ヨガインストラクターに必要な資格や仕事内容は?

Pocket

若い女性を中心に人気が広がったヨガ。

ヨガは美容効果だけでなく、心と体を整える効果も期待できるため、年齢や男女を問わず人気が高まっています。

ヨガ人気とともに需要が高まるヨガインストラクターに必要な資格や仕事内容について解説します。

目次

ヨガインストラクターとはどんな仕事?

ヨガインストラクターとはどんな仕事?

美容やダイエット効果などの効果が期待できるヨガ。若い女性を中心に人気が広がっていました。

ヨガにはストレス解消や姿勢の改善、肩こりや腰痛の解消などの健康促進も期待できるため、老若男女問わず挑戦する人が近年急増しています。

ヨガスタジオだけでなく、フィットネスジムでも取り入れる施設が増え、ヨガを専門的に教えられるヨガインストラクターの需要も増加。

ヨガを指導するだけでなく、ヨガを通じて生徒の健康を促進し、ヨガの楽しさを伝えるヨガインストラクターが求められています。

ヨガインストラクターは、ヨガを正しく伝えるため身体の仕組みを理解し、ヨガの専門的な知識が必要。

ヨガのポーズ(アーサナ)や呼吸法、瞑想方法などを自ら実演し、生徒にレッスンします。

またヨガは自分の体や心をじっくり向き合う時間でもあります。日々忙しい毎日に疲れた体や心を癒すために、ヨガを通じて生徒とのコミュニケーションも大切な仕事です。

ヨガインストラクターになるにはどうすればいい?

ヨガインストラクターになるには、国家資格などは必要ありません

しかし、ヨガインストラクターには、ヨガの歴史や正しいポーズ、さらには体の仕組みなどの専門的な知識が求められます。

 生徒それぞれの体調に合わせたポーズを選び、レッスン指導をするため、幅広いヨガの知識も必要。

さらに生徒の前でヨガの正しいポージングも必要なため、自身の体を整え鍛えることも大切です。

ヨガは美容やダイエット、健康促進を期待して学ぶ生徒も多いので、ヨガインストラクター自身が美意識や健康意識を持ち、実際に生活にも取り入れています。

多くの専門知識やスキルが必要なヨガインストラクターになるためには、資格がある方が有利

無資格や知識がないと実際にヨガインストラクターとして就職することは難しいでしょう。

生徒の前に立つ場合も資格がないと説得力がありません。

ヨガインストラクターの資格は、ヨガの知識やスキルの証明にもなります。

ヨガインストラクターの仕事内容!活躍するのはこんな分野

活躍できる場所が増えています!

ヨガインストラクターは、ヨガを通じてヨガの正しい知識やポージング、ヨガの楽しさを伝える職業です。

ヨガは、体幹を鍛えるため猫背などの姿勢矯正や、基礎代謝を上げて太りにくい体作りにも役立ちます。

ゆったりとポーズを取りながら腹式呼吸を繰り返し、心身をリフレッシュ。たまったストレスや疲れを緩和する効果も!

ヨガは美容やダイエット目的だけでなく、健康促進やストレス緩和にも期待できるため男女問わず幅広い年齢層に人気。

ヨガインストラクターはさまざまな場所で活躍しています。

ヨガには健康ヨガだけでも「パワー・ヨガ」「ホット・ヨガ」「アヌサラ・ヨガ」などの種類があります。

自分がヨガをどのように教えたいかもヨガインストラクターとして働く場所を決めるポイントになります。

ヨガインストラクターがどのような分野で活躍しているのかを見てみましょう。

ヨガスクール・ヨガスタジオ

ヨガスクールやヨガスタジオでは、専門的にヨガを教えます。

それぞれのスクールやスタジオによってどのようなヨガを教えているかは異なりますが、多くのスクールで教えているのはアメリカ式ヨガです。

スクールやスタジオで教えているヨガの知識があることが必要。

スクールやスタジオの正社員、または時間講師として働きます。正社員の場合は、接客や事務などを対応することもあります。

時間講師として働く場合は、自分の担当する時間だけスクールへ行き、レッスンを受け持ちます。

フィットネスクラブ・スポーツジムのヨガプログラム

フィットネスクラブやスポーツジムでは、ヨガが古くから取り入れられていました。

2000年ごろ、ヨガブームが起こってからはさらに人気が高まり、ヨガインストラクターの需要も増加しています。

フィットネスクラブでは、スポーツインストラクターとしての仕事をする場合もあります。

地域のカルチャースクール

市町村の公民館などの公共施設や、市町村主催のカルチャースクールで行われるヨガ教室でもヨガのレッスンがあります。

カルチャースクールは、気軽に参加できるので利用者が多いことも特徴。

ヨガの知識がない初心者も多いので、やさしいヨガを中心にレッスンを組むことが多いです。

ほとんどがフリーランスの時間講師で、受け持ちのレッスンだけを担当します。

スポーツジムなどと掛け持ちでレッスンすることもよくあります。

産婦人科などのマタニティヨガクラス

マタニティーヨガでも活躍できます!

