカウンセラー/メンタル心理インストラクター

需要のある資格ランキング1位は「心理・カウンセラー」の「心理カウンセラー資格・メンタル資格取得講座」です。

こちらの講座では以下の二つの協会が発行する資格の勉強ができます。

資格概要協会
メンタル心理ヘルスカウンセラー心理学の基礎知識から様々なストレスから起きる症状とその治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っていると認定される資格日本メディカル心理セラピー協会
メンタル心理インストラクターカウンセリングという相談援助知識、カウンセリングに関わる倫理、ケースカンファレンス、来談者中心療法、指示的カウンセリングなどを十分に理解したと捉え、レベルまで達していると認定される資格日本インストラクター技術会

ストレス社会とも揶揄される現代において、メンタル管理やカウンセリングの知識は需要がある資格になっています。

日常生活では子どもからお年寄りまで幅広い年代の症状を見られるようになるので、自分だけでなく家族全員のメンタル管理ができます。

一方、仕事では様々な場面のコミュニケーションでメンタル管理の知識を活かせます。

コース基本コースプラチナコース
受講料59,800円79,800円
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
資格試験公式サイトで各自申込免除
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)※計20,000円免除

スポーツフードマイスター/アスリート栄養食インストラクター

需要のある資格ランキング2位は「食の知識」の「スポーツフード資格取得講座」です。

こちらの講座では以下の二つの協会が発行する資格の勉強ができます。

資格概要協会
スポーツフードマイスタースポーツ栄養の基本から毎日の献立・レシピといった実践レベルまでの十分な知識を持ち、それを利用して各個人の管理・指導できることが証明される資格日本安全食料料理教会
アスリート栄養食インストラクター競技特性に合わせた食事や疲労回復、風邪予防のための栄養、スケジュール別の食事法、サプリメントの使い方など、幅広い知識を習得したことが証明される資格。日本インストラクター技術協会

アスリートのサポートにスポーツ栄養に関する知識はスポーツクラブに通う子どものためや自身の健康管理のために学んでおきたいということから、需要のある資格になっています。

スポーツ栄養を学ぶことで怪我の防止やパフォーマンスの向上が期待され、子どもについてはこれからの体の成長にも大きく関わってきます。

また、栄養バランスを考えた料理以外にもサプリメントの知識も身に付くので、上手く運用して効率よく栄養素を摂取できるようになります。

コース基本コースプラチナコース
受講料59,800円79,800円
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
資格試験公式サイトで各自申込免除
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)※計20,000円免除

整体セラピスト/ゆがみ矯正インストラクター

需要のある資格ランキング3位は「美容・健康・ボディケア」の「整体資格取得講座」です。

こちらの講座では以下の二つの協会が発行する資格の勉強ができます。

資格概要協会
整体セラピスト整体セラピストとして、整体の基本や実践知識を持っていることが証明される資格日本メディカル心理セラピー協会
ゆがみ矯正インストラクター子供から高齢者まで年代別の整体テクニックの知識を始め、施術用の器具の種類や使用方法、整体と美容の関係についての知識を有していることが証明される資格 日本インストラクター技術協会

近年は座ったままの姿勢で過ごす人が多く、それによって生じる肩こりや腰の痛みを解決できる整体に関わる知識は需要が高いものです。

整体に関する実践的な知識になるので、実技面以外にも料金設定や運営方法など開業を視野に入れた知識も身に付きます。

もちろん、普段の生活でも家族のために体のケアを施すことも可能です。

コース基本コースプラチナコース
受講料59,800円79,800円
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
資格試験公式サイトで各自申込免除
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)※計20,000円免除

諒設計アーキテクトラーニングの需要のある資格ランキング

諒設計アーキテクトラーニングではどちらかと言えば趣味の延長線上にある資格について需要があるようです。

レジンアートデザイナー/UVレジンデザイナー

需要のある資格ランキング1位は「手芸・クラフト」の「レジンアートデザイナーW資格取得講座」です。

こちらの講座では以下の二つの協会が発行する資格の勉強ができます。

資格概要協会
レジンアートデザイナー自分がイメージしたものを形にすることができ、自分好みにデザインしたオリジナルのレジンが作れるレベルに達していることを証明する資格日本デザインプランナー協会
UVレジンデザイナーレジンの基礎から理解し、手作り方法を完璧にマスターし応用する事ができることを証明する資格日本インストラクター技術協会

合成樹脂を使用するレジンアートは鮮やかな色調でオリジナリティ溢れるアクセサリーや小物が手軽に作れることから注目を集めています。

他の資格と同じく道具の使い方や作成時のテクニックなど基礎から学んでいけるのでこの講座で初めて触れる人でも問題なく知識を身に付けられます。

資格取得後に作成を続けていけば自分の作品を販売したり、講師の立場になったりする道も考えられます。

コース基本講座スペシャル講座
受講料59,800円分割:3,300円×20回(初回4,276円)79,800円分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
資格試験公式サイトで各自申込免除
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)※計20,000円免除

パワーストーン鑑定士/天然石鑑定士

需要のある資格ランキング2位は「占い・風水・スピリチュアル」の「パワーストーン鑑定士W資格取得講座」です。

こちらの講座では以下の二つの協会が発行する資格の勉強ができます。

資格概要協会
パワーストーン鑑定士パワーストーンの歴史やパワーストーンの種類、浄化法、プログラミングの方法、パワーストーンとジュエリーの関連性などの知識を十分に理解していることを証明する資格日本占い師協会
天然石鑑定士天然石の種類や色、産地、硬度、取り扱い方法、浄化法、使用法などの知識、アイリスやクラスター、ライトニングなど水晶の種類、意味、効果、天然石の持つパワーなど天然石の知識を得たことを証明する資格日本メディカル心理セラピー協会

様々な効果をもたらすと言われるパワーストーンは趣味の一つやお守りとして始める人が多いものです。

そんな中で近年ではパワーストーンが安価で手に入るようになり、身近なものとして使えるようになったことから、資格の需要が高まっています。

パワーストーンのメンテナンス方法など長く趣味を続ける面で必要な知識や効果を理解した上で各個人に適したパワーストーンを選ぶなど商業面で使える知識が身に付きます。

コース基本講座スペシャル講座
受講料59,800円分割:3,300円×20回(初回4,276円)79,800円分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
資格試験公式サイトで各自申込免除
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)※計20,000円免除

スパイス香辛料ソムリエ/スパイスインストラクター

需要のある資格ランキング3位は「料理・調理・家庭料理」の「スパイス香辛料ソムリエW資格取得講座」です。

こちらの講座では以下の二つの協会が発行する資格の勉強ができます。

資格概要協会
スパイス香辛料ソムリエスパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、様々なスパイスを有効的に活用できる知識を持っていることを証明する資格日本安全食料料理協会
スパイスインストラクタースパイスの種類、その効果や作用を理解し、スパイスを適切に使用可能な知識を持っていることを証明する資格日本インストラクター技術協会

近年では辛い味付けやエスニック系の料理などスパイス・香辛料がふんだんに使われた食品は身近になっており、そのことからスパイス・香辛料の資格も需要があります。

この資格においては料理において適切な量のスパイスを使い、それによって様々な効果が得られるような知識が身に付きます。

普段の食事がより良いものになる他、飲食店や食品系の企業において、スパイス・香辛料の知識が活かされることもあります。

コース基本講座スペシャル講座
受講料59,800円分割:3,300円×20回(初回4,276円)79,800円分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回5回+卒業課題1回
資格試験公式サイトで各自申込免除
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)※計20,000円免除

通信講座で確実な資格取得を目指してみよう

資格取得における学習方法はそれぞれメリット・デメリットはありますが、時間と場所に縛られず、普段の生活と合わせやすい通信講座での学習はおすすめできるものです。

その中でも「SARAスクールジャパン」「諒設計アーキテクトラーニング」の二つの通信講座では半年間のカリキュラムで学びながら特定のコースでは卒業課題の提出だけでそのまま資格取得ができます。

二つの通信講座には需要のある資格以外にも様々な資格が揃っているので、他の資格が気になった人は公式サイトやそこで行える無料の資料請求をして、自分に合う資格を探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる