マクロビオテックマイスターは今注目の資格です!必要な資格や仕事内容を解説

Pocket

健康志向の高まりの中、マクロビオテックマイスターは注目されています。

幅広い場面で活用ができるマクロビオテックの知識とはどんなものなのか、どんなメリットがあるか、お勧めの資格なども含めて解説をします。

目次

マクロビオテックマイスターとはどんなことをするの?

マクロビオテックマイスターを説明する前に、まずはマクロビオテックとはどんな意味があるのか、説明をします。

マクロビオテックとは、「MACRO(長い・大きい)」「BIO(生命)」「TIQUE(術・学)」という3つの言葉がつながって作られた言葉とされています。

つまり、長く大きく生命を全うする手段として用いられる考え方になります。

マクロビオテックは、櫻澤如一という日本人が立ち上げた考え方で、日本だけでなく世界中に広がっていった考え方です。

櫻澤如一自身はもともと病弱な体質でしたが、食養に力を入れて健康に慣れる術を自らで証明し、76歳で亡くなりました。

マクロビオテックにおいては、季節に応じて取れる自然の食べ物をすべていただく、という原則があります。

季節、近隣の場所で採れる食料はすべて取り入れるという根本的な考え方が根底に存在します。

マクロビオテックでは、白米よりも玄米を好み、肉や魚を極力使用せず近隣の地域で採れる野菜や海藻類、豆類などをメインにしておかずのメニューを構成することをコンセプトにしています。

また、砂糖の使用を極力抑えるのもマクロビオテックの基本です。余分な栄養素を摂取せず、自然食を重視した献立を組み立てるという原則にのっとった考え方が一貫しています。

マクロビオテックマイスターは、以上のようなマクロビオテックの考え方を推進し、献立作りに活かしたり、アドバイザーとして広く世間一般に普及していく立場の方を指しています。

マクロビオテックマイスターになるには

マクロビオテックマイスターになるには

マクロビオテックマイスターとして活躍するにはどうしたら良いのでしょうか。

マクロビオテックマイスターの関連の資格はいくつかありますが、必ず資格を保有しなければならないということはありません

関連資格の中に国家資格はなく、すべて民間の資格なので、無資格でもマクロビオテックマイスターとして活躍することは可能です。

しかし、資格がないと現実的には仕事として成り立たせることは難しいです。

資格を保有することで周囲からの信頼感につなげられ、資格を得る学習をする中で体系的かつ網羅的に効率よく知識を取得できます。

特に、マクロビオテックマイスターの知識を活かして料理教室や講師として活動する場合は、無資格では集客をするのも難しいですし、信頼感に違いが生まれます。

マクロビオテックマイスターの知識を活かして行う仕事は、健康に大きく影響を与えるので、責任の大きい仕事です。

適切な資格を取得して、総合的・体系的な知識を取り入れて仕事に活かしていくことをおすすめします。

マクロビオテックマイスターを活かせる職業とは?

マクロビオテックマイスターを活かせる職業とは?

マクロビオテックマイスターの知識を活かせる仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

マクロビオテックマイスターは、食に関する専門家ですので、やはり飲食関連の仕事に従事する機会が多くなります。

仕事に生かす以外にも、自分の家庭の献立作りや仲間同士の情報交換に用いるのもおすすめです。

マクロビオテックマイスターの知識を活かせる職業といえば、以下の4種類が代表例です。

  • 飲食業界全般
  • 料理教室
  • 介護分野・保育分野
  • 講師

飲食業界全般

マクロビオテックマイスターの知識は、飲食業界全般で活用できます。

レストランやカフェ、調理メーカーなどはもちろんのこと、学校の給食担当や病院における入院患者向けの調理担当としても活躍できます。

最近はマクロビオテックを第一に考えた専門のレストランやカフェも増えてきていますが、通常のメニューを提供しながら一部のメニューでマクロビオテックのコンセプトを取り入れている店舗も増えてきています。

飲食店舗を利用する顧客の側でも、マクロビオテックを普段の食生活に取り入れた健康志向の高い方が増えてくることも考えられます。

今後、ますますマクロビオテックマイスターの知識を活かせる場面は増えてくる可能性が高いでしょう。

飲食業界で活躍しようと考えている方は、マクロビオテックマイスターの知識を持っておいたほうが、活躍の場を広げられる可能性が高いので、おすすめです。

料理教室

マクロビオテックの知識は、料理教室の展開にも活用できます。

近年、男女問わず料理を趣味にする方が増えてきており、伴って料理教室の人気も高まってきています。

料理教室ごとにコンセプトや習える内容は異なりますが、近年は健康志向の方が増えてきている傾向があり、マクロビオテックへの関心も高まっています。

料理教室の経営、あるいは講師として従事することを考えると、何らかの資格を持っていたほうが有利です。

料理教室の受講生を増やしたいと考える際に、資格に有無は大きく影響します。

無資格の講師しかいない教室よりも、ちゃんとした資格を持っている講師がいる教室のほうが信頼感があるのは間違いありません

料理教室の経営や講師を目指すなら、マクロビオテックマイスターの関連資格を取得し、信頼性を高めて臨みましょう。

介護分野・保育分野

高齢者や障害者の介護施設、あるいは保育園などの乳幼児の保育施設などでも、マクロビオテックマイスターの能力は活用できます。

例えば、入居型の老人ホームでは、毎日入居者に食事を提供する必要があります。また、デイサービスのような一時的な介護サービスでも、昼食を用意するなど食事にかかわることも少なくありません。

保育園においても、幼児に対して用意する食事には、安全面及び栄養価の面で細心の注意を払う必要があります。

高齢者や乳幼児など特に健康・栄養面に配慮した食事を提供しないといけません。そこで役に立つのがマクロビオテックマイスターの知識です。

マクロビオテックの知識を活かし、余分な栄養を過剰摂取することなくバランスの良い献立を考案できるようになります。

また、健康維持に最大限配慮した、年齢や生活環境に適合した食事を準備できるようになります。

健康に配慮することが必須である介護分野・保育分野において、マクロビオテックマイスターの知識はぴったりの内容だといえるでしょう。

講師

マクロビオテックマイスターの知識は、各種セミナーで講師として講演する際に役立つことが多いです。

食に関する講演会を開き、自然食・健康食の魅力を紹介するようなケースでは、マクロビオテックの知識は必要不可欠です。

また、講演会のような形式だけでなく、参加者と一緒に自然食の献立を作るような食育イベントも増えてきています。

さらに、リモートで自然食の魅力を紹介するオンラインセミナーの形も近年は増加しており、今後も増えていくでしょう。

マクロビオテックマイスターの知識があれば、このような様々なセミナーやイベントに講師として活躍も可能です。

この場合でも、資格があったほうが受講者側の信頼感が大きく高まるので、資格取得をおすすめします。

マクロビオテックマイスターに向いているのはどんな人?

マクロビオテックマイスターに向いているのはどんな人?

マクロビオテックマイスターに向いているのは、どんな人でしょうか。

一般的な献立と比較すると、メインディッシュとなる肉料理や魚料理を抑える考え方ですので、様々なおいしい料理を追求するグルメの方には適していません。

健康を第一に考え、自然食を積極的に取り入れることに妥協しない方が向いています。

マクロビオテックマイスターに向いている人の性質の代表例を4つ紹介します。

  • 健康志向が高い人
  • 美容効果を高めたい人
  • 野菜好きの人
  • 高齢者及び高齢者の食事を用意している人

健康志向が高い人

健康に人一倍配慮するマクロビオテックマイスターになるには、健康志向が高いことが最低条件となります。

料理の献立を決める際に、味や見た目よりも先に、健康になれるのかどうか過剰なエネルギーの摂取になっていないかどうか、考えることを優先します。

穀物摂取にしても、通常の白米よりも玄米を優先したり、甘味を取り入れるにしても、砂糖ではなくメイプルシロップを選択するなど、できるだけ自然食を優先し健康に効果を発揮する食材を選択します。

料理においしさや華やかさを求める方には、マクロビオテックマイスターは向きません。自然の素材を積極的に活用した質素でバランスの良い食事を好む、健康志向の高い方にこそマクロビオテックマイスターは適任です。

美容効果を高めたい人

食事から美容効果を高めていきたいと考えている方にも、マクロビオテックマイスターは適しています。

適度なエネルギー摂取、自然食を中心にした健康食の採用などから、美容の面でも非常に有用な内容になっています。

そのため、若い女性や中年女性の間でマクロビオテックの考え方は高く評価されています。

自身の美容目的で、あるいはアンチエイジングを実現するため、マクロビオテックの理論を普段の食事に取り入れる方が増えてきています。

マクロビオテックの知識が美容目的で取り入れられる傾向は今後ますます高まっていくことが予想されます。

特に仕事に活かすつもりでなくとも、マクロビオテックの資格を取得して基礎から学びたいと考える方がどんどん増えてくるかもしれません。

野菜好きの人

野菜好きの方も、マクロビオテックマイスターに適しています。ベジタリアンの方にこそマクロビオテックの知識はぴったりです。

肉や魚などのたんぱく源を極力使わないので、まさにベジタリアンにぴったりです。

野菜と一言で言っても、様々な種類の食材があります。特に住んでいる近隣の食材を使い切って献立を組み立てるというコンセプトがあるので、近隣地域の名産品や意外な食材に詳しくなれるというメリットもあります。

野菜好きの方とマクロビオテックマイスターの知識は非常に相性が良いです。

高齢者及び高齢者の食事を用意している人

高齢者の方に適した食事とは、大きなエネルギー源は必要なく、バランスを重視した食事といえます。

マクロビオテックマイスターで得られる食に関する知識は、バランスを重視する高齢者にも相性が良いです。

高齢者本人がマクロビオテックの理論を導入するのもよいのですが、現実的にはその高齢者の食事の世話をする家族などが身に着けることをおすすめします。

世話をしている高齢者が長く健康で過ごすためには、食生活は非常に重要です。マクロビオテックの知識を取り入れて、効果的な献立を作りましょう。

マクロビオテックマイスターの代表的な資格

マクロビオテックマイスターの代表的な資格

マクロビオテックマイスターの関連資格はいくつかあります。

いずれも国家資格ではなく民間資格であり、関連の仕事において資格取得は必須ではありません。

しかし、講師など説得力あるいは信頼感が重要な立場となるために、資格取得はぜひ達成しておきましょう。

数あるマクロビオテックマイスターの関連資格のうち、特におすすめを3つ紹介します。

  • マクロビオテックマイスター資格認定試験
  • マクロビソムリエ
  • クシマクロビオテックス・コンシェルジュ

マクロビオテックマイスター資格認定試験

マクロビオテックマイスター資格認定試験は、日本安全食料料理協会が主催する民間の資格試験です。

定期的に実施されている学科試験で、在宅受験の形式です。受験資格は何もありませんので、1万円の受験費用を支払えば誰でも受験可能です。

マクロビオテックの語源や歴史、考え方が問われます。また、玄米や味噌などの食材ごとのメリットや効用の理解に加え、季節ごとに取り入れるべき食材についての知識についても問われます。

マクロビソムリエ

マクロビソムリエは、日本インストラクター技術協会が主催する民間の資格試験です。

在宅での受験形式の学科試験に合格することで資格を得られます。

マクロビソムリエの資格試験では、マクロビオテックに関する知識が広範に問われます。

マクロビオテックの理論、季節ごとのおすすめ食材、マクロビで通常使うべきではない食材、野菜を選ぶときの注意点、季節ごとの基本的なレシピなどが問われます。

実践的な内容を理解できるので、資格取得後はスムーズに実践の場面に活かせます。

クシマクロビオテックス・コンシェルジュ

クシマクロビオテックス・コンシェルジュは、マクロビオテックの理論を久司道夫氏の手によってブラッシュアップされた理論を学べる資格です。

受験資格はありませんが、一定のカリキュラムの講義を受講したあと資格試験に合格する必要があります。

マクロビオテックスの理論や語源、現代の欧米偏重の食事との比較、正しい食材の利用の仕方などを講義により学習します。

どの資格がおすすめか

どの資格がおすすめか

マクロビオテックマイスターとして活躍するのにおすすめの資格は何でしょうか。取得のしやすさや学習できる内容から判断して、以下の2つをおすすめします。

これら2つの資格を取得するためには、両方とも検定試験に合格するのが一般的な流れですが、他にもスムーズに資格を取得できるおすすめの講座があります。

  • 諒設計アーキテクトラーニング
  • SARAスクール

マクロビオティックマイスターW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングが提供する通信講座を利用すれば、2つのおすすめ資格が学習範囲となっており、同時に取得が可能です。

送付されてくる通信教材に沿って学習を進めることで、全くの初心者でも6ヶ月で資格取得のレベルにまで達します。

集中して学習すれば2ヶ月で卒業できる分量なので、急いで資格を取得したい方にもおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングでは2つの講座コースが用意されています。通常講座とスペシャル講座ですが、おすすめは後者のスペシャル講座です。

講座の種類

講座種類受講料特徴
通常講座59,800円(税込)
スペシャル講座79,800円(税込)卒業と同時に無試験で資格取得となる

受講費用は2万円高いですが、卒業と同時に試験を受けることなく資格の取得が可能です。受験料はそれぞれ1万円なので、トータルの負担額は同じなので、スペシャル講座のほうが確実に資格を取得できます。

マクロビオティック資格取得講座

SARAスクールでも、おすすめ資格の2つを同時に学習・取得できるおすすめ講座が用意されています。

初心者でも基礎から学べる通信教材を利用して、自宅で学習する形式になります。

通常6ヶ月、最短で2ヶ月でカリキュラムをこなすことが可能です。

SARAスクールでは、基本コースとプラチナコースの2種類の講座が用意されています。

講座の種類

講座種類受講料特徴
基本コース59,800円(税込)
プラチナコース79,800円(税込)卒業と同時に無試験で資格取得となる

おすすめは、後者のプラチナコースです。2万円の費用の違いはありますが、学習終了と同時に試験を受けずに資格取得となります。

受験料を考えると、費用負担はトータルで同じなので、自動的に資格を取得できるプラチナコースのほうが確実に資格を取得できます。

マクロビオテックスマイスターの資格で健康食を広めよう

マクロビオテックスマイスターの資格で健康食を広めよう

マクロビオテックマイスターの仕事は、可能な限り肉や魚を使用せず、自然な食材、身近にある食材を使用して、食から健康を目指すことをコンセプトにしています。

無資格でも活躍が可能ですが、現実的には資格を取得したほうが信頼感が高まるので、資格を取っておきたいところです。

おすすめの資格は、以下の2つです。

  • マクロビオテックマイスター資格認定試験
  • マクロビソムリエ

資格を取得した後は知識を積極的に活かし、健康志向の食事を広めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

目次
閉じる