マタニティヨガは妊婦のために作られたヨガ。

ヨガの呼吸法やリラックス法を通して、出産に必要な呼吸法を学び、体力を付けてリラックスすることが目的です。

産婦人科や自治体のマタニティクラスなどでレッスンします。

妊婦を対象としているため、妊娠・出産に関する知識や体調に変化があった場合に対処できる専門的な知識も求められます。

ヨガの基礎的な知識に加え、妊婦にはタブーな動作体調に合わせたポーズの勉強も必要です。

独立開業しているヨガインストラクター

スペースをレンタルし、ヨガスクールを開校することも可能です。

また自宅の一角を活用してのヨガスクール、訪問してヨガの出張レッスンを行うことも。

ヨガスクールを経営する場合は、ヨガの知識だけでなく経営に関する知識も必要です。

その場所で多い年齢層、求められているヨガの内容などを考え、どのようなヨガスクールにするのか方針を決めます。

副業インストラクター

最近では、平日はOLやサラリーマン、主婦をしつつ、土日にヨガの活動をする副業インストラクターも増えています。

本業があるため、ヨガインストラクターとして収入が安定しない場合でも安心して続けられます。

趣味ではじめたヨガを活用して、副業として活かしたいという人は増えています。業務委託として、ヨガスタジオやスポーツジムと契約したり、アルバイトとして働く場合も。

オフィスや介護施設に出向き、出張サービスとしてヨガのレッスンを行うこともあります。

ヨガインストラクターに向いている人のはこんな人!

ヨガインストラクターに向いている人のはこんな人!

健康促進やメンタルヘルスの面からも注目されているヨガ。年齢問わず楽しめるため、さまざまな場所で活躍が期待できます。

ヨガインストラクターに向いているのは次のような人です。

  • ヨガが好き
  • 美意識や健康に対する意識が高い
  • 体を動かすことが好き
  • コミュニケーション能力がある

それぞれ簡単に解説していきますね。

ヨガが好き

ヨガが好きということはヨガインストラクターとして最も大切なことです。

ヨガの楽しさを伝えるためには、自分自身がヨガが楽しい!大好き!という気持ちがないと伝わりません。

ヨガが好きなら、ヨガに対する理解も深まります。ヨガを深く理解し、自分自身もレッスンを重ねヨガのスキルを向上する努力も必要です。

ヨガが好きなら、楽しくヨガを学び続けられますね!

美意識や健康に対する意識が高い

ヨガインストラクターは、自分自身のスタイルや美容、健康に対する意識も高いことも重要。

ヨガインストラクターは常に生徒に見られています。

ダイエットや美容、健康目的のためにヨガをしたいという人も多いため、インストラクターが太っている、不健康な見た目の場合、ヨガの説得力もなくなります。

食事や生活習慣に関して生徒に聞かれることもあるため、普段から健康的な食事や生活習慣を送るように心掛けている人はヨガインストラクターの資質あり!

体を動かすことが好き

ヨガインストラクターは、生徒にお手本を示すため生徒の前でヨガのポーズをします。

常に生徒とともにヨガをするため、レッスンの間はずっと体を動かします。1日に何レッスンもする場合は、ずっと動き続けることも。

体に負担のかからないやさしいヨガもあれば、パワーヨガのように体力の消耗がはげしいヨガもあります。

1日レッスンを続けても平気なパワーやタフさも必要ですね!

コミュニケーション能力がある

ヨガはリラックスや瞑想も目的としています。ヨガのレッスン中はリラックスできるようにゆったりとした話し方が求められます。

また生徒に正しくヨガを伝えるためにも、しっかりと話ができることも重要。

生徒とコミュニケーションを取りながら、その人に合ったレッスンができる能力がある人がおすすめです。

ヨガインストラクターの代表的な資格は?

ヨガインストラクターの代表的な資格は?

ヨガインストラクターには資格は必要ありませんが、就職する場合は資格があったほうが断然有利です。

昔からヨガインストラクターとして働いている人は無資格のこともありますが、ヨガインストラクターが増えてきている現在では、ヨガインストラクターの資格はほぼ必須

ここではヨガインストラクターの代表的な資格を紹介します。

全米ヨガアライアンス認定資格RYT200

世界で最もスタンダードなヨガ資格で、日本国内でも最も知名度があるヨガ資格です。資格を取得すると世界70か国で通用します。

資格を取得するためには、指定された認定校でヨガインストラクター養成コースを修了し、全米ヨガアライアンスに登録します。

世界で共通したスタンダード(アーサナ・呼吸・瞑想の実践75時間、指導技術50時間、解剖学30時間、ヨガの歴史や哲学30時間など)が設定されていますが、認定校によって学ぶ内容は異なります。

  • 全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)
  • 全米ヨガアライアンス認定500時間(RYT500)
  • 全米ヨガアライアンス認定200時間(ERYT200)
  • 全米ヨガアライアンス認定500時間(ERYT500)
  • 全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ(RPYT)
  • 全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ(RCYT)

以上6つのコースがあり、最も多くの人が取得するのがRYT200です。RYT200は200時間のプログラムを認定校で修了することが資格取得の条件です。

インド中央政府公認ヨガインストラクター

ヨガの発祥の地であるインド政府が公認するヨガの資格は難易度も高く、本格的なヨガを極めたい人が取得する資格です。

YIC(ヨーガ教師養成講座)YTIC(ヨーガ療法士養成講座 YIC修了者対象)を修了し、ヨーガ教師養成講座修了証(ディプロマ)を授与されると得られる資格です。

資格を取得するには、インド・カルナタカ州バンガロール市に本部があるスワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究所/ヨーガ大学院大学(sVYASA)のヨーガ教師養成講座のカリキュラムに準ずる講座を月1回で全10回受講することが必要。

講座は、インド国内だけでなく日本国内の主要都市でも行われます。

講座の内容は、伝統的ヨガの歴史や哲学、ヨガ療法とヨガの関係など。講座の修了者は、「ヨガ療法士養成講座」を受講できます。

NPO法人日本YOGA連盟

2001年に内閣府から認定された非営利活動法人で、地域社会の発展、健康社会の実現のため、ヨガを通じて社会貢献活動をしている団体です。

認定する資格は次の3種類。

  • ティーチャーインストラクター
  • インストラクター
  • 温泉ヨガ指導員一級・二級

インストラクターの資格を取得するためには、7日間のインストラクター養成講座を修了し、インストラクター認定試験に合格することが必要。

ティーチャーインストラクターの資格は、2年間で30回以上インストラクターとして派遣された実績や理事の推薦、寄付金の納入や宣言書の提出が必要です。

AJYAヨガインストラクター

AJYAヨガインストラクターは、一般社団法人全日本ヨガ協会が認定する資格です。

一般社団法人全日本ヨガ協会は、ヨガを通して人々の健康増進に貢献することを目的に日本全国にヨガを普及する活動をしています。

AJYAヨガインストラクターの資格は次の3種類です。

  • 1級 SENIOR シニア:認定スクール独立開業プログラムが可能
  • 2級 ADVANCE アドバンス:認定教室独立開業プログラムが可能
  • 3級 MASTER マスター:認定スクール及び教室でインストラクターとして指導が可能

AJYAライセンス1級または準1級を修了すると、アライアンス200時間(RYT200)の取得が可能になります。

認定校で指定された講座を受講し、認定校や認定スクールで受験する試験に合格すると資格を取得できます。

ヨガライフセラピスト

ヨガライフセラピストは、日本メディカル心理セラピー協会が認定する資格です。

ヨガライフセラピストとは、ヨガの専門知識だけでなく心を落ち着けるヨガを身に着けていて、セラピストとして悩みを抱える生徒を問題解決へ導くコンサルも可能。

ヨガの呼吸法により精神面のバランスを整えるハタヨガをベースとし、アシュタンヨガやパワーヨガによって体のバランスも整える知識を身に着けます。

受験資格は特になく、在宅でも受験可能です。偶数月に試験を行っており、受験できる回数が多いことも魅力。

通信講座で学ぶことも可能で、資格を取得すればヨガインストラクターとして活躍もできるため、主婦やOLからも人気の高い資格です。

ヨガインストラクターjp

日本インストラクター技術協会が認定する資格です。

ヨガインストラクターjpは、ヨガの歴史やヨガの効果などの知識があり、ヨガのポーズやヨガのポーズによる効果を理解している人が認定されます。

資格取得後はヨガ講師として活動できるため、ヨガに興味がある方やヨガ教室を開きたい方にも人気です。

資格の受験資格は特にないため、受験に対するハードルが低いことが魅力です。奇数月に試験が行われているため、受験のチャンスも多いことも特徴!

通信講座で学べるため、忙しい方でもスキマ時間で受験対策ができます。

どの資格がおすすめ?

どの資格がおすすめ?

ヨガインストラクターとして働くためには、資格はほぼ必須。しかし、最も知名度がある資格のRYT200などは通学が必要です。

  • 働きながらスキマ時間で勉強したい
  • 趣味のヨガで資格を取りたい

という方には、次の2つの資格がおすすめです。

  • ヨガライフセラピスト
  • ヨガインストラクターjp

ヨガライフセラピスト

様々なヨガの種類やチャクラ、瞑想など、基礎的な知識をしっかりと習得し、ヨガの実践を通してその効果を知り、人に伝えられるレベルに達した人に与えられる資格です。

ヨガインストラクターjp

ヨガの流派や、ヨガの効果などヨガの基礎知識から実践する上で注意すべきことなどを一通り熟知し、その人のコンディションに応じて最適なポーズの指導や適切なアドバイスが出来る人に与えられる資格です。

これらの資格は、通信講座で学べるため、忙しいOLや主婦の方にもおすすめです。受験資格もないため、資格取得のハードルが低いこともおすすめです。

資格取得後には、ヨガインストラクターとして働けるレベルを客観的に認定されることとなります。ヨガインストラクターとして、副業や独立への道も開けます。

この2つの資格を取得するためには、次の通信講座がおすすめです。

ヨガインストラクターjpW資格取得講座:諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjpW資格取得講座は、ヨガライフセラピスト資格とヨガインストラクターjp資格を、いくつかの課題と卒業課題を提出するだけで同時に取得できるコースを含む通信講座です。

諒設計アーキテクトラーニングの教材は資格協会にも認められた教材で、わかりやすい内容が評判です。

  • 趣味ではじめたヨガの知識を深めることができた!
  • 自分の健康のためにも役に立った!
  • インストラクターとして働けるようになった!

と満足の声も多く、資格の勉強を通じてますますヨガを好きになれると好評です。

また、忙しい中で勉強を続けられるか不安かもしれませんが、初心者でも1日30分の学習で約6ヶ月で無理なくヨガの知識を学べるため、心配はありません。

短期集中で資格取得を目指す場合は、最短2ヶ月の学習で資格取得も可能なので、自分のペースで学習できることもメリットですね。

諒設計アーキテクトラーニングのヨガインストラクターjpW資格取得講座には基本講座とスペシャル講座があります。

おすすめは、やっぱりスペシャル講座!スペシャル講座は試験免除で2つの資格を取得できることが魅力。確実に資格を取得したい方におすすめです。

通常講座とスペシャル講座の概要

通常講座スペシャル講座
資格試験各自申し込み免除
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)6ヶ月(最短2ヶ月)
添削5回5回+卒業課題1回
受講料59,800円79,800円

ヨガ資格取得講座:SARAスクール

SARAスクールのプラチナコースでは、講座を受講し課題を提出するだけで、卒業時にヨガライフセラピスト、ヨガインストラクターjpの資格を同時に取得できるコースを含みます。

初心者でもわかりやすい内容と短時間で取り組めるカリキュラムでスキマ時間でも取り組めるため、仕事や家事に忙しい方でも問題なく学べます。

自宅で無理なく学べるので、

  • 小さい子供がいるので通学できない
  • 仕事が忙しくて専門書を読む時間がない

という方にも安心!1日30分の勉強で約6ヶ月間で修了できます。

本当に通信講座で学べるのかなと不安もあるかもしれません。

しかしSARAスクールは、

  • テキストがわかりやすい
  • 添削が早く丁寧
  • 質問にもしっかり答えてくれた

と良い口コミも多く、フォロー体制が整っているので安心です!

SARAスクールには基本コースとプラチナコースがありますが、忙しい方にはとくにプラチナコースがおすすめ!

課題提出するだけで2つの資格を同時に取得可能です。急いでいる方は、最短2ヶ月で資格取得も可能。自分ペースで確実に資格を取得できます。

基本コースとプラチナコースの概要

基本コースプラチナコース
資格試験各自申し込み免除(課題提出のみ)
認定試験受験費用各資格10,000円(税込)免除
受講期間6ヶ月(最短3ヶ月)6ヶ月(最短2ヶ月)
添削5回5回+卒業課題1回
受講料59,800円79,800円
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる